FC2ブログ

リュウキュウツツジ(琉球躑躅) 2019.05.29 -- 1

2019.05.29(20:05)

 今晩の記事では「リュウキュウツツジ」(琉球躑躅)を扱う。
 まずお復習いだ。

 前回のツツジの記事で「モチツツジ」(黐躑躅)について「萼の辺りを触ると毛があって、ねばねばする」などと書いた。
 次に、見た目がモチツツジとよく似たツツジとして「キシツツジ」(岸躑躅)がある、と書いて写真を掲載した。
 もう一度写真を掲載する。


【モチツツジ】(黐躑躅)


180410 小石川植物園 モチツツジ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.10
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ、撮影日付のみ異なります


【キシツツジ】(岸躑躅)2019.04.28撮影

190428 小石川植物園 キシツツジ

 次に、下にキシツツジの園芸種で「京鹿の子」の写真を掲載する。
 本来のキシツツジより少し色が薄く上品になっている。


【京鹿の子】(キシツツジの園芸種)2019.04.28撮影

190428 小石川植物園 キシツツジ京鹿の子


 さて、いよいよ「リュウキュウツツジ」(琉球躑躅)だが、とくに琉球に咲いているわけではない。
 リュウキュウツツジは江戸時代から栽培されており、上の写真の岸躑躅(キシツツジ)と黐躑躅(モチツツジ)の交雑種とする説が有力だそうだ。(キシツツジの変種という説もあるらしい)
 「琉球つつじ」だから琉球が原産地なのか、というと、図鑑などの「自生地(原産地)」の項目には「園芸種」と表示されているのが一般的だ。


【江戸の園芸】

 「なんだ! 園芸種か」という反応はちょっといただけない。
 現在盛んに栽培されている花木の園芸種と異なり、江戸時代の園芸種はわが国の歴史であり、庶民文化の顕れなのだ。
 江戸時代にさかんに栽培された園芸種はツツジのほかにも数多くある。たとえばサクラソウ、アサガオ、ハナショウブ、ツバキなど。
 NHKでは1ヶ月ほど前から月1回「江戸の園芸」の特集番組を放送している。

 さて、ツツジの話だが、津藩藤堂家出入りの伊藤伊兵衛は、藤堂家下屋敷が駒込染井に移転したとき伊藤一家も染井に居を移した。そして三代目伊藤伊兵衛は江戸一番の園芸家として知られるようになったという。
 とくに知られているのは、伊兵衛は鹿児島県霧島の真っ赤なツツジを自邸に植え、「ホンキリシマ(本霧島)」としてそれを公開。それをきっかけに「ホンキリシマ」が江戸で大流行するようになったという。


【白琉球】2018.04.13撮影

180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ白琉球

 リュウキュウツツジもそうした江戸園芸の流れに沿ったものだ。
 リュウキュウツツジというと、「白琉球」(シロリュウキュウ)がもっとも一般的なリュウキュウツツジとして扱われているようだが、経緯はいまひとつよくわからない。
 以下、小石川植物園で見ることのできるリュウキュウツツジを、名前と写真で紹介していく。
 昨年の春に撮影した写真も多い。


【琉球躑躅・薄葉】2018.04.13撮影

180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ薄葉


【琉球躑躅・尾引絞】2018.04.13撮影

180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ尾引絞


【琉球躑躅・藤万葉】2018.04.13撮影

180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ藤万葉2


180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ藤万葉


【琉球躑躅・白雪】2018.04.13撮影

180420 小石川植物園 リュウキュウツツジ白雪

 キリシマツツジにも「白雪」があるが、どうやらそれとは別の「白雪」らしい。


【琉球躑躅・南京紫】2018.04.20撮影

190428 小石川植物園 リュウキュウツツジ南京紫

 以上、リュウキュウツツジをお楽しみいただけたなら幸いだ。

イカリソウ(碇草) 2019.05.23 -- 1 

2019.05.23(21:30)

190428 小石川植物園 イカリソウ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.10
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 今晩は都合によりブログはお休みです。

モチツツジ(黐躑躅)とその仲間たち 2019.05.22 -- 1

2019.05.22(20:30)

【モチツツジ】(黐躑躅)

〈2018.04.10 撮影〉

180410 小石川植物園 モチツツジ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.10
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ、撮影日付のみ異なります

 ツツジ科ツツジ属にはモチツツジ(黐躑躅)と言われる一群がある。
 モチツツジかどうか確かめるときには、花の萼のあたりを触ってみればわかる。べとついているからだ。
 これは腺毛と言われるものがあって、そこから粘着性のある液を分泌しているのだそうだ。昆虫による食害を防ぐ手段として発達したと言われているらしい。
 なお、雄しべは5本が基本らしいが、上の写真には6、7本が見える。
 写真はほとんどが本年の撮影だが、一部昨年撮影したものも今回の記事で使用する。


