センニンソウ

2010.08.31(11:46)

センニンソウ近接100830

 毎朝根岸森林公園へウォーキングへ出かけますが、いつもカメラは持って行きません。
 午後2時頃になって、約3週間ぶりにカメラを携えて根岸森林公園へ出かけました。ウォーキングの会に参加した勢いが残っていた…、ということでしょうか。
 根岸森林公園は、ことしは予算が余っているのでしょうか、草刈りが徹底されてほとんど丸坊主ですから、藪の中へ藪の中へと分け入っていかないと被写体はありません。
 見つけたのはセンニンソウとツルボ。
 しかしまあ、カメラを支える左のてのひら、シャッターを押そうとしている右手の甲、首筋にまで藪蚊がまとわりつきまして、そういう意味では、こちらの写真は悪戦苦闘の成果なのです(笑)

 なんにも考えてません。かゆくて…、かゆくて…。
 ただ、花がきれいだから、きれいに撮りたいとそれだけでした。


乱れ咲くセンニンソウ100830


センニンソウ100830

 ------------

 さて、根岸森林公園でセンニンソウは初めてなのですが、葉が写っていないですねぇ。
 まさかボタンヅルってことはないでしょうねぇ。
 心配になってきました。
 もう一度カメラを持って、確認にいかなくては…。
 なにしろ痒くて落ち着かず、なんとか花を撮ってきただけなのです。

追記: 葉を調べてきました。また蚊に喰われました(笑)
   センニンソウに間違いありません。

夏の疲れ

2010.08.29(19:20)

デュランタタカラヅカ100827

茶色の花殻が見えてきてからデュランタタカラヅカを撮るものですから、このような題名をつけなければなりません。
ほんとうのことを言えば、撮影者本人が、暑さの疲れから、いままで撮影を手控えていたためなのでした。
右上の実はトケイソウ、左側に垂れ下がっている蔓もトケイソウです。
一昨年まで元気だったここのトケイソウも昨年から疲れが見え始め、今年はほとんど花を咲かせません。いよいよだめなようです。

 ---------------------------

 昨日28日(土曜日)は、久しぶりに学生時代の仲間の「ウォーキングの会」に参加しました。(腰痛等で、2ヶ月ほど休んでいました)
 コースは、
 西武新宿線小平駅 → がす資料館 → 小平霊園 → あじさい公園 → 小平ふるさと村 → 西部新宿線花小金井駅。
 「がす資料館」は東京ガスの私設博物館で、無料ですが、内容は充実しています。
 あじさい公園以降は、「多摩湖自転車道」という歩行者・自転車専用道路を歩くのですが、緑豊かな公園になっていて、途中の説明看板によりますと、全部を続けて歩くと21km あるようです。
 小金井駅 → 花小金井駅のあいだ、樹木はすべてナンバリング管理されており、ネーム札もよく立てられていて、小平市の力の入れ方がわかります。
 途中「がす資料館」等でぶらぶらと休んでいた時間も入れて2時間30分ほど、炎天下はかなり暑かったのですが、最後まで歩くことができました。
 仲間たちはこのあと、銭湯へ入浴に行き、居酒屋へ流れるのですが、私は体調を考えて、歩き通した満足感に浸りつつ、別れを告げて帰りました。
 じつは、執拗な右臀部の痛み、足の痺れに悩まされているのですが、歩くことはあまり苦にならず、むしろ行き帰りの電車等で腰掛けている時間が長いとよくないようです。
 というようなことがわかってきたので、9月に入りましたら、またカメラを持ってうろうろと歩いても、大丈夫そうだな、と思っております。

庭のピンクのフヨウ

2010.08.27(20:11)

ピンクの芙蓉100827

わが家の庭のピンクの芙蓉です。
前回の白い芙蓉と同じようではつまらないと思い、レンズを変えました。
ズームではなくて50mm の固定レンズです。こちらのほうが、柔らかい感じに写りますが、細部の解像度は落ちます。扱いは、被写界深度が浅いので、こちらのほうがやや難しいです。


ピンクの芙蓉の底100827


ピンクの芙蓉左向き100827


 ------------------------------


 PCのことを書いてきたのでもう少し続けます。
 「安くて高性能」だという噂のPCを、インターネットで注文したことがあります。
届けられた製品は不具合があるので内部を開けたところ、配線が外れたりしていてかなりいい加減。
青山の本社へ、不良品のフロッピーディスク・ドライヴを外して交換に行きました。その場でドライヴの交換に応じてくれましたので、自分で取り付けて直しました。
 
 さて、たしか1年弱使ったところで、テレビのニュースに、かの青山の本社へ警察が突入するシーンが…。
 PCの製品名はマハポーシャの「マッハなんとか」と言いました。
 会社の同僚からは、「警察に顧客リストがわたっているのではないか」とか、「キーボードからサリンがにじみ出ているのではないか」とか、さんざん言われました(笑)
 当時の製品としては、結果的には安くて速く、よい製品でした。
 
