FC2ブログ

電源開発(J-Power) 磯子火力発電所の見学記

2011.02.19(18:00)

 磯子火力発電所は石炭を燃料として使用する火力発電所としては、世界最高レベルの効率と世界最低レベルの煤煙排出濃度を達成している、最新鋭の火力発電所です。
 日本の電力はその約70%を火力発電に頼っていますが、石油危機の後は、燃料を石油から石炭へと切り替えてきて、CO2や硫黄酸化物、窒素酸化物の排出を抑える技術を開発してきました。
 昭和40年代に運転開始した磯子発電所は、その最新鋭の技術を採り入れ、新1号炉は平成14年、新2号炉は平成21年から営業運転を開始しているそうです。
 横浜のような大都会の、しかも住宅地に近いところにありながら、市と協定を締結して環境保護に努め、天然ガスを使用する火力発電所と同レベルの環境保全対策が確立されています。


発電所全体模型

 磯子火力発電所の全体模型です。
 狭い敷地の中で、60万kw ×2機=120万kwの発電力を持つ施設が稼働しています。
 右側の「海上デッキ」に石炭輸送船が横付けし、石炭はベルトコンベヤーで「石炭サイロ」に運ばれ、微細炭になるまで細かく砕かれてから、ボイラーで燃やされ、加熱された水蒸気がタービンを回転させ、その回転力で発電機が発電を行う仕組みです。排煙は「乾式排煙脱硫装置」などによってクリーン化され、煙突から出ている煙は肉眼では見えないようになっています。
 

新1号炉棟外部

 磯子発電所のボイラーはタワー型という最新鋭のもので、狭い敷地に高さ100m のボイラー棟が建っています。2号棟は、技術革新により1号棟より少し低くなりました。
 ボイラー棟の手前のビルの内部には、タービンと発電機が据え付けられています。


石炭輸送船

 写真は高さ100m の1号ボイラー棟の屋上から、石炭輸送船を見下ろしています。
 石炭は東京湾にあるセンターから輸送船によって運ばれてきます。
 輸送船には可動式のベルトコンベヤーが付属し、海上デッキに設置されたベルトコンベヤーと接続すると、石炭はそのまま石炭サイロまでベルトコンベアーで輸送されるので、この火力発電所では石炭そのものを眼にすることはできません。石炭は一切見えない、フルオートの火力発電所となっています。


タービンと発電機

 タービンと発電機については詳しい説明がありました。蒸気がひとつのタービンを回転させてそれで終わり、というようなものではなく、効率を上げるために、複雑な構造となっています。ここでは長くなるので省略します。
 黄色い部分が発電機、その他の部分がタービンです。タービンの内部では、ボイラーで過熱された高熱の水蒸気が翼を回転させています。


2号炉のタービンと発電機

 タービンと発電機は2セットあります。上の写真は2号ボイラーの蒸気を使うタービンと発電機です。


乾式排煙脱硫装置と煙突

 配管がごちゃごちゃとした感じの施設は、乾式排煙脱硫装置です。これらの排煙浄化装置等については、かなり専門的なことまで勉強してきましたが、ここでは長くなるので省略します。
 また、煙突の形状は、三渓園から見えにくいよう、丸い煙突を押しつぶしたような形状に設計されています。
 三渓園側からは細くて目立ちませんが、わが家の近くの丘からはとても太く見えます。


発電所運転室

 運転室は、現在天井の強度を補強する工事中のため、作業のための柱が見えています。見えている写真の約3倍、横に長い部屋です。
 この柱がなければ、各種のディスプレイが並んだNASAの管制室の小型版のような雰囲気です。
 すべてコンビュータ制御でフルオート稼働しているため、この部屋の方々の仕事はほとんど「監視」業務だけなのだそうです。排煙内の各種環境汚染物質の濃度を表示するパネルがあって、オンラインで繋がっている横浜市でも、その濃度を確認できるようになっているそうです。

 ------------------------

 「土のうた」の nakamuraさんを真似して、文字入れ、フォント色変え 等、自在にできるようになりました(笑)

雪の朝

2011.02.18(19:00)

