FC2ブログ

チカラシバ(2)

2008.10.18(18:07)

チカラシバ081013

この秋の根岸森林公園は、いつもよりチカラシバが多いようです。しかも立派です。
一度別の写真を掲載しましたが、きれいに撮れたのでもう一回記事にしました。

チカラシバ マクロ081004

ついでにこの数日前に撮影したマクロ写真も掲載しましょう。

五十嵐吉彦・水彩スケッチ画展/ぎゃらりー「彩光」 10/10~16

2008.10.18(14:01)

五十嵐吉彦2008

 10月11日土曜日、上野で「大琳派展」を見た帰りに、関内駅で下りて、「五十嵐吉彦・水彩スケッチ画展」を楽しんできました。
 五十嵐吉彦さんを知ったきっかけはブログ「舞岡公園の自然」のひろし さんのご紹介です。
 確か五十嵐さんは、ひろしさんが以前勤務されていた会社の先輩だった、というような話だったと記憶しています。
 前回の個展は2006年の10月でした。私は当時感想記事を当ブログへ掲載したのですが、11月頃FC2ブログでトラブルがあり、10月~11月の記事の一部が消失するという事件があり、現在はなくなってしまって、自分がどんな感想を書いていたか、確認することができません。

 前回は国内の景色が大半で、今回の個展ではイタリアなどヨーロッパ各地の風景画が主体になっていました。
 五十嵐吉彦さんの水彩スケッチ画の特徴は、黒いペンで描いた線描スケッチに、水彩で彩色していくというものですが、写真でいう「ハイライト」部分を塗り残すという手法で、光の当たっている部分を表現しています。水彩の透明さを生かし、さほど多くはない色数の、色の濃淡で風景を表現していくと、とてもさわやかな印象の風景画となります。
 私の印象では、今回のほうが前回よりもよい絵が多かったように思います。
 「よい絵」とは何なのか。
 単純な話ですが、画家の五十嵐さんが海外を旅行され、さまざまな町の街角とか、郊外の丘の上とか、そういうところで「あ、ここがいい! ここを描こう!」と決められたその感動の度合いなのだと思います。おそらくは国内の旅先よりも、海外でのほうが、「ここがいい!」というその一瞬の感動が強かったということでしょう。
 この方くらいの腕前になると、もうブロそのものですから、技術の問題ではなくて、画家の感動がそのまま水彩画を通じて見ている私に伝わってきます。その違いなのだろう、と推察します。
 
 花の写真ブログも似たようなもので、ある程度続けてくると、みなさん上手になって、あとは新鮮な感動があるかないか、という差になってくるように思います。

2008年10月18日

  1. チカラシバ(2)(10/18)
  2. 五十嵐吉彦・水彩スケッチ画展/ぎゃらりー「彩光」 10/10~16(10/18)