 Windows のPCは、まず箱を作り、部品を寄せ集めて箱の中にセットして組み立てるだけで出来上がります。マザーボードを触らない限り、仕組みはじつに簡単で、某宗教法人の子会社でも簡単に組み立てられるのでした。
 
 

ムクゲ

2010.08.25(12:33)

Oさん宅のムクゲ100807

お向かいのOさん宅は、壁の色が独特なので、ムクゲの写真を撮影するとおもろい効果が出てきます。何やら涼しげに見えるのです。
8月7日の撮影なので、まだつぼみがたくさん見えています。

 -------------------------

昨日は恵比寿(広尾)の山種美術館で、江戸時代の日本画を鑑賞してきました。
暑い時季は涼しい美術館で! (笑)

さて、前回の記事でPCのことなど少し書きました。
じつはぼくはMS-DOSの頃からPCを使い始めた長いキャリアがあり、年齢の割にはかなりいろいろな経験をしているほうです。他人の世話もいろいろと焼きましたが、それでつくづく面倒になり、わが家の5台のPCはすべてMACに移行させました。MACはメインテナンスが楽なのです。

RAW現像にも積極的に取り組みました。これはさほど経験がない方でも難しいことではありません。問題点はひとつだけ。「ハードディスクの容量」を食います。
撮影するときには1日に2、3百枚くらいの写真を撮りますが、現像は読み込めばソフトが自動でやってくれます。ただ、1枚が8~9MBですから、200枚撮影したらそれだけで18百MBです。選んで不要写真を消去なんて面倒なことはできません。保存用のハードディスクに貯め込んでいくのです。
RAW現像の問題点は、このことに尽きると思います。

庭の白いフヨウ

2010.08.23(10:23)

白い芙蓉100823

わが家の庭には芙蓉が5本ありますが、白い芙蓉とピンクの芙蓉がそれぞれ2本ずつ、一週間ほど前から花を付け始めました。
本日撮影した白い芙蓉を紹介いたします。


白い芙蓉の蕊100823

明暗の対比があまりなくて、フォーカスを合わせにくく撮りにくい花ですが、構図次第でいろいろな表情を見せてくれます。
じっと見つめると、なかなか味があります。


白い芙蓉2100823


白い芙蓉縦近接100823


白い芙蓉と青空100823


 ---------------------------------

かみさんのパソコンが臨終寸前となり、昨日慌てて新しいMACに引き継ぎました。すべりこみセーフだったようです。
この結果、わが家の4台のパソコンの中で、私のパソコンが一番古くなりました。
それでもこうして写真のRAW画像の現像・編集をたくさんこなしているわけですから、我ながらよくやっているな、と思います。

庭のシンテッポウユリ

2010.08.20(16:07)

庭のシンテッポウユリ100820

一週間ほど前から庭のあちらこちらでシンテッポウユリが開花しています。
ここ数日は常時十数個の花が見られて、なかなかの景色となっています。
植えたわけではありません。どこからか侵入して、隅に置いていた鉢植えにまで花を咲かせています。


庭のシンテッポウユリ横100820

いまではめずらしくもない花ですが、数が多くなると目を惹きます。


庭のシンテッポウユリ大100820


庭のシンテッポウユリ2100820


庭のシンテッポウユリ中


 ---------------------------

 数日前、横浜美術館のコレクション展を見てきました。

 この夏のコレクション展で強く惹かれたのが、山村耕花の《ひまわり》です。(注:《ひまわり》に限り9月4日で展示品入れ替え)
 この作品はかなり大きな屏風絵(日本画)で、画家の目線はひまわりの中に座り込んでいます。ぼくが花の写真を撮影するときのようなスタイルです。だから画家はヒマワリに囲まれるようにして、周囲の花を見上げています。
 蝉の抜け殻がすぐそばのひまわりの茎にとまっていたり、蜂が飛んでいたり…。草花や昆虫たちに囲まれているのです。
 「ああ、この目線はいいなあ」としばらく作品の前に釘付けになっていました。

 クリックしてください。→ 横浜美術館コレクション展

横浜税関のクイーンの塔

2010.08.17(12:00)

横浜税関とクイーンの塔100805

横浜税関の「クイーンの塔」です。昭和9年の竣工だそうです。
横浜港近辺には洋館造りの建物の塔として「キングの塔」(神奈川県庁本庁舎)、「ジャックの塔」(横浜開港記念館)が知られています。

観覧車とホテル100805

上はグランド・インターコンティネンタル・ホテル、観覧車は「コスモクロック21」と呼ばれています。
コスモクロックの照明はいろいろと変化して、目を楽しませてくれます。

 -----------------------

さて、そろそろ写真のストックがなくなりました。
家の庭では、新テッポウユリが次々と開花していますが、とくにめずらしいわけでもありませんし。

2010年08月

  1. センニンソウ(08/31)
  2. 夏の疲れ(08/29)
  3. 庭のピンクのフヨウ(08/27)
  4. ムクゲ(08/25)
  5. 庭の白いフヨウ(08/23)
  6. 庭のシンテッポウユリ(08/20)
  7. 横浜税関のクイーンの塔(08/17)
次のページ