鴨と雪110215

足跡がおもしろいなあ、と思いました。


雪と沈丁花110215

わが家の花壇のジンチョウゲです。


雪の翌朝のクロマツ110215

根岸森林公園のクロマツです。崖側の大きい木の手前で、小さい木を育てているようです。


ダ・ヴィンチ・ミュージアム(おまけ)

ダ・ヴィンチ展110216

2月20日まで日比谷公園で開催されています。あと2日間です。
絵はすべてレプリカです。
ダ・ヴィンチのたくさんのアイデア・メモを解読し、実際に製作してみた数々の工芸品が展示されてまして、それはなかなか興味深いです。
下記のリンクをクリックすると「ディックの本棚」の感想へジャンプします。(2月16日に行ってきました)

クリックしてください → 「特別展ダ・ヴィンチ ~モナリザ25の秘密」

-------------------------------

明日は、できれば「電源開発(株)磯子火力発電所見学記」を掲載したいですが、間に合うかどうか…。

雪の朝の梅園

2011.02.17(16:32)

雪と紅梅110215


雪のベンチと紅梅110215


雪と紅梅のアップ110215

失敗しました。手前の雪をたくさん画面に入れすぎました。
でも、トリミングしてしまうと左上の枝のおもしろさもなくなってしまうので、仕方なくそのままにしました。


雪の朝の梅園110215


雪の梅園の丘110215

最後の写真は思っていたよりいい感じに撮れました。思い切って絞ったのがよかったようです。
結局、自分で満足のいくレベルはこの最後の写真だけですかね。
白梅、紅梅、中間色の梅が見えて、奥行きある梅林の雰囲気を表現できた雪景色。1枚でもこうした写真が残れば、まあよし、といたしましょう。


ホワイトバランスについて

 昨日話題にしましたら、いろいろとコメントがありましたので、少し追加いたします。
 「全体をこういう色のトーンで撮りたい」と思っているのに「そのように撮れない」理由の大半は、ホワイトバランスが不適切だから、ということがほとんどだ、と思います。
 これを直したい、たとえば「空の青を強くしたい」からといって、「青の彩度」をどんどん上げてもなかなか青くはなりません。色温度の数値を低くすれば、空は比較的簡単に青くなります。ホワイトバランスの「晴天」は色温度4900度くらいのことが多く、青みが強く出ます。曇っている日に「オート」にしておくと、5600~6500度とか、そういう数値になってしまい、黄色ないし赤味がかかった色になります。

 そのほかには、「補色」は何か、ということを知っておく必要があります。「青を強くするには黄色を弱めればよい」のです。「青と黄」とか「赤と緑」とか、絵の具なら混ぜると黒、光なら混ぜると透明(白)になる色関係にある「反対色」を「補色」といいます。
 ぼくは確か高校の美術の時間の最初のほうで「補色」について習いましたが、絵の具とパソコン画面は上に書いたように混ぜた結果が反対なので迷うことが多いです。わからなくなったら、「色」と「円環」で wikipedia を調べて、色の「円環図」を見つけ、目当ての色の反対側にある色が「補色」です。
 何かの色を強く出すには、「補色」を減じるのが近道です。どちらか一方の彩度をどんどん強くしても効果は薄く、いじくればいじくるほど「変な写真」になってしまいます。

 RAWで撮って自分で現像する場合、後からでもホワイトバランスを変えることができます。RAW現像の最大の強みです。一度 JPEG にしてしまうと、ホワイトバランスは変えられません。

 --------------------------------

 そろそろ確定申告の準備を! と始めました。給与、年金、保険等の一時金、退職所得のほか、控除関係では医療費、自分で払った社会保険料等、寄付金までありまして、昨年の申告はかなり面倒です。昨晩、現物データ(エビデンス) が揃っていることだけは確認できました。

雪の朝のラクウショウ

2011.02.16(16:08)

雪の朝のラクウショウ横110215

昨日は朝7時半頃家を出て行きましたが、少し遅かったようです。
雪はどんどん溶け始めていました。
ラクウショウ (落羽松) の写真は、ホワイト・バランスをオートにせず、「晴天」のままにして撮っています。
そのほうがブルー系がよく出て雪景色らしい感じがする上、ラクウショウの赤褐色とのコントラストがよく出ます。
最近はホワイトバランスを「晴天」のままにしていることが多いのですが、曇天の場合でも「赤かぶり」になりにくく、味のある写真が撮れるような気がします。


