FC2ブログ

「GEISAI#14」から(3)

2010.03.17(19:28)

吉田涼香さん作品1 吉田涼香作品2

「GEISAI#14」の続きです。
今晩は確かな実力があるな、と思われた方たちの作品を紹介します。

出品展示しているアーティストさんたちは、ほとんどの場合、過去の作品を印刷したファイルを床などに置いています。
座り込んでこのファイルをめくり始めると、いろいろと話しかけてきてくれることが多いようです。
上の2点は 吉田涼香 さんの作品ですが、ファイルにあった過去の作品群も、すばらしい、と思いました。
詩情溢れる場面を創り出す感性、それを表現する確かな技術。正直言って「欲しい」と思いました。
価格を尋ねると「△0万円」でした。ここで商談するわけにはいかないのでと、「こちらで…」と画廊の名刺を渡されました。
そうか、やはり実力ある人にはもう画廊が付いているんだな、と。
ほかの作品も実物をみたいなあ。南青山の画廊の名刺、とってありますが…。

下は「弁財天」とか「吉祥天女像」とか、天女像シリーズを描かれている男性の方の作品。
「前回も出品されていましたね、憶えていますよ」
「ありがとうございます」
という会話のあと、こちらも価格を尋ねてみました。
吉田涼香さんの価格の倍でした。こちらはいくらなんでも手を出せません。まあ、ぼくの好みとしては吉田さんのほうをほしい、のですが。


天女像100314320

撮影は自由にやらせてもらっていますけれど、価格が付いている方たちですし、あまり大きい画像を出して問題になっても困るので、遠慮して記事にしています。

 -----------------------------

なお、本日は、この下に「ハクモクレン」の記事があります。

ハクモクレン

2010.03.17(19:00)

ハクモクレン全景100317

根岸外人墓地門前のSさん宅のハクモクレンです。
こちらの奥様とはもう顔なじみになって、いろいろと花の話をしたりするようになっております。
自宅にハクモクレン! いいですねぇ。


ハクモクレン中景100317

ところで、ハクモクレンは花の中身をまだみたことがありませんでしたが、港の見える丘公園の橋の上から覗き込んで撮った下の写真は、ほんとうにハクモクレンなのでしょうか。
17日現在ですでに花期は終わってボロボロでした。その中でなんとか撮ってきたのが、下の写真なのですが。
ハクモクレンなのかどうかさえわからないくらいに、もう花が汚くなってしまっていました。


ハクモクレンの中身1 ハクモクレンの中身2

2010年03月17日

  1. 「GEISAI#14」から(3)(03/17)
  2. ハクモクレン(03/17)