FC2ブログ

山元町から「港の見える丘公園」までを歩く(2) 2020.05.16 -- 1

2020.05.16(21:00)

 さて、まだ「外交官の家」の庭にいる。
 よく面倒を見られ、美しく咲いている花々の中を散策するのは心地よい。

【アングロステンマ と オルレア】

20200513 外交官の家 アングロステンマとオルレア

 撮 影 日:2020.05.13
 撮影場所:外交官の家の庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ
 
 アングロステンマとオルレアはわが家の庭でもいまや主要プレイヤーだ。
 アングロステンマのビンク色はわが家の花よりも濃い。
 その組み合わせがなかなかよい。


【ガウラ】(和名:ヤマモモソウ、別名:ハクチョウソウ〈白蝶草〉)

20200513 外交官の家 ハクチョウソウの園芸種ブログ用

 アカバナ科ヤマモモソウ属の園芸種。基本種は白が知られている。
 私は自宅庭でかみさんが育てていたことがあり、ガウラの名前で知っていた。
 現在はヤマモモソウ属ではなくマツヨイグサ属との情報があるが、多忙につき追究していない。


【クロボシオオアマナ】(黒星大甘菜)

20200513 外交官の家 不明ブログ用

 多摩NTの住人 さんのご協力により、写真の花の名称が判明した。
 「クロボシオオアマナ」といい、オオアマナの仲間らしい。「クロボシオオアマナ」はキジカクシ科オオアマナ属の多年草。
 「松江の花図鑑」によると「西アジア、南アフリカ原産。地下に鱗茎(球根)があり、地際から花茎を伸ばしてカップ状の花が固まって咲く」とのこと。


【バラ各種】

20200513 外交官の家 アルブレヒト・デューラー・ローズブログ用


20200513 外交官の家 バラ2ブログ用

 この後、港の見える丘公園まで歩いたが、この日は多数のバラを見ている。
 山手西洋館街の庭園のバラは、わが家の庭のバラと似たような趣味になってきたようだ。
 以前はバラ園というと、フランス産のハイブリット・ティーローズが全盛だった。ひとつの茎の先に大輪の花が咲いている,という姿(高島屋の包装紙のような姿)が一般的だった。
 現在は英国、ドイツ、米国のバラも多くなり、ひとつの茎にたくさんの花を付けるフロリバンダ系のバラや、つるバラも増えて、咲き方も多種多様になって、楽しませてくれる。

20200513 外交官の家 バラ3ブログ用


【ユキノシタ】(雪の下)

20200513 外交官の家 ユキノシタブログ用

 ユキノシタ科ユキノシタ属。
 ユキノシタは匍匐枝でふえる。わが家の花壇でも前年とは違う場所に出てくることが多い。

 なお、「ハルユキノシタ」の存在を 楽 さんから教わった。山地の岩の上などに生えるらしい。
 見た目が本種とは少し異なるのですぐわかるが、私はまだ見たことがない。通常、園芸に用いられるのは上の写真のユキノシタだ。

《付録:外交官の家の外観 2》

20200513 外交官の家 外観 2ブログ用



山元町から「港の見える丘公園」までを歩く(1) 2020.05.15 -- 1

2020.05.15(21:00)

 新型コロナウイルス対応のための自粛要請にスキップの病気が加わり、私自身の毎日の歩数は大幅に激減した。室内での筋トレもほとんどやらなくなって約一週間。私を散歩に誘うスキップはもういない。
 「これではいけない」と、5月13日、体力復活をかけて、自宅から「港の見える丘公園」まで歩くことにした。
 山元町を抜けて尾根沿いに山手町を歩いて、山手西洋館街を抜けていく。
 その途中、季節の花々を撮影していくことにした。

【ムラサキカタバミ】

20200413 山元町付近 ムラサキカタバミブログ用

 撮 影 日:2020.05.13
 撮影場所:山元町付近
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下撮影場所のみ記載する

 南米原産の多年草で、比較的見つけやすい。わが家の庭にもある。
 江戸時代末期に鑑賞用として輸入された、という。
 淡紅色で濃い色の筋があり、雄しべの葯は白色だ。


【ヒメヒオウギ】(姫檜扇)

