ハマカンゾウ 2017.09.21 -- 1

2017.09.21(20:53)

170905 小石川植物園 ハマカンゾウ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.09.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 ユリ科ワスレグサ属の多年草。
 ハマカンゾウについては、私はノカンゾウとの見分け方がわからない。
 暖地の海岸などに群生するとあるが、小石川植物園では栽培している。
 「ノカンゾウに似るが、自生地がほぼ海岸に限られることと、冬季にも地上部の葉が残ることで判別できる」とWikipedia にはあるが、冬にならないとわからないのでは困る。


170905 小石川植物園 ハマカンゾウ2

 この花は9月5日に小石川植物園で撮影したのだが、ノカンゾウの咲き始めは7月で、いくらなんでも9月に咲き始めるノカンゾウは見たことがない。
 東京や横浜で9月に咲き始めた花を見た場合はハマカンゾウ、というわけだが、どうにもすっきりしないし、ハマカンゾウは伊豆では7月に咲いているらしい。

タヌキマメ 2017.09020 -- 1

2017.09.20(19:00)

170905 小石川植物園 タヌキマメ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.09.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 タヌキマメはマメ科タヌキマメ属の一年草。
 花と一緒に写っている毛がたくさん生えた豆みたいなものは、実らしい。
 いつ見ても、咲かせた花を見せているのはひとつの茎でひとつかふたつ。それが当たり前らしい。
 そして、この毛が生えた実からタヌキを連想するらしい。連想するのは「尾」だ、と「野草の名前[夏]」には書かれている。
 
 小石川植物園のタヌキマメは、分類標本園の区画を逃げだして、標本園全体に広がってしまい、あちらこちらで見られるので、これがタヌキマメだとわかったのは、昨年「多摩NTの住人」さんのブログを見たときだった。


170905 小石川植物園 タヌキマメアップ

 毛が生えている部分はじつは萼で、花の後に萼が大きくなり、豆果を包むのだそうである。(山渓ハンディ図鑑1より)
 だから、写真の花のすぐ背後にあって毛が生えているのは、花の萼であって実ではない。実は大きくなってぶら下がっている。
 
 昨年よりはわかりやすい写真を撮ろうと、1枚目は少し遠目から撮影している。

(注)ブログの更新速度をはやめています。
   この記事の前に「ソヨゴ」「シャリンバイの実」「ホウセンカ」などの記事があります。

ナンテンハギ 2017.09.15 -- 1

2017.09.15(19:25)

170905 小石川植物園 ナンテンハギ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.09.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ナンテンハギはマメ科ソラマメ属の多年草だ。名前にもかかわらず、ハギ属ではない。
 山里ではふつうに生えていて、食べられている山菜だそうだが、小豆菜などの菜で親しまれ、南天萩といっても通じないことがあるらしい。
 名前の由来は葉の形が南天に似ていて、花は萩に似ているからだそうだ。


170905 小石川植物園 ナンテンハギ2

 昨年も小石川植物園で撮影したが、写真としてはいまひとつだったし、初めて見る花が多すぎて紹介しきれなかった。
 今年はいずれ果実も撮影したい、と思っている。


170905 小石川植物園 ナンテンハギ3

 「フタバハギ」の別名があるが、葉が茎に一対ずつ並ぶように付く様子(写真では1枚目)は、かなり特徴的だ。
 ナンテンハギの花の様子は必ずしも私好みではないが、この写真記事の私なりの成果は、葉の様子がおもしろいことに気が付いたことである。

マルバルコウソウ 2017.09.14 -- 1

2017.09.14(20:40)

160927 小石川植物園 マルバルコウソウの実再録

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2016.09.27
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 上の写真は昨年9月27日に小石川植物園で撮影したマルバルコウソウの実だ。
 「花」と「熟した実」については、「宿題」になっていた。


170905 マルバルコウソウの実蕊の残骸付き

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.09.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 9月5日、小石川植物園で再び実を見つけ、探し回って、「蕊の残骸がついた実」「開きかけた花」「つぼみ」などを経て、最後にやっときれいに開いた花に辿り着いた。


