FC2ブログ

シコンノボタン

2007.10.14(19:43)

20071014193113.jpg

斜向かいの叔母の家の庭のシコンノボタンです。
叔母もかみさんもノボタンと呼んでいますが、花屋さんでノボタンとして販売しているのはほとんどがシコンノボタン(紫紺野牡丹)だそうです。
ノボタンというと、日本原産のもので、いくつかの種類があるそうです。
この色、この花の形、とくに雄しべの形状は、紫紺野牡丹でしょう。ブラジル原産で低温にも耐えられるといいます。
叔母の家のこの繁みも戸外の低木です。

おもちゃカボチャ

2007.10.14(12:06)

20071014120132.jpg

那須で買ってきたおもちゃカボチャです。
手前のドングリはかみさんが拾ってきましたが、クヌギでしょうか。アベマキも形がよく似ていると聞きます。どちらかわかりません。
秋を演出したセットを玄関の上がり口の棚に置いてみました。

馬の博物館のウスギモクセイ

2007.10.14(12:00)

20071014114012.jpg

根岸森林公園内「馬の博物館」のモクセイですが、これがギンモクセイなのかウスギモクセイなのか、じつはよくわかりません。
色は白というよりは薄く黄色みがかかっているので、ウスギモクセイということにしておきましょう。
朝日新聞社の『花おりおり』第4巻によりますと、ウスギモクセイは日本の自生品種だそうです。鹿児島や熊本の照葉樹林に混じる、とのこと。
これがもしギンモクセイなら、雌雄異株で結実しないそうですが、ウスギモクセイならば結実して青黒い実を結ぶそうなので、継続観察していきたい、と思います。
花を見ただけで、ギンモクセイかウスギモクセイか判別できる方がいらっしゃいましたら、教えてください。

馬の博物館のウスギモクセイ


-------------------------

今週半ばまで多忙な日々は続きそうですが、ピークは過ぎたので、本日から記事に盛り込む情報量を上げて、写真のほうもできるだけ厳選していきたい、と思います。


2007年10月14日

  1. シコンノボタン(10/14)
  2. おもちゃカボチャ(10/14)
  3. 馬の博物館のウスギモクセイ(10/14)