20200413 山元町付近 ヒメヒオウギブログ用

 撮影場所:山元町付近

 10年以上前に花壇で育てていたが、いまは玄関前のコンクリートの隙間とか、思い出したように妙なところへ出てくる。
 写真は山元町のあるお宅が育てているのが歩道へはみ出していた。
 南アフリカ原産、アヤメ科フリージア属の多年草。


【ニワゼキショウ】(庭石菖)
 
20200513 山手町付近 ニワサゼキショウブログ用

 撮影場所:山手町の空き地

 根岸森林公園では頻繁に草刈りするので大きく育たない。山手町の空き地では背が高く育っていた。
 赤紫色のものもあるが、私はこの色が好き。
 アヤメ科ニワゼキショウ属の一年草。


【ヒメツキミソウ】(姫月見草)

20200513 山手町付近 ヒメツキミソウブログ用

 撮影場所:山手町の空き地

 マツヨイグサの仲間と思われるが、炎天下の昼間に開花している。背丈は15cm くらいしかない。
 ニワゼキショウが育っているのだから、空き地の地質のせいではなく、元来背丈の低い品種だろう。
 アカバナ科マツヨイグサ属に、そういう園芸種があるというので、これがヒメツキミソウと呼ばれている品種かな、と思う。学名は Oenothera perennis、別名がヒメツキミソウとして知られているそうだ。
 薄いピンク色の「ヒルザキツキミソウ」(学名:Oenothera speciosa)とはまた別種である。


【ベニバナトチノキ】

20200513 外交官の家 ベニバナトチノキブログ用

 撮影場所:山手町・外交官の家 以下同じ

 さて、イタリア山公園の「外交官の家」まで歩いてきた。
 「外交官の家」は緊急事態宣言のため閉鎖中だが、前庭と裏庭の散策はできる。
 まず目立ったのはベニバナトチノキだった。

20200513 外交官の家 ベニバナトチノキ2ブログ用

 北米南部原産のアカバナトチノキとヨーロッパ原産のセイヨウトチノキ(マロニエ)の交雑種だそうだ。
 そこそこの大きさの木に紅い花を咲かせている姿は魅力的だが、花の細かいところを見ようとすると、太陽光の反射が強いほか、花序がゴタゴタとして細部がわかりにくい。
 ムクロジ科トチノキ属の落葉高木で、園芸種として植えられていることが多い。

20200513 外交官の家 ベニバナトチノキ3ブログ用


《付録:外交官の家の外観》

20200513 外交官の家 外観1ブログ用

 100mm マクロレンズしか持っていかなかったので、全体像は近すぎて写らない。
 雰囲気が味わえるように、一部だけでも撮してみた。
 前庭には数多くのバラなどが植えられていて最盛期を迎えていた。
 散策している人影はほとんどなく、花々だけが自己主張していた。
 その様子を次回に掲載したい。


《食香バラの試食報告(2)》

 今朝はサラダに入れて食べてみました。
 食感はレタスなどの野菜と変わりませんが、玉葱が入っていたので、香りなどは負けてしまって楽しめませんでした。
 やはり、昨晩のように、ローズ・ティーにして香りを楽しむのが正解のようです。


クリスマス飾り(最終回) 2017.12.25 -- 1

2017.12.25(14:20)

171222 元町スタージュエリー サンタ飾り

 撮影場所:横浜・元町
 撮影日:2017.12.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM

 元町の一角です。昨晩、サンタさんたちは大忙しだったでしょう。


【ベーリックホール の こども部屋】

171222 ベーリックホール 子ども部屋

 撮影場所:横浜・山手町 ベーリックホール
 撮影日:2017.12.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 下2枚も同じ

 山手西洋館街にもどって、ベーリックホールのこども部屋です。
 ベーリックホールで私が一番好きなのがこども部屋。ほかの西洋館には魅力的なこども部屋がないのです。


171222 ベーリックホール 子ども部屋のクラシックカー


171222 ベーリックホール 子ども部屋の蒸気機関車


【イギリス館 では アフタヌーン・ティーを】

171222 イギリス館 ティールーム

 撮影場所:横浜・山手町 イギリス館
 撮影日:2017.12.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 下2枚も同じ

 アフタヌーン・ティーの習慣を広めたのは英国の貴族たち。
 だからイギリス館ではティー・セットに注目しました。


171222 イギリス館 ダイニングのティーセット

 豪華なダイニングルームにもティー・セットが設えてありました。


171222 サンルーム ピクニックのティーセット

 サン・ルームにもピクニック用のティー・セットが…。

 さて、本日は Photoshop の 作業用カラースペースが sRGB であることを確認して作業をはじめましたので、みなさんのブラウザで見られる私の写真も、私が意図した通りに色調整がされているはずです。

