FC2ブログ

馬の博物館の白いツバキ

2008.03.28(19:37)

博物館の白いツバキ080322

これも今年初めて気がついたツバキです。
根岸森林公園だけでも、じつにたくさんの種類のツバキがあります。
この品種は変わっていて、花ではなくて雄しべからさきに痛みが目立ってきます。
下の写真では雄しべにそんな兆しが見えていますが、花弁に痛みは見えません。
花弁はとても美しい艶のある白で、繊細な気品を感じます。


博物館の白いツバキ080322-2

赤い舌のある白いツバキ~肥後ツバキかな?

2008.03.28(18:24)

赤い舌のツバキのつぼみ080322

根岸森林公園なのですが、こんな花を咲かせるツバキがあると、じつは今年初めて知りました。
ツバキは広範囲にわたって植えられていますが、この品種はごくわずかです。
開花すると赤い「舌」が目立ちます。
よく見かけるタイプですが、このような雄しべになるのを「梅蕊咲き」といい、肥後ツバキの特徴とするようです。肥後ツバキの一種かも知れません。

赤い舌のあるツバキ080322

撮影は3月22日です。何回か書いていますが、ツバキは痛みが目立ちやすいので、開花したらすぐに撮影できるのが理想です。日を追うごとに花の縁が褐色になっていきます。
上の写真もちょっと撮影時期を外してしまったか、というところですが、この日はこれが一番きれいな花でした。

レンギョウ

2008.03.28(18:16)

近所のレンギョウ080322

黄色い花は明るくはなやかですね。
上はご近所の庭先から通りへこぼれ出ているレンギョウ。


下は西鎌倉の海蔵寺のレンギョウ。
海蔵寺のレンギョウ

いずれも、チョウセンレンギョウと言われている種類のようです。

2008年03月28日

  1. 馬の博物館の白いツバキ(03/28)
  2. 赤い舌のある白いツバキ~肥後ツバキかな?(03/28)
  3. レンギョウ(03/28)