170905 小石川植物園 マルバルコウソウのつぼみと蕊


170905 小石川植物園 マルバルコウソウの実とつぼみ


170905 小石川植物園 マルバルコウソウの花横とできかけの実


170905 小石川植物園 マルバルコウソウの花

 マルバルコウソウはヒルガオの仲間(ヒルガオ科サツマイモ属)で、「ルコウソウ」と「マルバルコウソウ」がある。「ルコウソウ」は葉がまったく違う。
 ルコウソウは羽状に裂けた細い葉で、一見マツバギクとか針葉樹とか、そんな植物の葉を連想するくらいだ。
 「縷紅草」と書き、「縷」は葉が細く切れ込んでいる様子のことだ。江戸時代に渡来し、「かぼちゃ朝顔」と呼ばれて親しまれたという。

 小さな朝顔のような赤い花を咲かせるつる草で、写真のような葉を付けるのがマルバルコウソウだ。
 いまでは野生化して、畑を覆ったりするので、嫌がられる雑草の仲間だそうである。

コボタンヅル 2017.09.11 -- 1

2017.09.11(14:20)

170905 小石川植物園 コボタンヅル全体

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.09.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 センニンソウ、ボタンヅル、コボタンヅルの3種の花は、とてもよく似ていて紛らわしいと言われるが、私はセンニンソウしか見たことがなかった。
 だから、コボタンヅルを見つけて大喜びしたことはご察しいただけると思う。


170905 小石川植物園 コボタンヅル1

 まずはたくさん咲いた花の様子が美しいのがよい。


170905 小石川植物園 コボタンヅル2

 例によって、「まず実物を見て写真を撮り、記事にするときに勉強する」というのが私のやり方だから、
 ボタンヅルは1回3出複葉で、コボタンヅルは2回3出複葉だなんて後からわかると、自分は葉の写真も含めてそれがわかるように写真を撮っているだろうか、と慌てることになる。
 今回は花と葉を含めた構図もそこそこ、魅力的な花がフォーカスもしっかり撮れた一枚の写真の中に、2回3出複葉であることがわかる何枚かがあった。
 「葉はまた来年」と書かずに済んで、どれだけほっとしたことか。

 (注)「2回3出複葉」とは、葉の中軸が3つに分かれ、さらに3裂する、という葉の付き方。


170905 小石川植物園 コボタンヅル3


170905 小石川植物園 コボタンヅル4

ホンアマリリス 〜 アマリリスとは? 2017.09.08 — 1

2017.09.08(20:35)

170905 小石川植物園 ホンアマリリス1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.09.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ヤサシイエンゲイによりますと、アマリリスとは「南アメリカに約70種が分布する球根植物です。ヒガンバナ科ヒッペアストルム属に分類されていますが、昔は同科アマリリス属に入れられていたので、その名残で今でもアマリリスと呼ばれています」ということで、
 「園芸の世界で現在アマリリスと呼ばれている花は、本来のアマリリスではない」というややこしい状態になっているようです。

 それで今晩の写真は本来のアマリリス。つまり、「ヒッペアストルム属」ではなく、現在でも「アマリリス属」に入れられているベラドンナ・リリー(和名:ホンアマリリス)です。分類上はこちらが本当のアマリリスです。


170905 小石川植物園 ホンアマリリス2

 園芸の世界では、ある程度人気が出て親しまれた花は、たとえ植物学上間違った名前であっても、一般人が親しんだ名前が使われていく、ということですね。

ケンポナシの実 2017.09.07 -- 1

2017.09.07(14:00)

【7月8日】

170708 小石川植物園 ケンポナシの実

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.07.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下日付以外は同じ

 6、7月頃に咲くという花を撮り損ねたというのに、記事にするのは気が引けますが、この木の特徴は「実の付き方」にあるので、写真を掲載することにします。
 まずは実が付き始めた頃の写真です。この頃はとくに違和感はありません。


