FC2ブログ

葉山御用邸 ~ 長者ケ崎

2011.02.10(19:11)

御用邸の堀110204

2月6日日曜日、神奈川県立美術館 葉山別館へ、「彫刻家エル・アナツイのアフリカ」という展示を見に行きました。久しぶりに満足のいく美術展でした。
神奈川県立美術館 葉山別館は、三浦半島の逗子駅から、海岸通りをバスで15~20分ほど走った辺りにあります。
美術展を楽しんだあとは、さらに5分ほど海岸通りを先へと歩きました。葉山の御用邸の前を通りました。


御用邸の鳶110204

ぴーひょろろろ…、という鳴き声に上を見上げると、御用邸から道路側へ張り出した枝の上のほうにトビの姿が見えました。


長者が崎の陽110206

さらに5分ほど歩いて、「葉山公園」の表示が見えてから右へ曲がって歩くと、すぐに海岸へ出ます。
左前方のほうに「長者ケ崎」があります。
三浦半島の八景の中に長者ケ崎の夕照が入っているそうです。午後3時前、夕陽というには少し早いでしょうか。


長者が崎の断崖110206

浜辺を南のほうへ歩いて「長者ケ崎」の断崖にぶつかると、落石危険と立ち入り禁止の札がありますが、潮が引いていると、この奥の浜辺に渡ることができるそうです。


長者が崎110206

断崖の上です。上からも岬の奥へ入っていくことはできません。


 ----------------------------

美術展へ出かけたついでの散策です。
ブログで拝見していた「地理と佐渡の部屋」の写真をイメージしながら、慣れない真似事をしました。位置的に完全な逆光で、ああ、こういう苦労があるんだなあ、とか…(笑)
この日はとても暖かい日で、美術展は満足でしたし、付近の海岸をゆっくりと散策できました。

アフリカ現代美術に関心のある方は、下記をクリックされると「ディックの本棚」の感想が出てきます。

「彫刻家エル・アナツィのアフリカ」

2011年02月10日

  1. 葉山御用邸 ~ 長者ケ崎(02/10)