〈2019/04.28 撮影〉

190428 小石川植物園 モチツツジ原種

 写真に見える雄しべの数にかかわらず、植物園の立て札は「モチツツジ」であり、花弁の模様と、花の萼の付近をよく観察すれば典型的な腺毛が見えるので、モチツツジに間違いはないだろう。
 私はたぶん触って確認しているはずだ。


【キシツツジ】(岸躑躅)

〈2019.04.28 撮影〉

190428 小石川植物園 キシツツジ

 モチツツジとよく似ているとされる品種に「キシツツジ」がある。
 モチツツジが伊豆半島以西の本州及び四国に分布するのに対し、キシツツジはもっと西、九州などの川原などに分布しているそうだ。花はよく似ているが、雄しべが10本だという。


《モチツツジの仲間たち》

 さて、以降小石川植物園で見られるモチツツジの仲間たちの写真を紹介しよう。
 園芸種も多くあり、「花車」「青海波」などは江戸時代からよく知られているらしい。


【ハナグルマ】(花車)2018.04.10 撮影

180410 小石川植物園 モチツツジ 花車3

 江戸時代から続いているモチツツジの代表的な園芸種。


180410 小石川植物園 モチツツジ 花車4


【セイガイハ】(青海波)以降すべて 2019.04.28 撮影

190428 小石川植物園 青海波1

  江戸時代から続いているモチツツジの代表的な園芸種で江戸期の人々に好まれた古品種。


190428 小石川植物園 青海波2


【アワノモチツツジ】(阿波の黐躑躅)

190428 小石川植物園 アワノモチツツジ2

 アワノモチツツジは阿波(徳島県)に自生。雄しべは10本。


【ギンノザイ】(銀麾)

190428 小石川植物園 モチツツジ ギンノザイ

 モチツツジ系の園芸種。大正時代に目録に掲載されているそうだ。
 自分の撮影した写真を見ても、何が何だか…。


【コチョウゾロイ】(胡蝶揃)

190428 小石川植物園 胡蝶揃

 江戸時代から続いているモチツツジの代表的な園芸種。


【シロバナモチツツジ】(白花黐躑躅)

190428 小石川植物園 シロバナモチツツジ

 モチツツジの白花変種。

ハンカチノキ 2019.05.20 -- 1

2019.05.20(20:30)

190428 小石川植物園 ハンカチノキ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.04.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ハンカチノキの花といっても、じつは花弁はなくて、たくさんの雄花と1つの雌花が真中のところの球体をつくり、それを2枚の苞が抱いている、というかたちになっている。
 昨年は「雄しべ雌しべはどうなっているのか」追究する記事を書いたが、あんな面倒なことはもうやりたくないので、今回はごく気楽に「白いハンカチ」がぶら下がっている写真を並べよう。


190428 小石川植物園 ハンカチノキ2

 「ハンカチノキを見上げてわいわいさわぐ」というのは、めずらしい季節の風物を見て「自分は見たぞ」と言いたい人たちが集まって、列をなして見学して満足するという、4月終わり頃のひとつのイベントのようになっているらしい。
 今年も長い連休を前に、みなさん気分が浮き浮きしていたのかも知れない。


190428 小石川植物園 ハンカチノキ3


190428 小石川植物園 ハンカチノキ4


《ハンカチノキの花の雄しべと雌しべ》

201804 小石川 ハンカチノキ雄しべ再録

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.10 または 04.13
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 そうはいっても、蘊蓄ゼロというのは、あまりに「ディックの花通信」らしくないので、最後に、昨年撮影した雄しべと雌しべが判別できる写真を2枚、入れておく。
 同じ写真の使い回しなら楽なものである(笑)。


201804 小石川 ハンカチノキ雄しべと雌しべ再録


ミツバツツジの仲間たち(後編) 2019.05.18 -- 1

2019.05.18(20:30)

 5月15日のミツバツツジの記事の続きだ。
 前回は、ハヤトミツバツツジ(鹿児島)、ミツバツツジ(関東)、ナンゴクミツバツツジ(九州)を掲載した。
 今回は、シロバナコバノミツバツツジ(中部)、タカクマミツバツツジ(大隅半島)、キヨスミミツバツツジ(千葉県、静岡県等)、トウゴクミツバツツジ(関東)を掲載しよう。


【シロバナコバノミツバツツジ】(4月6日)

190406 小石川植物園 シロバナコバノミツバツツジ2

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.04.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ、撮影日付のみ異なります


190406 小石川植物園 シロバナコバノミツバツツジ3


【タカクマミツバツツジ】(4月13日)

