FC2ブログ

根岸森林公園の紅葉とサザンカ

2010.11.20(17:03)

池の傍らの木の紅葉101119

紅葉が遅い根岸森林公園ですが、池の近くではこのような感じでした(11月19日)。
イチョウはまだ少し黄色くなりかけたところで、見頃は一週間先でしょう。
ところで、これが何の樹か、ぼくはいまだにわかっていないのですが…。


根岸森林公園のサザンカ101119

サザンカは開花が進んでいます。


梅を伐るバカ

大輪緑萼など、立派な花を咲かせる梅の木が、ばっさばっさと伐られています。
犯人は根岸森林公園の公園管理事務所です。
梅林の丘の横の上にツバキがあって、これにヒノキバヤドリギが発生していることは、当ブログでも2006年の10月以降、何回も報告してきました。
管理事務所としては「ヤドリギの害が拡大するのを阻止するため」という理由で、ツバキのほか、近くの梅の木まで伐っているのです。
4年前にすぐに対応していれば、このような大量の伐採は必要なかったはずなのです。日曜カメラマンのぼくが知っているのだから、公園管理事務所は当時から気がついていて当然でしょう。
それなのに、今ごろになってすぱらしい花をたくさん咲かせる梅の木を大量に伐採するなど、ヤドリギ対策を放置していた公園管理事務所の責任です。

クリックしてください → 「ヒノキバヤドリギの害を指摘した2006年10月の記事」

毎冬、美しい梅の花を紹介してきましたが、上のような事情で、ぼくはすっかりやる気をなくしました。
崖の上のツバキの近くは、とくに立派な花を咲かせる梅の木が多かったのに…。残念です。

今日の皇帝ダリア

2010.11.19(14:47)

今日の皇帝ダリア横101119

今日の午前の皇帝ダリアです。
陽が射してきて、輝くような美しさです。

今日の皇帝ダリア縦101119


 -----------------------------------------

パソコンを新型のものへ引き継ぎました。
画像処理が非常に早く、液晶も精細で、写真の編集がスピードアップしました。快適です。
Windows 関係の設定は未処理ですが、とりあえず MACとしては使えるようになりました。

庭のバラ

2010.11.17(20:39)

庭のバラ横101111

今年はずいぶん遅くまで、バラが咲いているような気がします。
庭なのに、望遠レンズと三脚を使って撮ろう、としたのは、皇帝ダリアを撮ったのと同じ11月11日だからなのですが、背景が大きくぼけて、味のある画面になるようです。

庭のバラ縦101111


ミズナラの葉(おまけ)

落ちていたミズナラの葉101103

上は根岸森林公園に落ちていたミズナラの葉を撮ったものです。
ミズナラは山地か、少し北のほうへ行かないとなかなか見られないようですが、根岸森林公園では強引に植えられたのでしょうか。コナラと比較すると弱いのか、台風があると倒れたりして、どんどん数が減っています。

 -------------------------------

ここ数日、かみさんのパソコンの設定などを見直しております。かなり時間をとられて、ブログの更新が間遠になっています。

スポーツ・クラブでウォーキング・マシンを使っていますが、入会後2ヶ月たって、ウォーキングの中に多少の(わずか2、3分ですが…)ランニングを入れることもできるようになってきました。速めに歩くのと、走るのとでは、やはり負担がかなり違いますね。
3月頃は、交差点で信号が赤になりそうだからと、走って渡ろうとすると、頸椎の神経が刺激されて腕が強く痛み、たとえ10メートルでも走るのはつらかったのです。夏になって頸椎が治ってきても、今度は体力低下が著しくてダメ。最近になって、ようやくある程度回復してきた、という実感があります。

これが皇帝ダリアだ!

2010.11.14(19:00)

皇帝ダリア101114

前回の「咲いたぞ! 皇帝ダリア」はたくさんのコメントをいただきました。
しかし、「たいへんだった」と書いた割にはそれが伝わらない写真だったか、と思いまして、本日はもう少しわかりやすい写真を心掛けました。
下のように広角レンズで撮りますと、背景もあまりボケず、美しく引き立つわけではありませんけれど、実態のわかりやすい写真が撮れます。


これが皇帝ダリアだ101114

右下に別の株の先端が写っています。小さく見えますが、それはワイド・レンズのトリックで、ベランダの足元まで伸びています。別の株が写真の左側にも伸びています。全部で5本のうち、日本は地面に横倒しになり、それから曲がって伸び上がっているので、伐るわけにもいかず、放ってあります。

紐の位置が低いように感じられるかも知れませんが、紐が掛かっている位置へは、下からは手が届きません。
上から紐のリールを投げて、茎に絡めてから、反対側から投げ上げ、樋、ベランダの柱などへ引っ張って、バランスをとる、ということをやっています。一方向からでは倒れます。基本的に三方向から引き合うかたちにしています。
もう少しレンズを下のほうへ下げると、張りめぐらされた紐が見えてしまいますが、そこまでやっては興醒めというものですから…(笑)

