FC2ブログ

リュウゼツランの花が「港の見える丘公園」で咲いていました

2008.08.03(18:10)

リュウゼツラン斜め全景080802

竜の舌の蘭で、「竜舌蘭(リュウゼツラン)」。
Wikipedia によりますと「気候や土壌にもよるが一般に成長は遅く、花を咲かせるまでに数十年を要するものも多く、あまりの成長の遅さに、100年(1世紀)に1度開花するという誤った認識から、センチュリー・プラント(century plant)という英語別名がつけられている」のだそうです。
「その花が咲いている」と、山手の木々さんのブログから情報を得て、港の見える丘公園の大佛次郎館前まで行ってきました。
いや、これはちょっと、とても写真の撮りにくい場所に生えてますね。

リュウゼツラン望遠080802

これって花が咲かなければ何がおもしろいの? というような植物ですが、メキシコ付近原産でテキーラはこの花茎から作るのだとか…。
下の看板が掲げてありましたが、花を咲かせるのに数十年かかるそうです。

リュウゼツラン看板080802

というわけですから、ぼくはこの花を見たのは初めてですが、数十年に一度というなら、きっとこれが見納めでしょうね(笑)

2008年08月03日

  1. リュウゼツランの花が「港の見える丘公園」で咲いていました(08/03)