ハチジョウキブシ 2017.03.27 -- 2

2017.03.27(23:00)

170319 小石川植物園 ハチジョウキブシ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 ヒマラヤキブシの記事(2017.03.25 — 1)の記事で、日本のキブシには、ハチジョウキブシ、ナンバンキブシ、エノシマキブシなどがあると書きました。この「ハチジョウキブシ」はナンバンキブシに含める、との見解もあるそうです。
 見た目が壮観です。長い花房とその数がとても多い。


170319 小石川植物園 ハチジョウキブシ2

 朝日新聞社の『花おりおり』の第4巻によりますと、花は花弁4枚、雄しべ8本、雌しべ4室だそうです。
 この株は雄しべの葯に花粉が付いているのが見え、雄株のようでした。


170319 小石川植物園 ハチジョウキブシ3

 そうはいっても。ある方が小石川植物園でハチジョウキブシの実がなっていないか確認したところ、ごく少数ですが、実っているのを確認したそうです。雄株とはいえ、実がまったくならないわけではないらしい、と書かれていました。


170319 小石川植物園 ハチジョウキブシ4

 じつは、「小石川植物園で3月19日に初めて見た花」だけでもかなりたくさんのストックがあります。
 現在のペースで写真を掲載していては、大量のデッドストックができてしまいそうなので、1日の記事の数を増やしたい、と考えております。写真を整理・現像し、それらの植物を調べ、記事を書き続ける体力と、次々と花開く春の勢いとの競争になってきますが、頑張りたいと思います。

 この記事の前には「ハナモモ 寒白」「ツバキ 光源氏」などの記事があります。

光源氏(ツバキ) 2017.03.26 -- 2

2017.03.26(16:00)

170319 小石川植物園 光源氏1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 その名の通り華やかで雅な雰囲気のためか、横浜市環境支援センターにも植えられていているので、きれいに咲いたところを撮ってやろうと2月から追いかけましたが、私が出掛けたときは花が傷んでいるときが多く、なかなかタイミングが合いません。
 3月19日の小石川植物園ではかなり数多くの花が開いていましたから、3月中旬以降が花期なのかも知れません。


170319 小石川植物園 光源氏2

 あるサイトの情報では、安政6年の書物に載っているといいますから、江戸時代からある品種なのでしょう。


 じつは、「小石川植物園で3月19日に初めて見た花」だけでもかなりたくさんのストックがあります。
 現在のペースで写真を掲載していては、大量のデッドストックができてしまいそうなので、1日の記事の数を増やしたい、と考えております。写真を整理・現像し、それらの植物を調べ、記事を書き続ける体力と、次々と花開く春の勢いとの競争になってきますが、頑張りたいと思います。

 この記事の前には「寒咲き大島」「ヒマラヤキブシ」などの記事があります。

寒咲き大島 2017.03.26 -- 1

2017.03.26(09:10)

170319 小石川植物園 寒咲き大島1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 こんなに早くオオシマザクラ? 、とびっくりしました。
 しかも花心が紅く染まっている花があるということは、開花してからもうかなり咲き進んでいる、ということです。
 木の周囲をぐるぐる回ってみると、「寒咲き大島」の札が見つかりました。
 オオシマザクラの園芸種か、変異種で、開花時期が早い種類なのでしょう。

 3月24日のマメザクラ(品種:早春桜)の記事で、トップの写真の右側に写っている白いサクラです。


170319 小石川植物園 寒咲き大島2

 東京都大島支庁の一言コメントを見つけました。
 「寒咲大島は島内のオオシマザクラから特に
  早咲きのものを選抜した品種です。
  例年クリスマスの頃には、ちらほらと咲き始めます。
  公園(大島公園)内に植えられた寒咲大島が今見頃です。
 (※3月2日現在)」とのことでした。

