FC2ブログ

根岸森林公園の斑入りツバキ~ツバキ特集(4)

2007.03.05(20:46)

20070303224653.jpg

今日も根岸森林公園のツバキを紹介します。
根岸森林公園のツバキ数が多く、たくさんの種類があり、2月から4月にかけて次々と大きな立派な花を咲かせ、楽しませてくれます。
これはピンク系の八重咲きの斑入りで、たいへんめずらしく感じます。
このツバキはサザンカと同様に、イチョウやケヤキの林の奥深く、米海軍施設との境のフェンス付近にあります。
この花の咲いている辺りは、ツバキの木はフェンス際の崖の上にあり、よじ登っていかないとこの写真は撮れません。このようなツバキが根岸森林公園にあるとご存じの方は、かなり少ないのではないかと思われます。

根岸森林公園のコブシ

2007.03.05(20:10)

20070304133314.jpg

昨年は全滅だった根岸森林公園のコブシですが、今年は勢いがあります。つぼみの付き具合がこの写真からわかると思います。

20070304133344.jpg

早いですね、もう開花し始めているのです。

20070304133417.jpg

望遠レンズの威力はすごいですね。毛だらけの萼片の様子までわかります。

馬の博物館のアンズ

2007.03.05(07:38)

20070304125159.jpg

根岸森林公園のアンズは馬の博物館の正門脇にあります。同じバラ科サクラ属ですから、雑種を作るそうですし、花はウメととてもよく似ていて、花だけで区別するのはかなりむずかしいようです。

時期的にウメが終わる頃にアンズが咲き始め、アンズの萼片は反り返るけれどもウメは反り返らない、という説明をよく聞きます。
しかし「萼片がそりかえる」とは、どういうことをいうのでしょうか。

下の写真では、紅い萼片が花弁から離れて反り返っているような感じがしますが、どの花もこうなっているわけではありません。
もしかすると、まだ時期が早くて、花がきちんと開花していないからかも知れません。

20070304125225.jpg

2007年03月05日

  1. 根岸森林公園の斑入りツバキ~ツバキ特集(4)(03/05)
  2. 根岸森林公園のコブシ(03/05)
  3. 馬の博物館のアンズ(03/05)