雪の朝のラクウショウ縦110215

このあと、梅園で雪景色を撮りましたが、ひとつの記事としては数が多くなりますので、明晩に回します。
前の記事に「雪の中のヤブツバキ」がありますから、併せてごらんになってください。
あ、池にラクウショウが映り込んでいる!
狙ったわけでもなく偶然ですが、我ながらついてますねぇ。

 ----------------------------

昨日は電源開発(株)の磯子火力発電所の見学、本日は日比谷の「ダ・ヴィンチ展」へ出掛けるなど、外出が続いていて、なかなか落ち着いて写真の整理ができません。

雪の朝のヤブツバキ

2011.02.15(22:47)

雪の朝のヤブツバキ

本日は電源開発 磯子発電所の見学をしてきました。
朝は久しぶりに雪の朝の写真を撮りました。
疲れました。
磯子発電所の見学記等はゆっくりまとめてからといたします。
とりあえず、ヤブツバキの写真をどうぞ。

金沢文庫と称名寺

2011.02.14(19:00)

神奈川県立金沢文庫入り口 称名寺と隧道(中世のトンネル)で連結しています。

金沢文庫運慶展入り口110210

 北条実時が開基した真言律宗の寺「称名寺」については、2010年5月に記事にしていますが、称名寺隣接の神奈川県立金沢文庫で「運慶展」が開催されているため、2月10日にこれを観にいきました。
 2010年5月のときは、称名寺裏の金沢山に登り損ねていたので、この日は逆に、さきに金沢山へ登ってみました。
 頂上には「八角堂」という昭和10年に大橋新太郎という方が建立した堂があります。現在では、お堂に据えられていた観音様は破損したため称名寺に移されているそうです。お堂もかなり荒れています。
 ここからの眺めはたいへんよくて、称名寺の庭園を見下ろせるほか、野島公園、八景島などがよく見えます。
 称名寺の裏へ直接に下る道が見つからず、尾根伝いに歩いてかなり遠回りをしましたが、北条実時ほか金沢北条氏一門の廟所を見つけました。
 冬季につき、有名な浄土式庭園はいまひとつなので、2010年5月の写真を1枚加えておきます。
 「運慶展」については、近日中に「ディックの本棚」にて紹介いたします。


【金沢山頂の八角堂】 (荒れています)

金沢山山頂の八角堂110210


【金沢山山頂から見下ろした称名寺】

金沢山山頂から見た称名寺110210


【金沢山山頂から見た野島公園】

金沢山から見た熨斗瀬間公園110210

 島のこんもりした山全体が公園です。


【金沢山山頂から見た八景島シーパラダイス】

八景島シーパラダイス110210

 三角形の建物が水族館です。

【金沢北条氏一門の廟所】

金沢北条一門の廟所20110210

 一番大きなものが、金沢文庫を創設した北条実時の墓のようです。


【称名寺の浄土式庭園】

称名寺の庭園110210

 最近読んだ 「日本庭園の見方」という本にも紹介されていました。本の題名をクリックすると感想とリンクされています。


新緑の頃の称名寺庭園 (参考)

20105月の称名寺庭園

 2010年5月、新緑の頃の称名寺庭園です。

バレンタインデーのチョコハウス

2011.02.14(12:34)

バレンタインチョコハウス左上110213

長男と彼女とで、三時間掛けて作ったそうです。
昨晩、家族みんなで解体しました(笑)

バレンタインチョコハウス右上110123

2011年02月

  1. 電源開発(J-Power) 磯子火力発電所の見学記(02/19)
  2. 雪の朝(02/18)
  3. 雪の朝の梅園(02/17)
  4. 雪の朝のラクウショウ(02/16)
  5. 雪の朝のヤブツバキ(02/15)
  6. 金沢文庫と称名寺(02/14)
  7. バレンタインデーのチョコハウス(02/14)
前のページ 次のページ