 さすが小石川植物園、いろいろとめずらしい花が見つかります。


170319 小石川植物園 寒咲き大島3


170319 小石川植物園 寒咲き大島の幹

 この寒咲き大島、幹はご覧のように立派なのですが、着生しているのはノキシノブ(軒忍)でしょうか。


 じつは、「小石川植物園で3月19日に初めて見た花」だけでもかなりたくさんのストックがあります。
 現在のペースで写真を掲載していては、大量のデッドストックができてしまいそうなので、1日の記事の数を増やしたい、と考えております。写真を整理・現像し、それらの植物を調べ、記事を書き続ける体力と、次々と花開く春の勢いとの競争になってきますが、頑張りたいと思います。

 この記事の前に、昨晩の「ヒマラヤキブシ」の記事があります。

ヒマラヤキブシ 2017.03.25 -- 1

2017.03.25(20:20)

170319 小石川植物園 ヒマラヤキブシ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 次の写真も同じ

 ひと目見て「あ、きれいだ!」と思いました。
 小石川植物園のヒマラヤキブシです。

 キブシは、日本のキブシ と 外国のキブシとがあるようです。
 日本のキブシには、ハチジョウキブシ、ナンバンキブシ、エノシマキブシなどがあるそうで、外国のキブシには、タイワンキブシ、ヒマラヤキブシ、タロコキブシなどがあるそうです。
 
 ご存じのように、キブシは雌雄異株ですので、写真の花は雄花かそれとも雌花なのか、ということですが、上の写真を部分的に拡大して下に掲げます。


170319 小石川植物園 ヒマラヤキブシ部分拡大

 どう見ても雌花に見えますね。

 なお、小石川植物園には「ハチジョウキブシ」もありまして、花序が長く数も多く、なかなかの眺めです。
 近日中に掲載したい、と思います。


 じつは、「小石川植物園で3月19日に初めて見た花」だけでもかなりたくさんのストックがあります。
 現在のペースで写真を掲載していては、大量のデッドストックができてしまいそうなので、1日の記事の数を増やしたい、と考えております。写真を整理・現像し、それらの植物を調べ、記事を書き続ける体力と、次々と花開く春の勢いとの競争になってきますが、頑張りたいと思います。

マメザクラ(品種:早春桜) 2017.03.24 -- 1

2017.03.24(13:50)

【マメザクラ(品種:早春桜)】

170319 小石川植物園 早春桜遠景

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 次の写真も同じ

 3月19日の小石川植物園だ。
 遠景の右側白いサクラは「寒咲き大島」(近日紹介)、左側のビンク色のサクラをこれから紹介しようとしている。
 近寄ってみると、立て札は「マメザクラ(品種:早春桜)」となっている。

 注:上の写真は 設定ミスでISO感度を下げるのを忘れ、画面がざらついています。


170319 小石川植物園 早春桜1

 マメザクラというと、ふつうは白っぽい小さなサクラが下向きにたくさん咲くというイメージだ。
 ところが、変種が多いとも言われ、小石川植物園のマメザクラ(品種:早春桜)はまるで「オカメ」を見ているようである。


《参考》横浜市環境支援センターのオカメ

170224 環境支援センター オカメ1

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:2017.02.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 以前書いたように、「オカメ」は、かつて日本の桜を熱心にイギリスへ紹介したコリングウッド・イングラムという英国人園芸家が カンヒザクラ X マメザクラ の交配によって作出したもの。似ていて当然とはいえ、よく似ている。


【マメザクラ(品種:早春桜)】

170319 小石川植物園 早春桜2

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ふたたび小石川植物園の「マメザクラ(品種:早春桜)」だが…
 強いて言えば、マメザクラ(品種:早春桜)は「オカメよりも萼筒が太くて短く(計測したわけではないので見た目の印象だが)、花弁はオカメよりもはっきりと平らに開く」というところに。マメザクラの特徴が出ているように感じられる。


170319 小石川植物園 早春桜3

 山と渓谷社の「日本の桜」を読むと、マメザクラの園芸種として、数多くの品種が挙げられ(残念だが「早春桜」は未収録)、その中にはほかのサクラとの交配種も含んでいるようだから、「マメザクラ(品種:早春桜)」という表示は、広い意味でのマメザクラ(交配種も含む園芸種)ということなのかも知れない。


