オトメツバキ

2006.12.31(10:34)

20061230223418.jpg

これは23日撮影の写真ですが、12月初旬から、土日に見に行くたびにぱらぱらと小さな花を咲かせていました。
昨年観察していたところでは、2月下旬から3月初旬にピークを迎える種類のツバキのようです。ようやく大きな花を見つけたのでご紹介します。
薄いピンクの花弁が可愛い感じです。

冬の朝のラクウショウ(落羽松)の気根

2006.12.30(20:55)

20061223205628.jpg

ラクウショウの落ち葉はただでさえ赤いのに、冬の朝、まだ低い陽の光を受けて、余計に赤く染まっています。
落ち葉の中から、にゅっと気根が突き出ています。
ラクウショウ(落羽松)ならではの光景です。

ラクウショウは数本あり、いずれも池のすぐそばの湿地にあります。そこから崖をのぼった丘の上にメタセコイアが一本あります。外見はそっくりですが、近寄って葉の付き方を観察すると区別がつきます。メタセコイアは対生、ラクウショウは互生です。
すぐ近くにこの双方があって違いを観察できるのは、とても便利です。

クリックしてください → メタセコイアの紅葉
              ラクウショウの紅葉
          気根の写真(以前の記事から)
            ↑小葉の互生も確認できます。

サザンカもまだ頑張っています

2006.12.29(20:53)

20061223205327.jpg

20061223205337.jpg

根岸森林公園では、ツバキが次第に強くなってきていますが、サザンカもまだ頑張っています。

スイセンが咲きました

2006.12.28(20:44)

20061223204539.jpg

梅林の外れにある水仙の集落。例年は梅が満開になった頃に咲き始めるのに、もう開いている花があります。
暖かい日が続いてるので、紅葉は12月中旬まで楽しめましたし、水仙は開いてしまう。ちょっと調子の狂う年末です。毎年この頃の朝は、耳が痛くなるくらいに冷え込むのに、23日の朝も暖かくて、のんびりと散歩できました。

冬の朝のツバキ

2006.12.27(22:50)

20061223205133.jpg

12月23日、冬の朝のツバキは青空を背景にしてとても美しく感じます。

朝の芝生

2006.12.26(20:41)

20061223204220.jpg

朝早くスパンキーと根岸森林公園を散歩していて、芝生がこうなってくると、「ああ、冬だなあ」と感じます。
今年は暖かくて、なかなかこういう感じにはなりませんでした。
23日朝の撮影です。

サクラのバーコード

2006.12.25(20:41)

20061223203609.jpg

20061223203620.jpg

毎年冬至の頃に、根岸森林公園でこの写真を撮るのを楽しみにしています。
冬至の頃の朝、早起きして公園へ出かけ、朝日の昇りきった頃に撮影できます。

2006年12月

  1. オトメツバキ(12/31)
  2. 冬の朝のラクウショウ(落羽松)の気根(12/30)
  3. サザンカもまだ頑張っています(12/29)
  4. スイセンが咲きました(12/28)
  5. 冬の朝のツバキ(12/27)
  6. 朝の芝生(12/26)
  7. サクラのバーコード(12/25)
次のページ