根岸森林公園の梅林(19) ~ 曙 2009.01.24

2009.01.31(18:16)

曙090124

「曙」は野梅系・野梅性の一重の白梅ですが、萼が紅く、花数も多く、はなやかな感じがします。
下は傷んだ花が写っているので、本来ならボツにするところですが、ほかの花の様子がとてもよく撮れているので、ボツにするのがもったいなくて、紹介してしまいました。


曙 四連花

根岸森林公園の梅林(18) ~ 筑紫紅 2009.01.24

2009.01.30(22:10)

筑紫紅090124

11日に撮影してご紹介した「筑紫紅」は早く撮りすぎていまひとつきれいではなかったので、1月24日に撮り直した花をもう一度ご紹介します。
野梅系の紅梅です。

冬のケヤキの木立

2009.01.30(18:07)

木立と青空090124

根岸森林公園の梅林(17) ~ 古今集 2009.01.24

2009.01.29(18:30)

古今集090124

崖の上から下をみて撮影した「古今集」。枝振りもなかなか絵になります。
下は青空を背景にした「古今集」。
白梅は背景次第で雰囲気が変わります。


古今集 青090124

根岸森林公園の梅林(16) ~ 蓮久 2009.01.24

2009.01.29(10:55)

蓮久090124

「蓮久」という品種名の八重の紅梅です。

コゲラ

2009.01.28(17:49)

コゲラ 090118

腰痛で会社を休んでいた日、かみさんに「キツツキが来ている」と呼ばれて表へ出ました。
タンタンタンタン…、と高い音!
付け替えてきた望遠レンズ(150mm)で狙いましたが、崖の上で少し遠く、画像を確かめると、木を突く頭の動きが速すぎて顔がボケています。
感度を上げて撮ろうとするのですが、今度は木の向こうへ回ったり、背中を向けたり、せわしない動きについていくのがたいへんでした。

根岸森林公園の梅林(15) ~ 一重茶青 2009.01.24

2009.01.27(19:00)

一重茶青 090124

どう見ても野梅系・青軸性の緑萼梅の仲間ですね。「一重茶青」です。
ご覧の通り、画面の雰囲気がほかの梅とはがらりと違います。白梅なのですが、枝が緑、萼も緑色で、つぼみは黄色味がかっています。
だから撮影するほうとしても全体の雰囲気を大切にしたくて、つぼみをたくさん入れてみました。
同系統のウメとしては、根岸森林公園では「大輪緑萼」があります。
この梅林では、「文殊」につづいて二番目に好きになったのが「大輪緑萼」で、崖の途中に咲いているこの「一重茶青」には昨年はじめて気がつきました。
緑萼梅って、いい雰囲気でしょう?

2009年01月

  1. 根岸森林公園の梅林(19) ~ 曙 2009.01.24(01/31)
  2. 根岸森林公園の梅林(18) ~ 筑紫紅 2009.01.24(01/30)
  3. 冬のケヤキの木立(01/30)
  4. 根岸森林公園の梅林(17) ~ 古今集 2009.01.24(01/29)
  5. 根岸森林公園の梅林(16) ~ 蓮久 2009.01.24(01/29)
  6. コゲラ(01/28)
  7. 根岸森林公園の梅林(15) ~ 一重茶青 2009.01.24(01/27)
次のページ