190413 小石川植物園 タカクマミツバツツジ1


190413 小石川植物園 タカクマミツバツツジ2


【キヨスミミツバツツジ】(4月28日)

190428 小石川植物園 キヨスミミツバツツジ1


190428 小石川植物園 キヨスミミツバツツジ2


【トウゴクミツバツツジ】(4月28日)

190428 小石川植物園 トウゴクミツバツツジ1


190428 小石川植物園 トウゴクミツバツツジ2


ミツバツツジと仲間たち(前編) 2019.05.16 -- 1

2019.05.16(20:30)

【ミツバツツジ】(4月6日)

190406 小石川植物園 ミツバツツジ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.04.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ、撮影日付のみ異なります

 ミツバツツジ(三葉躑躅)は枝先に3枚の葉を出すことから和名がミツバツツジとなった。
 また、ミツバツツジの仲間は、ツツジの中で最も早く開花するツツジとして知られている。
 ミツバツツジ類は、日本を中心としたアジア東部に、約30種があるそうだ。
 ミツバツツジの中で最も早く開花するのは「ハヤトミツバツツジ」(隼人三葉躑躅)である。

 ミツバツツジ類は葉が展開する前、あるいは葉が出始めるのと同時に開花するので、花がよく目立つという特徴があるが、カメラマン目線になると、ほかの色が入らないので背景が同じ色になり、撮影はとてもやりにくい。
 花が咲きはじめたら早めに撮影するか、斜め上から枝先に近い花を撮るのがよさそうと気がついたときには、もうミツバツツジの時季は終盤だった。


190406 小石川植物園 ミツバツツジ2

 「ミツバツツジ類の多くは雄しべが10本なのに対し、基本種のミツバツツジは5本であることが大きな特徴」と言われているようだ。
 ただし、種類によっては雄しべに長短があり、数えるときには注意しないと見えにくい雄しべがあるので要注意だ。
 この春はいくつかのミツバツツジ類の撮影を試みたので、撮影時期によりやや難の多い写真もあるが、一応並べてみようと思う。

 撮影したミツバツツジ類 〜 ハヤトミツバツツジ(鹿児島)、ミツバツツジ(関東)、ナンゴクミツバツツジ(九州)、シロバナコバノミツバツツジ(中部)、タカクマミツバツツジ(大隅半島)、キヨスミミツバツツジ(千葉県、静岡県等)、トウゴクミツバツツジ(関東)〜 以上、おおよその咲いた順番


【ハヤトミツバツツジ】(3月13日)

190313 小石川植物園 ハヤトミツバツツジ1


190313 小石川植物園 ハヤトミツバツツジ2


190313 小石川植物園 ハヤトミツバツツジ3


190313 小石川植物園 ハヤトミツバツツジ4


【ナンゴクミツバツツジ】(4月6日)

190406 ナンゴクミツバツツジ1


190406 ナンゴクミツバツツジ2


190406 ナンゴクミツバツツジ3


190406 ナンゴクミツバツツジ4

 以下は次回に続きます。



アオナシ(青梨) 2019.05.14 -- 1

2019.05.14(20:30)

 「四季の山野草」というサイトによると、現在の果樹としてのナシ(梨)は日本原産のアオナシとヤマナシ(山梨)の雑種で、数多くの種類があるそうだ。
 そうなると、アオナシとヤマナシの花と実をそれぞれ見てみたくなる。


【アオナシ】(青梨)

190406 小石川植物園 アオナシ3

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.04.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 これが「アオナシ」の花だ。


190406 小石川植物園 アオナシ2

 咲いたばかりで雄しべに葯がしっかり付いた状態だと、上の写真のようになる。
 この赤い葯はナシの花の「一番の魅力」といってよいだろう。


190406 小石川植物園 アオナシ4

 ただ、1枚目の写真に見られるように、葯は比較的早く落ちてしまうようだ。
 落ちてしまうと、1枚目の写真の右下の花のように、ちょっと寂しくなってしまう。
 遠目にはただの黒い点になってしまうのだ。


190406 小石川植物園 アオナシ5


190406 小石川植物園 アオナシ6

 この写真の花では、赤い葯が落ち始めているようだ。


【ヤマナシ】(山梨)

 昨年の秋のことだが、小石川植物園の深い森で大きな梨がごろっと転がっているのを見つけて驚いたことがある。こんな実が落ちてきたときに真下にいたら…、と思うとぞっとした。
 見上げても木が大きすぎて、どれがナシの木なのかわからなかった。
 4月6日、詳しい方からヤマナシの花を教わった。何の名札もないのだが、近くにヤマナシの巨木があって、その種子から近くに若い木が育っており、その花らしい。
 
