FC2ブログ

庭の夏バラ

2010.09.05(20:19)

夏バラ100904

 たとえば「今日はこのレンズと三脚しか使わない」と、自ら「縛り」を入れて写真を撮る、ということを、ぼくはたまにやってみます。
 70~200mm の望遠レンズは重いし、大きいし、近くの花は撮影できないという問題点があるので、あまり持ち出さないのですが、前回の「ミソハギと亀の浮島」といい、この「庭の夏バラ」といい、解像度が高くて、予想していたよりずっとよく写るので、自分の機材にびっくりしています。

 ---------------------------------

 ブログは思いがけない効用がありますね。
 前の前の職場の方に、グループ会社退職の挨拶状を送ったら、ぼくの「ディックの本棚」のクラシックのレビューをご覧になったからでしょうか、なんと携帯電話からメールで連絡がありました。
 「癒しのお薦め」として「バッハのピアノ協奏曲第5番とゴールドベルク変奏曲をグレン・グールドの演奏で」ということです。
 Tさんとは不動産の絡んだ仕事の話ばかりしていた記憶しかなく、とても嬉しく思いました。
 

浮島のミソハギとカメ

2010.09.04(20:50)

ミソハギとカメ100904

 根岸森林公園の池の浮島の様子を望遠レンズで狙ってみました。
 案外とよく撮れて、視力のよくないぼくには、細かいところは写真のほうが肉眼よりもよく見えます。ミソハギはときどき風に揺れ、亀たちは甲羅干し。
 目新しい花もとくになく、少し遠征したいところですが、この暑さでは決心がつきません。

 -------------------------------

 読書量が多くなり、美術展にもよく出かけていき、最近はクラシックのピアノ曲の感想も始めたので、「ディックの本棚」の原稿が追い着かなくなっています。
 ぼくはあまりていねいにメインテナンスしていませんが、2005年5月以降の閲覧数は14万件を超えました。みなさんの読書の参考になっていればよいのですが…。
 頸骨神経症による左腕・左手の痛み・痺れは、かなり改善して、楽になりました。一時は痛みに耐えかねて手術を覚悟したことを思うと、劇的な改善と言えるかも知れません。
 右の臀部の痛みと、右足の痺れだけが執拗に残っています。これさえ軽減すれば、かなり気分のよい毎日を過ごすことができるだろう、と思うのですが、なかなかうまくはいきませんね。

ノウゼンカズラの復活 ~ 長友選手セリエAで活躍の話題など

2010.09.02(15:16)

8月下旬のノウゼンカズラ100830

 ここ数年の観察では、ノウゼンガズラは梅雨明け頃に勢いを増し、暑くなってくると一休みして、8月下旬頃からもういちど勢いを取り戻すようです。こちらの写真でもまだつぼみがたくさん見えます。
 林の中で撮影したセンニンソウとは、まったく雰囲気が変わってしまいますね。

 -----------------------

 昨日(9月1日)は元の職場へ年金の相談に行き、帰りに東京駅丸の内北口の「三菱1号館美術館」を見てきました。もちろん、展示を見にいったわけですけれど、丸の内の高層ビルに囲まれた一画に、明治時代の3階建の洋風建築の建物を復活させ、そこへ関連企業、関連財団から集めた美術工芸品や古書等を展示する、この資金力と執念に圧倒されました。美術館の建物そのものを見てまわるだけで価値があります。
 岩崎彌太郎の力があってこそ、古美術品の散逸が防がれ、そして彼が「こののような美術館を建てたい」と計画してから百年を過ぎて、ようやく彼の夢が実現した。だから11月3日まで続けられるこの展示は「三菱が夢見た美術館」としたそうです。
 たまたま、朝日新聞9月1日夕刊の「美の履歴書」には、山本芳翠の「牽牛星」が紹介されていますが、この作品は今回の展示の目玉のひとつとなっています。

 ------------------------

 世界各国でサッカーリーグが開幕しています。プレミアリーグ(英国)、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)、セリエA(イタリア)を楽しんでおります。
 日本代表の長友選手のおかげで WOWOW ではセリエAの放送が復活しました。対ローマ戦では積極的に攻撃参加、守備にも活躍し、フル出場でした。日本選手が画面にこれだけの頻度で登場する海外サッカーのゲームは初めてです。中田選手も、中村選手も、1試合の中でこれほど頻繁に画面に出てきて注目されることはありませんでした。
 この活躍を見ると、レギュラー定着、毎回出場は間違いないでしょう。

2010年09月

  1. 庭の夏バラ(09/05)
  2. 浮島のミソハギとカメ(09/04)
  3. ノウゼンカズラの復活 ~ 長友選手セリエAで活躍の話題など(09/02)
前のページ