FC2ブログ

横浜イングリッシュガーデンの秋バラ その1 2017.12..02 -- 1

2017.12.02(23:10)

〈門前の赤いバラ 名称不明〉

171121 赤いバラ門前 名称不明

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.11.21
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 横浜イングリッシュガーデンの秋バラを少し紹介しようと思います。

 バラ園は各地に数多くありますが、横浜イングリッシュガーデンはひと味違ったバラ園です。
 たとえば、一般的なバラ園には「プリンセスなんとか」とか、「カトリーヌ・ドヌーヴ」とか、世界各国の皇室の王族の名前を冠したバラや、ハリウッド・スターの名前を付けたバラなど、豪華で大きなバラが多数ありますが、横浜イングリッシュガーデンにはそうしたバラがほとんどありません。


《アンゲリカ》

171121 EG アンゲリカ 吉池貞蔵2010

 作出者:日本・吉池貞蔵 2010年

 大型の派手な花を大きく咲かせるハイブリッド・ティーローズはフランスで創られ、フランスを中心に発展してきましたが、イギリス人はそうしたバラを好まない傾向が強いのです。
 大きくて派手なバラを嫌い、野趣に溢れ、個人の裏庭の塀に絡んでいるような、そうした昔からのオールド・ローズのよさを生かしたバラがいい。ハイブリッド・ティーローズのよさである、四季咲き、強健といった現代的な部分はしっかり残し、その上で、上に述べたようなイギリス人の好みに合ったバラを志向しているのがイギリスのバラの育種家たちの傾向です。


《アン・ヘンダーソン》

171121 EG G Fryer  イギリス 2014

 作出者:イギリス・G.Fryer 2004年

 横浜イングリッシュガーデンを運営しているのはテレビ神奈川ですが、実際に庭造りを監修しているのは河合伸志さんという方です。
 この方はバラの育種家でもあり、「禅」など和バラの作出者として知られています。横浜イングリッシュガーデンに植えられている数多くのパラを実際に選んでいるのは河合伸志さんであり、横浜イングリッシュガーデンはイギリス人好みのイングリッシュガーデンでありながら、一方で日本人好みの和バラも数多く植えられた、日本人好みの洋風庭園となっています。


《かおりかざり》

171121 EG かおりかざり 國枝啓司 2012

 作出者:日本・國枝啓司 2012年


〈名称不明 2〉

171121 EG 名称不明1 アプリコット色

 今回の記事に登場するバラの様子を見ていただければ、一般的なバラ園とはひと味違っていることを理解していただけると思います。
 わが家には、たとえば「プリンセス・ドゥ・モナコ」とか「月光」のようなハイブリッド・ティーローズもあるにはありますが、イギリスのデヴィッド・オースチン社から調達したイングリッシュ・ローズや古いオールド・ローズが主体であり、最近は和バラも増えてきています。イギリス人の好みのバラのほうが、日本人の好みに合っている、というふうに感じているのです。

なお、当記事のバラの名前については、もしかすると間違っている場合もあるかも知れません。100%正しいとは限らないので、その場合はご容赦ください。


〈名称不明 3〉

171121 EG 名称不明2 紅


《シャトゥルーズ・ドゥ・パルム》

171121 EG シャトゥルーズ・ドウ・パルム FRA G・Delbard 1996

 作出者:フランス・G.Delbard 1996年

 名前はおそらくスタンダールの「パルムの僧院」からきています。


《プロスペロ》

171121 EG  プロスペロ イギリス D Austin 1982

 作出者:イギリス・D.Austin 1982年

 解説文でも触れたイギリスのデヴィッド・オースチン社のバラです。
 同社のバラは「イングリッシュ・ローズ」と呼ばれています。


《バーガンディ・アイスバーグ》

171121 EG  バーガンディ・アイスバーグ AUS E N Swane 1998

 元祖「アイスバーグ」はドイツ・コルデス社のバラですが、これは E.N.Swane という方が作出者のようです。
 国や作出年がいろいろと伝えられていて、はっきりしたことがどうもよくわかりません。
 よく知られたバラなのですが。


《雪っ子》

171121 EG  雪っ子 上山洋 2002

 作出者:日本・上山洋 2002年


斑入りの白いミズヒキ 2017.09.23 -- 1

2017.09.23(17:55)

170825 イングリッシュガーデン 斑入りミズヒキ1

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.08.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 昨日の余勢を駆って斑入りの葉の白いミズヒキを紹介します。
 もちろん園芸種と思われますが、爽やかな感じでなかなかよい、と思いました。