 見たところ、雄しべの先が黒い点になっていた。薄暗い林の中で、どう努力してもよい写真は撮れなかった。
 ただ、あとでアオナシの花を見て気がついた。雄しべの先の黒い点は、どうやら赤い葯が落ちた痕らしい。
 そんな写真をお見せしてもつまらないし、花はアオナシとよく似ているので今回は省略させていただこう、と思う。

〈注〉
 4月上旬の写真でもう時季外れだが、花がきれいなので載せておきたく、失礼させていただきました。

ハチジョウキブシ(八丈木五倍子) 2019.04.26 -- 2

2019.04.26(21:00)

190327 小石川植物園 ハチジョウキブシ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.03.27
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 ハチジョウキブシ(八丈木五倍子)だ。
 写真は小石川植物園で3月27日に撮影したものだが、よく知られているのは新宿御苑新宿門付近のハチジョウキブシだ。
 関東地方南部、東海地方、伊豆諸島に分布するそうだ。海岸近くに生え、枝が太く花序と葉が長く、果実も大きい。


190327 小石川植物園 ハチジョウキブシ2

 キブシ(木五倍子)は、キブシ科キブシ属に属する落葉低木で、和名は、果実を染料の原料である五倍子(ふし)の代用として使ったことによる、という。里山などで見るキブシの花は、ハチジョウキブシほどには長く垂れ下がらない。ハチジョウキブシはキブシの一変種ということだろう。


〈注〉
 今晩はこの記事の前に「タンチョウソウ」(丹頂草)の記事があります。

タンチョウソウ(丹頂草) 2019.04.26 -- 1

2019.04.26(20:59)

190327 小石川植物園 タンチョウソウ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.03.27
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 タンチョウソウ(丹頂草)は中国東北部から朝鮮半島の低山から山地に分布する。川岸の岩上や川沿いの岩壁に生えるそうだ。地面を這う頑丈な根茎から、ヤツデやモミジを思わせるような7裂に切れ込んだ葉を数枚広げるという。(以上NHKみんなの園芸 に拠る)
 白い萼と白い花弁が重なり合って、花びらが10枚あるように見えている。
 園芸種もたくさんあるらしい。小葉性、石化、赤葉、斑入り、赤花などがあるという。


180325 小石川植物園 タンチョウソウ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.03.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 しかし、小石川植物園の場合、葉が出てくる前に花が咲き、葉を入れて撮影することはできない。
 2枚目は昨年2018年3月25日の写真だが、ご覧の通りだ。
 葉がないと、どうもおもしろくない。ネットの写真では花と葉があるものが紹介されていて、それなら園芸種としてまずまずおもしろいと思う。

ふつうのニリンソウ(二輪草)と変化した二輪草 2019.04.20 -- 2

2019.04.20(21:00)

190406 小石川植物園 ふつうのニリンソウ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.04.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 ふつうの二輪草ですが、左上の花は、少しおかしい。
 花弁の形がくずれ、枚数も多いようです。


190406 小石川植物園 変化したニリンソウ2

 小石川植物園では、大半の繁みはふつうの二輪草ですが、上の写真の花は花弁が9枚もありました。


190406 小石川植物園 変化したニリンソウ3

 暗いところに多いので、写真がやや苦しいですが、ご容赦ください。


190406 小石川植物園 変化したニリンソウ4

 最後の写真はよく撮れています。花弁は8枚。やや尖り気味。


《追加の1枚》

190404 自然教育園 いろいろな二輪草

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:2019.04.04
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 上は4月4日に白金台の自然教育園で撮影した写真。
 いろいろな二輪草が写っています。


〈注〉
 今晩はこの記事の前に「ヤエノオオシマザクラ」の写真記事があります。
 併せてお楽しみいただければ幸いです。

小石川植物園

  1. リュウキュウツツジ(琉球躑躅) 2019.05.29 -- 1(05/29)
  2. イカリソウ(碇草) 2019.05.23 -- 1 (05/23)
  3. モチツツジ(黐躑躅)とその仲間たち 2019.05.22 -- 1(05/22)
  4. ハンカチノキ 2019.05.20 -- 1(05/20)
  5. ミツバツツジの仲間たち(後編) 2019.05.18 -- 1(05/18)
  6. ミツバツツジと仲間たち(前編) 2019.05.16 -- 1(05/16)
  7. アオナシ(青梨) 2019.05.14 -- 1(05/14)
  8. ハチジョウキブシ(八丈木五倍子) 2019.04.26 -- 2(04/26)
  9. タンチョウソウ(丹頂草) 2019.04.26 -- 1(04/26)
  10. ふつうのニリンソウ(二輪草)と変化した二輪草 2019.04.20 -- 2(04/20)
次のページ