FC2ブログ

キキョウ

2007.06.24(12:41)

20070624122915.jpg

わが家の庭先のキキョウです。
下は色違いの白です。

20070624133623.jpg


じつは、この写真はぼくがはじめてRAW FILEから現像したものです。
ニコンの「Capture NX」が重くて使い勝手が悪かったので、今度は使い慣れたAdobe社の新製品「LIGHTROOM」を試用してみることにしました。
このソフトは軽くてさくさくと動きます。ただいつもいつも現像から始めるなんて面倒なことはとてもやっていられません。
RAW と JPEG の双方のファイルを保存しておき、白飛びや色かぶりなどが起きているのを救いたいとき、RAWファイルを使って現像する、というのがよいのかも知れません。

通常の JPEGファイルのレタッチに使ったときも便利なのかどうか、PHOTOSHOP ELEMENTSより機能が多少豊富なので、しばらく試してみたいと思います。

写真関連ソフト紹介~「Capture NX 完全ガイド」

2007.06.23(20:38)

51jDjSAw7aL._AA240_.jpg


 クリックしてください。「Capture NX 完全ガイド」

ボックセージ

2007.06.23(19:37)

20070623193453.jpg

斜向かいの叔母の家のボックセージです。
この明るい「空色」はかなり鮮烈で、梅雨入りしてジャングル化してきた叔母の家の庭の中で、ひときわ目立っています。

背景の色とりどりの花々で、叔母の庭の雰囲気がわかります。

ヒメジョオン

2007.06.23(19:17)

20070623191024.jpg

ヒメジョオンにはヘラバヒメジョオンという種類があると、『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』に載っているのですが、葉が細くてつるっとしているので、もしかしてそれかな、とも思うのですが、付近のヒメジョオンをいくつか見てみると、上のほうの葉は「ヘラ葉」でも、下のほうの葉に鋸歯があったりします。
結局のところ、よくわかりません。
雑種のヤナギバヒメジョオンというのもあるとか…、勘弁してください(^^;)

20070623191033.jpg


ヒメヒオウギスイセン

2007.06.22(20:51)

20070622204807.jpg

わが家の近くの崖の上に咲いています。下から見上げて撮影しました。
この時季にはあちらこちらで見かけますね。

ご参考: ヒメヒオウギ

アカメガシワの雌花

2007.06.21(19:19)

20070621111405.jpg

昨年は接近撮影ができてよい写真が撮れたのですが、あのアカメガシワは根元から伐採されてしまいました。
それで今年は根岸外人墓地のアカメガシワを道路側から望遠レンズで撮影してみました。
石積みや、擁壁のコンクリートの割れ目から大きな葉っぱをつけた木が伸びていたら、アカメガシワであるケースが多いように思います。どんどん大きくなって通行の妨げになるので、大概は一年で切られてしまいますが、それでも根元から新しい枝を伸ばす逞しさがあります。

 昨年の雌花の写真(この写真とは別の木です)

 アカメガシワの実
 (クリックして出てくる下側の写真が、この木から落ちた実です)

ベニシジミ

2007.06.21(11:45)

20070621113833.jpg

たぶんベニシジミでよいのだろうと思います。

このブログを始めた2005年の春から夏にかけて、チョウの写真もかなり載せたのですが、この2年間のあいだにチョウの数が激減したように思います。わが家の庭に集まっていたたくさんのチョウはいったいどこへ行ってしまったのでしょう?
昨年以降、白いチョウも、シジミチョウも、アゲハも、セセリさえも少なくなり、ブログに掲載することも少なくなってしまいました。

2007年06月

  1. キキョウ(06/24)
  2. 写真関連ソフト紹介~「Capture NX 完全ガイド」(06/23)
  3. ボックセージ(06/23)
  4. ヒメジョオン(06/23)
  5. ヒメヒオウギスイセン(06/22)
  6. アカメガシワの雌花(06/21)
  7. ベニシジミ(06/21)
前のページ 次のページ