【8月9日】

170809 小石川植物園 ケンポナシの実1

 しかし、日が経つにつれ、少しおかしな変化が出てきます。実ではなくて、実が付いている果柄の一部が太く折れ曲がって肥大してくるのです。


170809 小石川植物園 ケンポナシの実2


【9月5日】

170905 小石川植物園 ケンポナシの実1

 果実が黒くなる頃、この果柄は梨の香りがしておいしくなるとのこと。
 もう少し待たなければなりません。
 果実ではなくて果柄が食べられるなんて、変わった植物だと思いませんか。


170905 小石川植物園 ケンポナシの実2

 花を見逃したのは残念ですが、そもそも小石川植物園のここにケンポナシの木がある、ということに気が付いていませんでした。
 クロウメモドキ科ケンポナシ属の落葉高木で高さは15〜20m になるそうです。


〈天秤棒のようなケンポナシの実〉

170905 小石川植物園 天秤棒のようなケンポナシの実

 名前の由来はテンボウナシが転訛したものと言われますが、棒手振り(江戸時代の物売り)が担ぐ天秤棒のことを梨の頭に付けて「天棒梨」と言い、それが訛ったということらしい。
 私は自分が撮影した上の写真を見てすなおに納得しましたが、病気や怪我で手を煩った状態を言ったもの、という説があるらしい。

 この木は「自然大好き《道端観察記》」のYAKUMAさんに教わりました。「健保なし」っていったいどういう名前なんだ? と印象深かったので、ずっと気になっていました(笑)
 花は来年また頑張ります。

小石川植物園・日本庭園のサルスベリ 2017.09.02 -- 1

2017.09.02(20:10)

170809 小石川植物園 サルスベリ1

 撮影場所:舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 本日はブログはお休みとさせていただきます。


170809 小石川植物園 サルスベリ2


170809 小石川植物園 サルスベリ3

アオツヅラフジ 2017.08.28 -- 1

2017.08.28(21:25)

170809 小石川植物園 アオツヅラフジ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.08.09
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ツヅラフジ科のアオツヅラフジはいろいろと役に立つ植物らしい。
 ・蔓(つる)を編んで葛籠(つづら)を作るのに使われた。
 ・生薬 木防已(もくぼうい)はアオツヅラフジの根とツルをとって輪切りにしたもの。これを煎じて服用すると、むくみのときの利尿薬として薬効がある、という。


170708 小石川植物園 アオツヅラフジの葉

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.07.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 葉のかたちは、変化があるようなので、私の写真だけを参考になさらない方がよい、と思う。


170809 小石川植物園 アオツヅラフジ2

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.08.09
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 実は青黒く熟すらしい。蔓(つる)も最後は紫黒色に変わっていくそうだ。


170809 小石川植物園 アオツヅラフジの花アップ

 花は萼片と花弁が白で、花心の部分が黄色っぽく見えるが、全体が陽光を反射して光り、カメラを向けてもさっぱり焦点が合わない。小さいし、肉眼では眩しくて細部がよくわからない。
 8月9日には10枚以上撮影してみたが全滅だった。
 1枚くらいはなんとか加工して花のかたちがわかるようにしよう、と努力した。思い切り暗くした上でコントラストを上げた。だから背景は黒く落ちている。その結果が上の写真だが、見ればどうみても雌花だ。

 調べて見ると雌雄異株だという。雄株はきっと隣りに植えられていたのだろうが、雄花を見逃してしまったようだ。
 雌花の構造は、小さい萼片3枚、大きい萼片3枚、もっと小さい花弁で先が2裂している花弁が6枚。
 雌花は柱頭は6裂、子房も6つに分かれていて、写真ではもっともレンズに近いほうに、花弁と萼を落としてこれから実になろうとしている子房が突き出て見えている。焦点は花に合っているので、子房はボケて見えている。


〈参考〉ツヅラフジ

170708 小石川植物園 ツヅラフジの葉

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.07.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 ツヅラフジ科には当然のことながらツヅラフジがある。小石川植物園ではアオツヅラフジの隣りだ。
 ところがツヅラフジはさっぱり蔓を伸ばしていない。地面を這うこともある、というが、確かにそんなふうにも見えた。
 一般にツヅラフジのほうが葉が大きいそうだ。花は咲かなかったのか、見逃したのかわからないが、実も見えない。
 ツヅラフジについては、もう1年、継続観察していくことにしよう。