170825 イングリッシュガーデン 斑入りミズヒキ2


170825 イングリッシュガーデン 斑入りミズヒキ3

 このような園芸種を紹介するのも、私のブログの楽しみのひとつです。

横浜イングリッシュガーデンのギホウシ 2017.09.10 -- 1

2017.09.10(22:50)

170825 横浜イングリッシュガーデン ギボウシ

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.08.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 本日はブログはお休みです。

キツネノカミソリ 2017.09.09 -- 1

2017.09.09(18:40)

【舞岡公園】2007.08.12

070812 舞岡公園 キツネノカミソリ

 撮影場所:舞岡公園
 撮影日:2007.08.12
 撮影機器:Olympus E-510
 レンズ:Olympus 40.0-150.0 mm f/3.5-4.5

 キツネノカミソリはヒガンバナ科で通称「リコリス」と呼ばれる一群の仲間のひとつ。
 リコリスの仲間にはヒガンバナ、ナツズイセン、ショウキズイセンほか、園芸種もたくさんあるようです。
 10年前の2007年の8月、舞岡公園・古民家の裏で見て以来、私はキツネノカミソリを見ていませんでした。


【横浜イングリッシュガーデン】2017.08.25

170825 イングリッシュガーデン キツネノカミソリ2

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.08.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 かみさんが「横浜イングリッシュガーデンのキツネノカミソリはかなり背が低い」と語るのに違和感を憶えていましたが、実際、今年の夏何ヶ所かで見たキツネノカミソリは比較的小さかった。
 私が10年前の記憶を美化していたのでしょうか。


【白金台・自然教育園】2017.08.18

170818 自然教育園 キツネノカミソリ

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:2017.08.18
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 キツネノカミソリは、たぶん日陰を好むのでしょうね。今年はなぜか見つけるたびに何かの陰になっていたり、やたらと暗い林間だったり、花が傷んでいたり、美しい立ち姿をなかなか撮ることができませんでした。
 諦めて、すでに撮影した写真を少し工夫するしかないか、と記事にすることを決意しました。

 色合いは、最後の自然教育園の写真がもっとも実物に近い感じがします。

ニワザクラ(庭桜) 2017.04.26 -- 1

2017.04.26(18:20)

170410 横浜イングリッシュガーデン ニワサクラ全体像

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.04.10
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 「庭桜」(ニワザクラ)の苗をかみさんがもらってきた。
 ニワザクラが咲いているところは横浜イングリッシュガーデンで見ているが、株立ちで、樹高はせいぜい1.5m 以下だから、庭などに植えて楽しむには適している。
 ただ、これはいったい何なのか? ほんとうにサクラなのか? という疑問があった。


170410 横浜イングリッシュガーデン ニワサクラ白1

 横浜イングリッシュガーデンでは細かいところまで観察できなかったが、かみさんが持ち帰ったニワザクラをよく見ると、短いが花柄がちゃんとある。
 それではやはり、こんなに小さい木でも、桜の一種なのだろうか。


170410 横浜イングリッシュガーデン ニワサクラ紅1

 中国が原産で「にわうめ(Prunus japonica)」の近縁種、室町時代にはすでに栽培されていた、との記載をあるサイトで読んだ。
 いや、しかし花柄があるなら梅ではないだろう、と執拗に調べた。


170410 横浜イングリッシュガーデン ニワサクラ白横

 バラ科サクラ属で、ニワウメも分類上はサクラの仲間だという。
 写真のニワウメは八重咲きで、私は八重咲きのものしか見たことがないが、一重の花もあるらしい。色は紅白あるのだが、かみさんは庭に白の花が多いからと、ピンク色のほうをもらってきた。
 来年は横浜イングリッシュガーデンのようにきれいに咲かせて楽しめるだろうか。


170410 横浜イングリッシュガーデン ニワサクラ白2

フジザクラ 170420 -- 1

2017.04.20(15:45)

170416 イングリッシュガーデン フジザクラ

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.04.16
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 富士桜というのは、一般にはマメザクラことで、その中にいろいろな園芸種があるようです。
 Wikipedia の記述では、マメザクラは桜の野生種の一つ。富士山近辺やその山麓、箱根近辺等に自生しており、フジザクラやハコネザクラともいう、とあります。この種は樹高が大きくならず、花も小さいという特徴があります。

 また、立て札に「富士桜(八房性)」との表示がありましたが、「八房性」(やつふさしょう)というのは盆栽の用語のようです。
 「普通種に比べ、樹木の枝や葉が小さく詰まってできる品種のこと」。
 つまり、このフジザクラ(富士桜)はとくに盆栽に適した品種だということです。
 試みにAmazon ほかネット・ショップを覗いてみますと、「富士桜・八房性」はよく売られているようです。