 クリスマス飾りシリーズは本日で終了です。

外交官の家 〜 ルーマニアのクリスマス 2017.12.24 -- 1

2017.12.24(11:05)

171222 外交官の家 外観

 撮影場所:横浜山手町・外交官の家
 撮影日:2017.12.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 以下同じ

 前回に続いて「世界のクリスマス」シリーズ。
 外交官の家のクリスマスは「ルーマニアのクリスマス」です。
 外交官の家の外観は、下から上を見上げるのでどうしても暗い印象になりがちです。
 そこで今回は世間の流行に迎合して、いわゆる「インスタ映え」のする写真画像を狙ってみました。


171222 外交官の家 ダイニングルーム1

 まずはダイニングルームから。
 「ルーマニアのクリスマス」の装飾をされたのはカブリエラ・マンドレアさんだそうです。


171222 外交官の家 ダイニングルーム2


171222 外交官の家 ダイニングテーブル


171222 外交官の家 書斎

 こんな書斎が欲しいですね。
 PCを置いてもデザイン性が損なわれないようにするのは難しいかな。


171222 外交官の家 寝室


171222 外交官の家 サンルーム

 最後はサンルームです。
 小学生の頃、叔父が建築家だったので、影響を受けて自分の理想の家の設計遊びなどしていましたが、大人になってみれば、最大の難関は結局は建築資金に尽きるのでした。


 昨日は東京藝術大学のコンサートに出掛けたので、ブログの更新をできませんでした。
 クリスマスが過ぎてしまってはつまらないので、24日朝、慌てて更新しています。


【追記 11:51】

 前回のブラフ18番館の掲載写真もそうでしたが、きちんと編集処理したはずなのに、ブログに載せた写真を見ると色がくすんでメリハリが感じられないので悩んでいました。
 Photoshop での現像処理が Adobe RGBで行われ、ブログ掲載用のJPEG写真が sRGB に変換されるのが最後の段階だからではないか、と疑いました。
 Photoshop のバージョンアップを最近行ったせいかも知れないと考えて、Photoshop の設定を見直していましたが、どうもわかりにくい。
 ようやく見つけて先ほど訂正できた、と思いますが、反映されるのは次回の掲載写真からになります。
 うまくいくかどうか…。
 いろいろなソフトのバージョン・アップなどがいつも年末年始に集中してしまいます。MAC の OSの更新も近いうちにやらなくてはいけません。

ブラフ18番館のクリスマス飾り 2017.12.22 -- 1

2017.12.22(18:30)

171222 ブラフ18番館 外観

 撮影場所:横浜山手町・ブラフ18番館
 撮影日:2017.12.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 以下同じ

 ブラフ18番館は関東大震災後に山手町45番地に建てられたオーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅でした。
 この位置からの外観撮影は初めてです。
 山手西洋館では現在クリスマス飾りの展示が行われていて、ブラフ18番館のコンセプトは「ドイツのクリスマス」です。
 装飾は 食空間コーディネーター、ひがし きよみ さんによるものです。


171222 ブラフ18番館 ディナールーム2

 メインはやはり豪華なディナールーム。例年クリスマス飾りの撮影でもっとも気を遣います。


171222 ブラフ18番館 ディナールームのツリー3


171222 ブラフ18番館 ディナールームの隣室4

 西洋館ですから、やはり暖炉のある部屋とか、下の写真のサンルームとか…、いかにも外国文化を感じさせるところです。


171222 ブラフ18番館 サンルーム5


171222 ブラフ18番館 書斎の暖炉と飾り6


171222 ブラフ18番館 ティールーム6

 バッハのクリスマス・オラトリオの楽譜がピアノの鍵盤のところにあります。
 クリスマスの雰囲気は演出できますけれど、ピアノで弾く曲ではありません。ちょっといい加減なセッティングです。


171222 ブラフ18番館 寝室8

 Photoshop は現在「Photoshop CC 2018」となっていて、いつもの植物写真よりは、こうした室内写真に威力を発揮しています。
 室内は暗く、窓の外は明るい。そんな環境での広角レンズ撮影で、色をきちんと再現し、不自然さを感じさせないよう再現できます。