170319 小石川植物園 早春桜4

ツクシスミレ 2017.03.23 -- 1

2017.03.23(14:10)

170319 小石川植物園 ツクシスミレ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 花の真ん中部分が黄色で、外側が淡い紫、しかも小さくて可愛い姿を見て、めずらしいスミレを見つけた、と思った。写真を撮っている方に尋ねると「ツクシスミレ」だ、との返事。
 調べてみると、自生地は沖縄本島、九州南部(鹿児島など)だという。
 それが小石川植物園内で野生化しているのは、おそらく研究・観察用に栽培したのが、逃げだして野生化したに違いない。

170319 小石川植物園 ツクシスミレ2

 ツクシスミレをネットで検索すると、九州の方のブログのほか、関東では小石川植物園ほか筑波実験植物園、大船フラワーセンターなどで撮られた写真が掲載されている。


170319 小石川植物園 ツクシスミレ3

 じつは、同じ19日、コゴメイヌノフグリが園内で群生している個所を何ヶ所か見つけたのだが、これもめったに見られない植物なのに小石川植物園では当たり前のように見られる。同じように、研究のため栽培したものが逃げだして野生化したのだろう。
 あれこれ検索してみたところでは、ツクシスミレ、コゴメノイヌノフグリともに、山野草愛好家のあいだでは「小石川植物園で見られる」とよく知られているようだ。
 そんなことは何も知らずに出掛けて、1日で両方を見られたのだから嬉しいことだ。


170319 小石川植物園 ツクシスミレ4

 ツクシスミレの写真だが、つつじの植え込みの間のスペースなので、無理に回り込んだりすると荒らしてしまいかねない。撮影の方向や高さは限られている。詳細な観察もやや難しいシチュエーションだった。
 地上茎のあるスミレで、さじ形の葉が特徴的だということらしい。

170319 小石川植物園 ツクシスミレ5

ソメイヨシノの開花(小石川植物園 3月19日) 2017.03.22 -- 1

2017.03.22(14:35)

170319 小石川植物園 ソメイヨシノの開花

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 3月19日に小石川植物園で確認したソメイヨシノの開花です。
 大きな木の幹と、上の方の枝の2個所。上のほうは撮影しにくいので諦めてこちらを撮りました。

 近くの方で、毎日のように来られて小石川植物園を隅々まで熟知されている方に、「今日(19日)、今年初めて咲いたソメイヨシノだ」と写真を見せられ、近くだったので、その花を確認のため連れられて一緒に見に行きました。
 お会いしたのは2回目で、いろいろと教えてくださり、深く感謝しております。

深紅の梅 三種 〜 蘇芳梅、佐橋紅、鹿児島紅 2017.02.27 -- 1

2017.02.27(22:35)

《蘇芳梅》(すおうばい)

170215 小石川植物園 蘇芳梅

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.02.15
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 2枚目と3枚目も同じ

 辞書を引くと、「蘇芳色(すおういろ)とは黒味を帯びた赤色。蘇方色、蘇枋色とも書く。蘇芳とは染料となる植物の名前で、この色はこれをアルカリ性水溶液で媒染したもの。今昔物語では凝固しかけた血液の表現にも使われている」と書かれています。
 梅の図鑑、ネットなどでは比較的よく見かける梅ですが、実物を見たのは今回小石川植物園が初めてでした。


170215 小石川植物園 蘇芳梅2

 古い図鑑ですが、小品盆栽としてよく出回っている、との記述がありました。樹勢はあまり強くないので、十分な管理が必要、とも書かれていました。


170215 小石川植物園 蘇芳梅3


《佐橋紅》(さばしこう)

170215 小石川植物園 佐橋紅

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.02.15
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 「佐橋紅」については、図鑑でも、ネットでも、調べると一重咲きの、もう少し薄い色の花が掲載されています。
 この写真は2月15日に小石川植物園で撮影したものです。

