FC2ブログ

ヒメシャラ

2008.06.14(17:36)

ヒメシャラの林

ヒメシャラはナツツバキの仲間ですが、この写真のように幹がサルスベリのような色をしていて、立ち姿が美しい。花の時期は横浜・東京ではまさにいまなのですが、花が小さいので気がつかず、この写真のように花が地面に落ち始めてから気がつくことが多いようです。


森林公園のヒメシャラの花

枝のあいだ、葉のあいだを捜して、「ああ、咲いている」という具合になります。根岸森林公園の木はかなり背が高くなっているので、望遠レンズでないと撮影できません。背景に幹が写ると、「ああ、ヒメシャラだ」とわかります。


玄関前のヒメシャラの花

わが家では玄関前のシンボル・ツリーにすると言ってかみさんが植えました。
これもいまではかなり大きくなって、上のほうの花は意地悪く横を向き、下のほうの花は葉の影で下を向いて、どうも撮影しにくいのです。
上の写真はわが家のヒメシャラです。

ただ、ヒメシャラはもうひとつ楽しみがあります。
それは秋の紅葉です。朝日を浴びて紅く染まるヒメシャラは、たとえようもなく美しいのですが、秋の冷え込みなどの加減でしょうか、昨年はさほど紅くならないうちに散ってしまい、期待を裏切られてしまいました。
下は2005年12月の撮影。時刻は朝の7時過ぎ、玄関前で出勤する前に撮影したものです。

ヒメシャラの紅葉



2008年06月14日

  1. ヒメシャラ(06/14)