FC2ブログ

イチョウの林とサザンカ

2010.11.29(18:56)

サザンカとイチョウの林101128

サザンカが咲いたので、付近のイチョウがよい色になり、そこへ朝の陽射しが射し込んでくる晴天の日を待ち構えておりました。
気候もよく、樹木の多い根岸森林公園としては一年の中でもっともよい時季になりました。
この写真は、「奥行き感」があり、「場の雰囲気」を一枚に取り込むことができていて、ぼくが理想とする写真に近づいています。撮影者としては満足しております。

 ---------------------------

生命保険を遺族に年金として支払う、という商品がありまして、その税法上の取り扱いについて、問い合わせるたびごとに回答が変わり、難渋しております。
横浜中税務署員の回答をシミュレーションすると、その後の所得税のことを勘案しても、年金で受領したほうが遙かに有利のようです。
これは少し話がうますぎると思い、生保会社へ問い合わせると、前回と返事が変わってきています。
詳細は省きますが、すべて一時金として取得した場合とほとんど変わらない。「それはどこへ問い合わせした結果ですか?」と問うと「国税庁です」との回答があり、本庁がそう言っているならそちらのほうが確かだろう、というところです。
要は選択権があっていろいろな受給方法を選択できるので、税のかかり方によって選択する方法を決めようとしているのに、回答がころころと変わって申告期限が近づいてきている。困ったことです。
「あ、ごめんなさい、間違ってました、こちらが正しいんです」と後から言われても、納税するほうは取り返しが付きません。
ぼくは疑り深いので、こういう場合はどうか? と保険会社へ別角度からの質問をして、その回答待ちになっております。官庁や大会社を相手に交渉するときは、どういう経緯でどのレベルから回答があったのかまで、疑ってかからないと危険です。

2010年11月29日

  1. イチョウの林とサザンカ(11/29)