菖蒲湯

2007.05.05(22:13)

5月5日午後10時14分、たったいま菖蒲湯から出てきたところです。
端午の節句にはやはり菖蒲湯。こういうことを守っていると、なぜか満足感がありますね。
風呂が気持ちよいのはほぼ一日中戸外にいたからです。家族5人揃ってちょっと小旅行というのは、滅多にないことですが、たまにはいいものです。(スパンキーはお留守番)
いろいろ写真を撮ってきましたので、それは追々ご紹介いたします。

タツナミソウ~石垣で頑張っている花たち(1)

2007.05.05(21:40)

20070504184138.jpg

5月3日、根岸外人墓地をひとまわりしにいきました。
4月下旬にはなかったのに、門前のSさん宅の石垣にたくさんのタツナミソウが花をさかせていました。


20070504184122.jpg

奥様に話をうかがいますと、タツナミソウは石垣の隙間にひとつひとつ植えて、二十年かけてこれだけにした、とのこと。だから家を建て直すとき石垣を壊すと言われて、「私が生きている間はやめてくれ」と言って、石垣は残したのだそうです。

20070504184201.jpg

タツナミソウを横から見ると、なるほど波が立って押し寄せてくる感じがしませんか?
シソ科らしい花のかたちをしています。

ちなみにこの石垣を残せたのは、「ブラフ積」と言って横浜に特有の石の積み方で、震災にもくずれなかったほど強い積み方だからなのです。現代の家の敷地として十分な強度と認められたのでしょう。郷土史の本には写真入りで紹介されてくる「ブラフ積」が、Sさん宅や根岸外人墓地にも残っていたとは、まったく気がついていませんでした。


満開のミズキの木立

2007.05.05(21:02)

20070504190353.jpg

根岸森林公園の中央の芝生の真ん中に、一本のミズキがあります。
絵になりますね。

2007年05月05日

  1. 菖蒲湯(05/05)
  2. タツナミソウ~石垣で頑張っている花たち(1)(05/05)
  3. 満開のミズキの木立(05/05)