FC2ブログ

自宅の庭のクリスマスローズ

2010.03.06(19:00)

白のクリスマスローズ100301

自宅の庭のクリスマスローズです。
へぇ、早く撮らないと花が痛んでしまいかねないからと、薄曇りの日に無理矢理撮ってみたら、こんな効果が…。
曇った日も使いようなんですねぇ。
花壇の真ん中あたりにあるので、足を踏み入れず、望遠マクロで撮っているので、その効果が出ているのでしょう。


濃い焦げ茶のクリスマスローズ100303

かみさんが植えたばかりの頃は、こんなふうに下を向いて咲く花の、どこがおもしろいんだ、くらいに思っていましたが、年を経るごとに、味わい深い花だなあ、と思うようになりました。

上と下の濃い色のクリスマスローズは陽射しの強い日に撮りました。こちらは葉と濃い花弁に覆われているので、このようにかなり明るい陽射しの下だから撮れたのかも知れません。
35mm の安価な近接マクロ・レンズで、思い切り近づいて撮っております。


濃い焦げ茶のクリロつぼみ入りアップ100303

つぼみとか、もうひとつ別の花とか、画面に上手にあしらえば(配すれば)、お洒落な感じに撮れるようです。

 -----------------------------------

でもクリスマスローズって、撮影がむずかしいですね。
下を向いてごちゃごちゃっとしているのを、どういう日のどういう時間に、どういう角度で撮ればきれいに撮れるか、試行錯誤しては失敗し、ようやく発表できる段階となりました。

 -----------------------------------

心臓の不整脈、心房細動の発作のほうは、休暇に入って5日間くらいはまだ不安定でしたが、以後心房細動の発作はなく、不整脈もほとんど気にならない程度にまで減ってきています。
頸椎と指の痺れ、腕の痛みのほうは、ちょっとつらい状況でして、上のような写真はもう、ライヴヴュー・モードでない限り不可能です。「老化・骨の変形・治らない」で片付けられては患者としてもかなわないので、別の医院を訪れてみよう、と思っております。
ただ、余裕たっぷりのはずだったのですが、いろいろと厄介な事態が持ち上がり、けっこう忙しくなっております。
それでも、心臓のほうにはあまり影響してこないようなので、やはり仕事のストレスがなくなると精神的には相当楽になるんだなあ、などと思っております。
本日の歩数は、6625歩(うち、しっかり歩数2245歩)でした。

2010年03月06日

  1. 自宅の庭のクリスマスローズ(03/06)