これがハナミズキの花だ !  2017.05.28 -- 1

2017.05.28(23:05)

170528 港の見える丘公園 ハナミズキの花

 撮影場所:港の見える丘公園
 撮影日:2017.05.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 今日はブログはお休みです。
 明日、皆様のところへお邪魔いたします。

外交官の家 2017.05.15 -- 1

2017.05.15(21:50)

170501 港の見える丘公園 外交官の家

 撮影場所:港の見える丘公園
 撮影日:2017.05.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 今晩も、ブログはお休みです。明日、通常の状態に復活いたします。
 みなさんのブログへも、明日訪問させていただきます、

 なお、写真は昨晩の「ブラフ18番館」と同様に、山手西洋館の模型です。
 ただし、模型といっても木立や花などの植物はすべて本物です。小さくても木立や繁みに見えるような植物を配して本物らしく見せているそうです。


ブラフ18番館 2017/05/14 -- 1

2017.05.14(23:20)

170501 港の見える丘公園 ブラフ18番館

 撮影場所:港の見える丘公園
 撮影日:2017.05.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 今晩は事情があって、ブログはお休みです。

ベトナムのクリスマス飾り(2) 〜 ベーリックホール

2016.12.22(21:00)

 ベーリックホールの「ベトナムのクリスマス飾り」の続きです。
 1階から階段を昇り2階へやってきました。

【2階・寝室】

161219 ベーリックホール ベッドルーム ベッド13

 撮影場所:横浜山手・ベーリックホール
 撮影日:2016.12.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 以下同じ

 2階の寝室です。
 窓が小さいため部屋全体は暗いのに、射し込む陽の光は強いのがこの部屋の特徴。陽射しの光の処理にかなり苦労しました。
 見物客の出入りが多いので、シャッターチャンスは僅かの隙を狙うしかありません。構図も限られてしまいます。


161219 ベーリックホール ベッドルーム 鏡14

 寝室の姿見です。
 混雑して角度がないので、こんな工夫をせざるを得ません。


161219 ベーリックホール ベッドルーム ドレッサー15

 寝室のドレッサー。


161219 ベーリックホール ベッドルーム プレゼビオ横長16

 寝室のプレゼビオです。
 キリスト生誕の様子などを人形で表現するのはイタリアの聖フランチェスコの故郷アッシジで始まった風習で、このフィギア飾りをイタリアでは「プレゼビオ」と呼びます。


161219 ベーリックホール ベッドルーム プレゼビオ縦17


【2階・廊下】

161219 ベーリックホール 老化壁飾り18

 寝室の外、廊下のクリスマス飾り。


161219 ベーリックホール 廊下コーナーの椅子19

 廊下の奥のコーナーのテーブルと椅子です。
 窓からの陽射しが床にレースの影を投げかけているこの空間の雰囲気は、はっとするほど美しかった。


【前庭】

161219 ベーリックホール 外庭 紅いバラ20

 最後は前庭の花壇のバラです。以前からアイスバーグとフリージアが植えられていましたが、このバラは初めてのように思います。
 残念ながら品種札が見つかりませんでした。


《色空間のことなど》

 風邪で家に閉じこもっていたあいだ、カメラ、現像ソフトの設定など、あれこれ見直したりしていました。
 以前から、「Photoshop で現像・調整した画像がブラウザでは正確に再現されない」と嘆いておりましたが、「カメラから Jpeg書き出しまで一貫して色空間をsRGB に統一していた」はずが、現像・調整処理のときだけ一時的に Adobe RGB になっていることに気が付きました。
 Adobe RGB は色の再現域が広いので、Photoshop での現像・調整を Adobe RGB やっていたなら、調整した画像がブラウザできれいに表現されないのは当たり前です。Photoshop 内の設定の過ちに長期間気が付いていませんでした。
 12月19日の記事から、sRGB の色空間で現像・調整処理するよう、設定を直しました。

 (注)私のディスプレイは 通常の sRGBの色空間よりやや広い色空間を再現できますが、Adobe RGBの色空間までは再現できません。みなさんの通常のPCのディスプレイやブラウザでは sRGB の色空間しか再現できません。
 ですから、グラビアや写真展出品などの目的なら、プロ用の特別なディスプレイで調整すればよいのですが、通常は、「カメラから最終処理まで sRGB で統一しておくのが適切・無難な対処方法」だということになります。

