根岸森林公園のモミジイチゴ

2009.03.31(07:17)

モミジイチゴふたつ並び 090328

根岸森林公園の、ソメイヨシノの林の中のモミジイチゴ。昨年ようやくその存在に気づきました。カジイチゴを撮影したその一週間後の3月28日の撮影です。


モミジイチゴ 斜め090328

カジイチゴよりは明るい位置にあるので、カジイチゴよりはしっかりした撮影ができました。

ご参考 → カジイチゴの花

カジイチゴほどは自信がありません。もし「これはモミジイチゴではないぞ」ということでしたら、ご教示くださいませ。

早咲きのサクラ

2009.03.31(06:57)

真っ白なサクラ090328

梅林の奥のこの桜は、毎年ソメイヨシノより一週間から10日ほど早く満開を迎えます。
ソメイヨシノと同様に、葉よりも先に花だけが咲きます。色は真っ白。今年も見事な満開です。

天候がよくなかったので、今年はこの一枚だけです。
昨年の写真をお楽しみください。

 クリックしてください → 梅林の奥のサクラ

ハナニラのある庭

2009.03.31(05:37)

ハナニラのある庭

オトメツバキ

2009.03.30(07:18)

オトメツバキ 超近景 090328

根岸森林公園には乙女椿の木がいくつかあります。これは北東の門から入って右へ歩いたところにある木です。
乙女椿は陽当たりがよいと、11月頃から開花するものがあります。ぽつっと咲いて、また思い出したようにぽつっと咲く。
そうして、ほかのツバキが終わった3月頃に満開を迎えます。


オトメツバキ正面 090328

乙女椿(オトメツバキ) の端正なかたちは、どうしても正面から写してあげたいですね。これほど幾何学的に整った複雑な形が自然に生まれるというのが、なんだか不思議な感じがします。

--------------------------

枯れ葉の上のヤブツバキが散った写真に関して、モカさん用にリンクを張りました。

クリックしてください → 散ったヤブツバキ(三脚使用)
            散ったヤブツバキ(三脚なし)

薄暗い場所でも、近くから遠くまで、鮮明でクリアな写真を撮るには、1.感度を上げない。
2.シャッター速度を遅くする(極端に遅くします)。 3.三脚を使用する。 ということなのだろうと、試してみたその効果をご確認ください。

レンギョウ

2009.03.30(06:51)

レンギョウ090328

レンギョウというと、ソメイヨシノよりずっと早い、というイメージがあるのですが、今ごろ満開となっています。
自宅の近所のレンギョウです。
レンギョウ、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウの三種があると聞きますが、いまだ見分け方がよくわかりません。そのどれかです(笑)。

アオサギと子ども

2009.03.29(08:37)

アオサギと子ども 090328

ぼくがカメラを向けると、ずっと遠くでも用心して逃げるのに…。

ハンブルク桜の女王来日記念樹 ~ 根岸森林公園

2009.03.29(06:50)

桜の女王来日記念樹 遠近1 090328

根岸森林公園でもっとも豪華で大きい「ハンブルク桜の女王来日記念樹」は、3月28日現在ようやく二分咲きといったところです。
そのため全体を写して華やかな姿を披露できないのが残念です。とりあえずは開花の進んでいる枝を中心にご紹介する次第です。


桜の女王来日記念樹 近 090328

昨年の 山手の木々さん の記事では、確か元町公園にも同様の来日記念樹があるようです。
そう書いてはいるものの、「桜の女王」とは何なのか、まるっきりわかっておりません(笑)
わかっているのは、このサクラがすばらしく美しいということだけ。それは確かです。


桜の下のランニング 090328

すぐ脇の道を、ランナーたちが駆け抜けていきます。しばらくは華やかで贅沢なコースになります。


桜の女王来日記念樹 遠近2 090328

 ---------------------------

父親の認知症の進み具合が極端で、ちょっとごたごたしています。
散歩に出かけて撮影はしてきても、写真の整理が追い着きません。ストックは山ほどあるのですが…。

2009年03月

  1. 根岸森林公園のモミジイチゴ(03/31)
  2. 早咲きのサクラ(03/31)
  3. ハナニラのある庭(03/31)
  4. オトメツバキ(03/30)
  5. レンギョウ(03/30)
  6. アオサギと子ども(03/29)
  7. ハンブルク桜の女王来日記念樹 ~ 根岸森林公園(03/29)
次のページ