FC2ブログ

ミズキとメキシコマンネングサ ~ 港の見える丘公園付近

2010.05.31(13:45)

マリンタワーとミズキ100514

バラ園の記事で5日間を費やしましたので、他の花の記事が大幅に遅れています。大急ぎで追い着きたい、と思います。
横浜の名所として知られる「港の見える丘公園」の入り口付近です。道路から谷戸坂方面を眺めるとマリンタワーが見えます。ここを右へ入ると、「港の見える丘公園」であり、入ってすぐに右や曲がると、イギリス館付属のバラ園があります。


橋の下からのミズキ100514

入り口を入ってすぐに右へ曲がらずに、奥のほうを右へ曲がってずっと行くと、「大仏次郎記念館」があります。
「大佛次郎記念館」の奥に「神奈川近代文学館」があり、このふたつの建物は「霧笛橋」で結ばれています。
「霧笛橋」のしたからミズキを見上げてみました。


橋の下からのミズキ遠景100514

霧笛橋がもう少しよくわかるよう、少し広角にして、広い範囲が見えるようにしました。
この霧笛橋の下から、なだらかな庭園を登っていくと、黄色い小さな花がたくさん咲いているのが目に付きます。


メキシコマンネングサ110514

「メキシコマンネングサ」です。ベンケイソウ科の似た花に、わが家の花壇の「ツルマンネングサ」がありますが、メキシコマンネングサの葉は4輪生なのに対し、ツルマンネングサは3輪生です。メキシコマンネングサのほうが花付きがよく、勢いがあるように感じます。


メキシコマンネングサ近景100514

メキシコマンネングサにもう少し近づきます。花だけ見ると、メキシコマンネングサもツルマンネングサもよく似ています。



山手111番館庭園全景100514

花を見ながら登っていったところが「山手111番館」です。メキシコマンネングサはここの庭園の花でした。
上の写真では庭園からMM21方面を眺めています。
右奥の茶色の壁が「大佛次郎館」です。
ツルマンネングサは、画面の右の方へ下っていく途中にあります。バラ園は左奥のほうになります。
この庭園のベンチに座って、山手111番館特製のバラのソフトクリームを味わうのを楽しみにしています。

2010年05月31日

  1. ミズキとメキシコマンネングサ ~ 港の見える丘公園付近(05/31)