 過去に根岸森林公園で「佐橋紅」の札が掛かっていたのは八重の花を付ける木で、私は「鹿児島紅」の木に間違えて「佐橋紅」の札を掛けたのではないか、とずっと疑っていました。
 10年以上根岸森林公園の梅林に通っていますが、従来は事実上ほとんど何の管理もしていなくて、紅梅の木に白梅の「滄溟の月」の札が掛かっていたり、「一重茶青」の札が掛かっている木に八重の花が咲いていたりしていましたから、とても信用できなかったのです。
 ところが、小石川植物園で撮影した写真の八重咲きの梅の木に、「佐橋紅」の札が掛かっているではありませんか。


《参考》根岸森林公園で「佐橋紅」の札が掛かっていた梅(2015年2月21日撮影)

150221 根岸森林公園 佐橋紅

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2015.02.21
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 それでは「『佐橋紅』には八重咲きの花もあるのか」ということですが、梅の品種についてはネットでも図鑑でも情報が少なく、よくわからないのが実情です。
 また、あるサイトによりますと、「佐橋紅は、雄しべが長く花びらの外まではみ出すように咲く」とあります。
 小石川植物園の「佐橋紅」は、逆光で、木の花がすべて湿地の方を向いていて、身を乗り出して撮影できたのはたった1枚のみなのですが、確かに雄しべがかなり長いように見えます。しかし正面から見えていないので確かなことは言えません。

 なお、「佐橋紅」の「佐橋」の語源ですが、地名ではないかと調べて見ました。しかし、確かにそういう地名はあるものの、確信を抱くに至りませんでした。


《鹿児島紅》

150203 根岸森林公園 鹿児島紅

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2017.02.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 今年は撮影の時期を失してしまいましたので、2015年2月3日に根岸森林公園で撮影した鹿児島紅を掲載しています。
 「鹿児島紅」は比較的あちらこちらで見つけやすい品種の梅だと思います。
 花弁がまったく波打たない八重なので、平たく見える花です。
 図鑑には「樹勢が弱いので管理には気をつける」とあります。


150203 根岸森林美羽園 鹿児島紅2

 少しまとめます。
 花梅は大きく三つの系列に分類されます。
 野梅系、緋梅系、豊後系の3系列です。その緋梅系の梅はさらに3種類に分類されます。
 紅梅性、緋梅性(ひばいしょう)、唐梅性(とうばいしょう)の3つです。
 そもそも、緋梅系の梅は枝や幹の内部が紅いとされ、花は紅色、緋色のものがほとんど。白花でも、枝の髄が紅いものは緋梅系に入るとされています。
 今回紹介した3種類の品種は、蘇芳梅と鹿児島紅が緋梅系緋梅性、佐橋紅が緋梅系紅梅性です。

 緋梅系でも紅梅性(こうばいしょう)の梅は、緋梅性に較べて花色が薄いものが多い、とされています。
 このことは、根岸森林公園の「佐橋紅」の札が掛かっている梅を私が「鹿児島紅」ではないか、と疑っていた理由のひとつです。しかし、小石川植物園の佐橋紅の登場で、どうもよくわからなくなってきました。


シナマンサク と ニシキマンサク 2017.02.21 -- 1

2017.02.21(17:10)

【シナマンサク】

〈小石川植物園・A地点〉

170215 小石川植物園 シナマンサクA1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.02.15
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 シナマンサクは日本に自生するマンサクと違い、中国原産で、「花が咲いているとき葉が残っている」と言われています。多少の個体差はあるようです。
 マンサクに較べ花の咲く時期が早く、花に香リがあるそうです。次回確かめてみましょう。


170215 小石川植物園 シナマンサクA2


〈小石川植物園・B地点〉

170215 小石川植物園 シナマンサクB1

 上のほうは強風のせいか、あまり葉が残っていません。


170215 小石川植物園 シナマンサクB2


170215 小石川植物園 シナマンサクB3

 これまで観察してきたところでは、おもちゃの吹き戻しのように花弁の先のほうがくるくると丸まる性質は弱いのではないか、と感じます。


170215 小石川植物園 シナマンサクB4


〈小石川植物園・C地点〉

170215 小石川植物園 シナマンサクC1

 マンサク類ではもっとも花が大きいそうですが、大きな葉が残りすぎるとせっかくの花も隠れてしまいますね。


【ニシキマンサク】

170215 小石川植物園 ニシキマンサク1

 朝日新聞社の『花おりおり』によりますと、「ニシキマンサク」には野生のものと栽培種の2系統があるそうです。
 野生種は、「日本海側に分布するマルバマンサクの花弁の基部が赤いのをいい、富山県から福井県に限産。葉先は尖らない」ということです。
 栽培種は「花弁の赤みが広がり、葉先は尖る。他に、花弁全体が赤みがかるのも」ある、ということらしい。


