FC2ブログ

『馬の博物館』の門松

2006.01.01(18:52)




 あけましておめでとうございます。
 元旦ですので、やはりそれらしい雰囲気の写真を選びました。

 私の自宅が根岸森林公園のすぐ近くに位置しており、毎土日には愛犬を連れて公園を散歩するのですが、そうしているうち園内の四季の変化を撮影して紹介するブログを作ったらどうだろうかと思いつき、昨年3月27日に当ブログを開設いたしました。
 撮影場所を根岸森林公園と、徒歩2分の自宅と、その周辺だけに限っているのは、それでどれだけのことができるか、という挑戦でもありますが、単に私が出不精だからということかも知れません。
 四季の変化を題材に、自然の一部を画面に切り取って紹介するということは、なかなか大変なことでもありますが、私にとっては楽しい試みでもあります。
 いつもご愛読いただいている皆様、本年もよろしくご贔屓にお願い申し上げます。

 さて、根岸森林公園は、慶応3年に日本初の洋式競馬が行われた場所です。明治13年にできた競馬場は昭和18年に戦争のため閉鎖され、戦後は米軍に接収されてゴルフ場として使われていました。
 昭和44年に米軍から返還を受け、森林公園として開演したのは昭和52年です。

 そうした経緯から、中央競馬会が園内に「馬の博物館」という施設を設置し、博物館のほか庭園と馬場、厩舎などがあります。
 門松のあるこの門は「馬の博物館」の正門です。

2006年01月01日

  1. 『馬の博物館』の門松(01/01)