ベトナムのクリスマス飾り 〜 ベーリックホール

2016.12.20(17:50)

【ベーリックホール】

161219 ベーリックホール 全体

 撮影場所:横浜山手・ベーリックホール
 撮影日:2016.12.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 以下同じ

 イギリス人貿易商バートラム・ロバート・ベリックの邸宅として、1930年に建設されました。設計はアメリカ出身の建築家J・H・モーガンによるものです。


【玄関ホール】

161219 ベーリックホール 玄関ホール2


161219 ベーリックホール 玄関ホール案内プレート3

 横浜山手西洋館の8つの館では、毎年クリスマス・シーズンに「世界のクリスマス飾り」と称して、各館を競うようにして各国のクリスマス装飾を紹介するのが恒例となっております。
 各館それぞれの各年の事情によって、豪華になったり質素になったりいろいろなのですが、今年一番気に入ったのが「ベーリックホール」の「ベトナムのクリスマス」でした。


【ダイニング・ルーム】

161219 ベーリックホール ダイニングルーム ダイニングテーブル4


161219 ベーリックホール ダイニングルーム ダイニングテーブル5

 10時〜10時半頃にはもうかなり混雑しています。
 最近はクリスマス飾りを前にして初心者のカメラマンを指導する方もいて、そのあいだ周囲の方たちはほとんど撮影ができない状態を我慢していたり、マナーの悪さも目立っております。
 また、スマートフォンで撮影される方も多く、被写体を大きく写そうとテーブルに近寄り、ぺたっとくっつくようにして撮影される方もいます。これもマナー違反だと思うのですが、本人は周囲の目に気が付いていない。困ったことです。


161219 ベーリックホール ダイニングルーム ダイニングテーブル縦6

 天候のよい日で、窓からは強い陽が射し込んでいます。
 窓の外はは明るく、室内は暗い。ふつうは写真撮影にはかなり厳しいコンディションですが、それを逆に生かしたいとあれこれ工夫するのが、山手西洋館巡りの楽しみでもあります。


161219 ベーリックホール ダイニングルーム テーブル漆器の器7

 ダイニング・テーブルのこの漆器ですが、ベトナム特有のもので、外側は卵の殻が貼り付けられているのだそうです。


161219 ベーリックホール ダイニングルーム テーブルセットの飾り8


161219 ベーリックホール ダイニングルーム コーナー飾り8の2

 ダイニングルームの壁飾りです。


161219 ベーリックホール ダイニングルーム クリスマスツリー9

 ダイニングルームのクリスマス・ツリー。
 
 ダイニングルームを出て、玄関横のパーム・ルーム(Palm Room)へ入っていきます。


【パーム・ルーム】

161219 ベーリックホール オートバイのサンタ飾り10

 陽当たりのよい、広いサン・ルームです。
 サンタ飾りはかなり変わっていますね。


161219 ベーリックホール ホールの窓飾り11

 パーム・ルームの窓。


【階段】

161219 ベーリックホール 階段12

 玄関を入って、玄関ホールの左側がダイニング・ルーム、右側がパーム・ルーム、正面が2階への階段です。
 
 この階段を昇って寝室へ向かいますが、本日はここまで。
 次回、寝室などプライベートな空間のクリスマス飾りを紹介いたします。

港の見える丘公園と山手地区

  1. 山元町から「港の見える丘公園」までを歩く(2) 2020.05.16 -- 1(05/16)
  2. 山元町から「港の見える丘公園」までを歩く(1) 2020.05.15 -- 1(05/15)
  3. クリスマス飾り(最終回) 2017.12.25 -- 1(12/25)
  4. 外交官の家 〜 ルーマニアのクリスマス 2017.12.24 -- 1(12/24)
  5. ブラフ18番館のクリスマス飾り 2017.12.22 -- 1(12/22)
  6. これがハナミズキの花だ !  2017.05.28 -- 1(05/28)
  7. 外交官の家 2017.05.15 -- 1(05/15)
  8. ブラフ18番館 2017/05/14 -- 1(05/14)
  9. ベトナムのクリスマス飾り(2) 〜 ベーリックホール(12/22)
  10. ベトナムのクリスマス飾り 〜 ベーリックホール(12/20)
次のページ