FC2ブログ

ハチとヤツデ → (訂正) ハエもしくはアブとヤツデ

2007.11.30(21:11)

20071130205200.jpg

この写真そのものはあまりよい写真ではありませんが、一応新しい試みということでご紹介します。
約1ヶ月ほど前から、Olympus のマクロレンズ ED50mm F2.0 Macro という単焦点レンズを使うようになりました。従来の 35mm 単焦点ほどには近寄れないのですが、35mm が F3.5 だったのに対して F2.0と明るく、ボケもきれいです。27日のヒメツルソバはこの 50mm での撮影です。その 50mm のレンズに extention リングというのを取り付けますと、ぐぐっと近寄ることができます。焦点を合わせるのがとても難しいのですが、ぴたっと合えばこういう写真が撮れます。
ハチの動きに対して、まだ機敏に対応するほど慣れていないので、あまりおもしろい写真にはなりませんでした。もう少し練習していきたいと思います。
Olympus のカメラはその構造上、他社のカメラよりもマクロには強いようです。花の写真などを撮るには向いており、メーカーもそこはよくわかっているので、macro専用の単焦点レンズがふたつもラインナップにあるのでしょう。

ところで 雑誌 Newton の12月号を読んでいて気がついたのですが、ハエは足の先端に味覚器官を持っているのですね。ハチも同じなのでしょうか。

ユリオプスデージーかな

2007.11.30(20:22)

20071130211455.jpg

根岸外人墓地なのですが、これはユリオプスデージーでしょうか。
これは以前からずっと思っていることですが、もしかして Olympus のカメラは黄色が苦手ではないでしょうか。輝くような黄色はきれいなのですが、少し輝度を落とすと、なんだか彩度まで落ちてしまったような印象です。陽の当たっていない黄色がどうも上手い具合に撮れません。
この写真、群生している雰囲気はとてもよいので、紹介します。

2007年11月30日

  1. ハチとヤツデ → (訂正) ハエもしくはアブとヤツデ(11/30)
  2. ユリオプスデージーかな(11/30)