170708 小石川植物園 アオツヅラフジの雄花

 記事を終わりにしようかと思ったら、雄花の写真が出てきた。
 なんとか雄花だと判別できる程度の写真だ。

 今晩の記事は全般に画質が悪いが、炎天下で照り返しが強く、小さな白い花はたいへん撮りにくかった。
 実が熟すのをフォローするつもりだが、花の写真は来年また撮り直すしかない。

キアゲハの幼虫 と ウイキョウ(フェンネル)の花 2017.08.16 -- 1

2017.08.16(21:30)

170624 小石川植物園 ウイキョウの花咲き始め

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.06.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 わが家の玄関前でかみさんがフェンネルを育てたのは2004年のことでした。
 きれいに咲いたな、と見ていたら派手な模様の幼虫が大発生。調べたら、キアゲハの幼虫でした。
 ブログの開設前のことで、写真はどこかに残っていると思いますが、すぐには見つかりません。


170708 小石川植物園 ウイキョウ全体

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.07.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 2006年にキアゲハの幼虫と再会したのは鉢植えのバセリでした。このときはブログの記事にしました。
 2008年は近所の崖のアシタバで大発生。これもブログの記事にしました。
 2015年はやはりプランターのパセリ。2匹だったのでかみさんはプランターのパセリで育てようとしたのですが、結局ほとんどのパセリの葉がキアゲハの幼虫に食われてしまいました。


170708 小石川植物園 ウイキョウの花とキアゲハの幼虫

 さて、今年は小石川植物園の薬草保存園で「ウイキョウ」の札を発見。
 咲いている様子を見ていたら、なんだかフェンネルに似ています。
 7月、キアゲハの幼虫が大発生したときに、「ウイキョウってフェンネルのことなんだ」とやっと気が付きました。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ1

 今回の写真は小石川植物園で撮影したものですが、7月中旬、千葉に住んでいる長女から、庭のフェンネルをチョウの幼虫に食われたと報告が入りました。
 やはりキアゲハでした。なんと、25匹も発生したとのこと!
 しかし、ある日の朝突然、5匹ばかりを残して急にいなくなり、どうしたかと思ったら両隣の家から、「わが家に変な虫がいるんですがなんだかわかりますか」と聞かれたそうです。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ2

 へぇー、キアゲハの幼虫って、食草を食べ尽くすと移動するんだ、とわかりました。
 残った幼虫はすぐ蛹になって、それを虫かごに入れて、キアゲハになるのを3歳半の長男と観察できた、と報告がありました。
 伊勢、熊野への旅行は、この騒ぎを終えて8月に入ってからのことです。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ3

 ジャコウアゲハの幼虫の記事を書いたのは、YAKUMAさんのところで成虫のチョウの写真が出てきたのがきっかけ。
 キアゲハの幼虫はもう時季外れになりますが、ジャコウアゲハの幼虫の記事を書いたので、今晩はそのついでにキアハゲの幼虫の回想記事を書いてみよう、と思いつきました。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ4

小石川植物園

  1. ハマカンゾウ 2017.09.21 -- 1(09/21)
  2. タヌキマメ 2017.09020 -- 1(09/20)
  3. ナンテンハギ 2017.09.15 -- 1(09/15)
  4. マルバルコウソウ 2017.09.14 -- 1(09/14)
  5. コボタンヅル 2017.09.11 -- 1(09/11)
  6. ホンアマリリス 〜 アマリリスとは? 2017.09.08 — 1(09/08)
  7. ケンポナシの実 2017.09.07 -- 1(09/07)
  8. 小石川植物園・日本庭園のサルスベリ 2017.09.02 -- 1(09/02)
  9. アオツヅラフジ 2017.08.28 -- 1(08/28)
  10. キアゲハの幼虫 と ウイキョウ(フェンネル)の花 2017.08.16 -- 1(08/16)
次のページ