FC2ブログ

エドヒガン

2010.04.02(17:37)

エドヒガンアップ100331

3月31日朝、「しばらくはずっと晴れ間が出ない」との予報だったことと、ずっと溜まっていたものを発散させようとして、根岸森林公園へ「江戸彼岸」を撮りに行きました。
馬の博物館から垣根越しに枝を伸ばしているこの場所は、おそらくほとんど知られていない、私だけの秘密のスポットです。


エドヒガン縦100331

 ---------------------

「嵐の3月」

3月2日  父が入院
3月上旬  父と自分の確定申告、自分の退職に伴う手続き、長女結婚式準備、父の容態確認等
3月20日 長女結婚式
3月25日 父死去
3月29日 通夜
3月30日 告別式

というわけで、今後はもう二度とないだろう、と思われるほど忙しい月でした。
一番大変だったのが通夜でした。
お坊さんが途中で倒れてお経を読めなくなる、というハプニングがありました。その処置だけでも大騒ぎでした。
たまたま私の親族に内科の医師がいて、「救急車は不要」とか、診断してくれたので助かりました。
しかし、当方は翌日の告別式が心配です。何しろ、倒れたお坊さんは、通夜の最初からもうほとんど声が出ていなかったのですから。
とりあえずお坊さんの家族に迎えに来てもらいました。
「明日の告別式と、その後火葬場へ同行、さらに帰ってから初七日の繰上げ法要を執り行う代理のお坊さんを必ず手配してくださいね」と依頼しました。お坊さんの奥さんにも念を押しました。
「大丈夫です。責任をもって手配します」との返事でした。
ところが帰宅後22時過ぎに本人から電話がありました。
「告別式はどこそこのお寺の代理を頼んだ。しかし、急なことだから、火葬場と初七日の法要を行う僧侶を手配できない」というのです。そんな無責任な! と私も返答ができませんでした。

2010年04月02日

  1. エドヒガン(04/02)