FC2ブログ

トサミズキ

2011.03.21(14:09)

トサミズキと馬の像110320

 トサミズキの自生地は高知県の蛇紋岩地帯だそうだが、江戸時代から知られていたそうだ(『花おりおり』朝日新聞社)。
 五枚の花弁からなる花が、穂のように垂れ下がるのがおもしろい。変わったかたちの花だがマンサク科だそうだ。ミズキの名は葉が似ているからかも知れない。
 根岸森林公園内「馬の博物館」でもっとも大きな木でも高さ3.5m くらいだろうか。毎年サクラの開花と前後するように咲く。
 垂れ下がる花のかたちがおもしろいが、その花序が、連なるように枝だから下がっている様子がなかなかよい。その姿をすなおに楽しめばよいのだが、ついつい花の中も覗いてみたくなる。3月17日と20日の撮影時ではまだシベは短いが、次第に長くなって、花からはみ出して見えるようになってくるはずだ。


馬の像とトサミズキ中景110320


トサミズキ中景110320


トサミズキアップ110320


トサミズキアップ下から110320

 -------------------------

 震災で一度延期した亡父の一周忌の法事は、本日無事終了した。

2011年03月21日

  1. トサミズキ(03/21)