 -----------------------------------

昨日は久しぶりのウォーキングの会でした。
よく歩きました! (笑)
西部多摩川線多磨駅を中心にして、武蔵野の森公園、近藤勇の墓、生家、野川公園、武蔵野公園、多磨霊園、浅間山公園を巡ってから、また多磨駅へ帰るまで、午後1時から4時過ぎまでかかりました。
これほど歩いたのは久しぶりですが、例の座骨神経痛が軽減してきているので、行き帰りの電車もさほどきつくは感じられず、秋の紅葉を楽しんできました。

カツラの黄葉

2010.11.12(19:19)

カツラの木遠景101103

根岸森林公園のカツラの黄葉です。
少しずつ近づいていくのですが、木の下へ入ると逆光になりますし、なんかずいぶんと難しいことに挑戦してしまった、という感じがしています。
上の遠景とすぐ下の写真にしても、「細かいところの解像度を保ちつつ、黄色の輝きを表現したい」というのは、すごく欲張りだったような気がします。


紅葉したカツラの木101103


カツラの紅葉101103


カツラの枝101103

まあるい葉の形がわかるように、でも流れるような枝振りも表現したいと、欲張ったうえに、逆光ですから、つらいものがあります。

 ------------------------------

明日は久しぶりにウォーキングの会に参加いたします。
ブログはお休みといたします。
庭のバラとか、根岸森林公園の八重のサザンカとか、まだまだ記事にしたい写真がたくさんあります。

咲いたぞ、皇帝ダリア!

2010.11.11(10:42)

咲いたぞ皇帝ダリア1101111

皇帝ダリアの茎というのは、竹のように節があります。上下に節を残して伐って植えますと、根が出て、新しい茎が伸びて育ちます。
ここまでは比較的簡単です。
問題は、根がさほど深くないのに、屋根を越え、2階のベランダを越えて伸びます。
これを倒さないように、たいへんな努力を重ねなければなりません。
いつもかみさん任せのままのぼくが、この皇帝ダリアを無事に咲かせるまでにどれだけ苦労したか、それはもう、簡単には語れないほどなのでした(笑)


咲いたぞ皇帝ダリア2101111

今年は異常気象のために花がかなり残っていますが、例年ですと、11月中旬頃になると花といえばヤツデか、サザンカくらいのもので、明るい色の皇帝ダリアは貴重です。

見えている屋根は2階の屋根です。咲き始めの花はまださほど大きくなく、望遠レンズが必要です。
昨年の例ですと、このあとさらに背丈は伸び、残りのつぼみはさらに大きくなって、もっと大きな花が咲き始めます。

 -------------------------

秋にはゆったりできるかと思っていましたが、銀行、区役所、税務署を巡りつつ、電話交渉等もあって、かなり忙しい毎日です。
わが家と隣地の駐車場との境界は、テイカカズラの生け垣になっていました。夏のあいだ剪定などずいぶん苦労しました。
そこでついにテイカカズラの生け垣を取り払い、フェンスを設置することにしました。本日は工事をやってもらっています。
というわけでぼくは家にいて、そういうときに皇帝ダリアを撮っておこう、というわけでした。

茶の花とつぼみ

2010.11.09(22:53)

茶の花101018

茶の花は下向きで遠慮がち…。(10月18日)
でも、11月に入ってから撮った下の写真は、つぼみでしょうか。
なんか、色合いがとてもよくて、つぼみのほうがきれいなのではないか、と。


茶の花のつぼみ101103

 --------------------------

11月に入ってから、座骨付近の痛みが急速に軽減しています。食事のために座っているわずか20分でもつらかったのに、パソコンの前でこうしてタイプしていても、さほどひどくは傷みません。

今年の2月~3月頃は、頸骨のヘルニアが原因で左腕と左手が痛み、それがひっきりなしに続くので、「これが一生続くのか」と思うと自殺を考える人の気持ちも理解できるなあ、と思ったほどでした。それが4月中にどんどん楽になって、手術も取りやめにしたのです。今回、腰椎の軟骨の飛び出しが原因となっている座骨神経痛も、同じように軽減していってくれればいいなあ、と思います。
10月中旬、自分の病院通いで半日過ごした後、長男の手術後の見舞いがあって、あの日は一日中をほとんど立って過ごしました。座っていられないというのは、頸椎のときほどではないにしても、やはりかなりつらいのです。
あれからも2週間は変わらなかったのに、11月に入ってからはかなり楽になってきました。
短期間のあいだに、出っ張っていた骨が簡単に引っ込むとは思えません。神経が迂回路を捜して身体を楽にするのでしょうか。人間の身体はミステリのようです。
9月中旬から始めたスポーツ・クラブ通いは続けています。ストレッチなどは次第に強めにしています。腰を前傾させること以外、なんでもやっています。それは結局、正解だったのか…。

2010年11月

  1. 根岸森林公園の紅葉とサザンカ(11/20)
  2. 今日の皇帝ダリア(11/19)
  3. 庭のバラ(11/17)
  4. これが皇帝ダリアだ!(11/14)
  5. カツラの黄葉(11/12)
  6. 咲いたぞ、皇帝ダリア!(11/11)
  7. 茶の花とつぼみ(11/09)
前のページ 次のページ