170215 小石川植物園 ニシキマンサク2

 私の撮影した写真では、ニシキマンサクは開き始めのつぼみの状態から、おもちゃの吹き戻しの笛が伸びるように花びらが開いていくのがわかります。
 写真のニシキマンサクは開花したばかりで、大きく開いた様子はまだわかりませんでした。
 それでも、花弁が付け根の赤から先端の黄色へと変化していく様子がわかります。
 『花おりおり』に書かれていた栽培種なのでしょう。


170215 小石川植物園 ニシキマンサク3

 お気付きかと思いますが、昨日のハヤザキマンサクの写真と比較すると、本日の写真のほうがずっと良質です。
 花に近付いて撮影でき、極端なトリミングをやっていないことと、シナマンサクについては、素直に「きれいだな」と感じ、それを再現しようと注意深く撮影したこと、が原因だと思います。


ハヤザキマンサク 2017.02.20 -- 1

2017.02.20(14:00)

170215 小石川植物園 ハヤザキマンサク1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.02.15
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 小石川植物園で3種類のマンサクと出会いました。
 ハヤザキマンサク、ニシキマンサク、シナマンサクです。

 「ハヤザキマンサク」は北アメリカ原産とのことですが、秋咲きの「アメリカマンサク」とは別種ということのようです。
 朝日新聞社の『花おりおり』では、どちらも「アメリカマンサク」として扱い、秋に咲くほうは「アキザキマンサク」として区別していました。
 本種については下記のように書かれています。
 「マンサク属中花弁が最も短く、12ミリほど、花は日の当たる暖かい昼中は開き、寒い日は閉じ、まるまったりする。その開閉は数週間続く。花にはやや刺激臭がある」


170215 小石川植物園 ハヤザキマンサク2

 「早咲き」という割には、すでにシナマンサクも咲いていますし、開花時期はとくに早くはない、と感じます。
 たしかに、花はやや小型。背丈3m くらいの木の枝に、写真のように枝に沿って数多く咲いていました。
 色は少しオレンジ色が強いと言われているようです。
 陽の光に輝いてるのを見上げていたときは黄色いと感じていましたが、写真を整理していると、確かにオレンジ色成分が目立ち、マンサクやシナマンサクの大きめの花の黄色のほうが色に濁りがなくきれいだな、と感じました。

 「ニシキマンサク」も一応撮影してありますが、開花途上の状態で、お世辞にも「きれい」とは言いがたい写真しかありません。
 次回、「シナマンサク」の記事と一緒に掲載しようと考えています。

小石川植物園

  1. ハチジョウキブシ 2017.03.27 -- 2(03/27)
  2. 光源氏(ツバキ) 2017.03.26 -- 2(03/26)
  3. 寒咲き大島 2017.03.26 -- 1(03/26)
  4. ヒマラヤキブシ 2017.03.25 -- 1(03/25)
  5. マメザクラ(品種:早春桜) 2017.03.24 -- 1(03/24)
  6. ツクシスミレ 2017.03.23 -- 1(03/23)
  7. ソメイヨシノの開花(小石川植物園 3月19日) 2017.03.22 -- 1(03/22)
  8. 深紅の梅 三種 〜 蘇芳梅、佐橋紅、鹿児島紅 2017.02.27 -- 1(02/27)
  9. シナマンサク と ニシキマンサク 2017.02.21 -- 1(02/21)
  10. ハヤザキマンサク 2017.02.20 -- 1(02/20)
次のページ