170416 イングリッシュガーデン フジザクラ2

 なお、写真の桜はマメザクラ群の園芸種の富士桜「淋宝」と思われます。横浜イングリッシュガーデンのスーパーバイザー河合伸志さんのブログの中に言及があり、判明しました。

 昨年はもう少しよい写真が撮れたのですが、今年はピークを過ぎていて、出遅れてしまいました。


 なお、現状1日に記事2つ、のペースで更新しています。
 この記事の前には自然教育園の「ダイサギ」の記事があります。

ウミネコ(海猫) 2017.04.18 -- 1

2017.04.18(17:15)

170410 イングリッシュガーデン ウミネコ1

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.04.10
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 マメザクラとオオシマザクラの交配種だそうだ。山と渓谷社の『日本の桜』でマメザクラ群に分類されている。
 日本であまり聞かないのは、ヨーロッパで広く栽培されている品種だからだろう。
 花付きがずいぶんとよい品種だ。花は純白の一重で、あまり垂れ下がらない。
 「枝が上に向かって強く伸びており、横には広がらない」のも重要な特徴だ。ワインカップのような樹形だ、と言われているらしい。
 調べて見たら、あるサイトでは 高さ2m の若木で 12,000 円で販売されていた。


170410 イングリッシュガーデン ウミネコ2


170410 イングリッシュガーデン ウミネコ3

 昨年の横浜イングリッシュガーデンではタイミングを失してしまい、このウミネコ(海猫)の写真を撮影し損ねてしまったので、当ブログではこれが最初の「ウミネコ」の記事である。
 今年は花のよい時期に当たったのだが、光の向きが悪い。位置が逆光であり、しかも天候が不安定で陽が射していない。花が真っ白でシベが繊細なため、撮影と現像はかなり難しかった。

春月花 2017.04.13 -- 1

2017.04.13(20:40)

170328 イングリッシュガーデン 春月花

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.03.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 1〜3枚目まで同じ

 このサクラについては、2007頃に作出されたので、手持ちの図鑑『日本の桜』(山と渓谷社)に記載がありません。
 いろいろと調べて判明したことを以下に記載していきます。

 2007年頃に、山形県のJFC石井農場 が育種した桜で、早咲き切り花品種の「敬翁桜」を八重に改良した品種。
 2009年頃に出品されて、いろいろな賞をとっている模様です。


170328 イングリッシュガーデン 春月花2

 ベースになったという啓翁桜(敬翁桜)は、初春のさまざまな室内展示などのときに、枝ごと伐ってきて飾られるのに使われています。
 『日本の桜』には、ミナミザクラと寒緋桜の交配種だとされているほかに、ミナミザクラを台にしてコヒガンを接ぎ木したものだという記載もあります。
 「敬」と「啓」の字の混乱はここから生じたようです。どうも前者が「敬翁桜」で、後者が「啓翁桜」だということのようです。


170328 イングリッシュガーデン 春月花3

 さて本種「シュンゲツカ(春月花)」は実生から生まれた「敬翁桜」を交配して、八重にしたものなのだろう、思われます。
 それならばカンヒザクラ群の桜ということになりますが、これまで見てきたカンヒザクラ群の桜はいずれも紅色がかなり強く、一重咲きの桜ばかりでした。
 それがこの柔らかい感触の八重桜になったということは、さぞや長い道のりを経たのだろう、と思われます。


170403 イングリッシュガーデン 春月花

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.04.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 「春月花」と名付けたS.Iさんは、当時中学生だったそうです。
 本人のコメントは
 「私がこの桜を選んだ理由は、初めてこの桜を見たとき、ピンクで花びらがふわふわたくさんあり、とてもかわいらしいと思ったからです。私の桜のイメージにぴったりだと感じました。「春月花」という名前は、春に月のように輝く花になって欲しいと思ってつけた名前です。私はこの桜がとても気に入りました」とのこと。


170403 イングリッシュガーデン 春月花2

 八重の桜はふわふわ、ごちゃごちゃした感じになりがちですが、すっきりした姿で好ましく感じます。

コブクザクラ(子福桜) 2017.04.07 -- 1

2017.04.07(16:15)

170328 イングリッシュガーデン 子福桜枝振り

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.03.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 「コブクザクラ(子福桜)」は中国原産の「シナノミザクラ(支那実桜)」と「ジュウガツザクラ(十月桜)」との交雑種だという考え方と、いや「シナノミザクラ(支那実桜)」と「エドヒガン(江戸彼岸)」の交雑種だという推定と、いろいろあるらしい。
 いずれにせよ、片方の親は「シナミザクラ」だとされている。
 
 以前にも書いたが、『日本の桜』ではサクラ全体を、カンヒザクラ群、エドヒガン群、ヤマザクラ群、マメザクラ群、チョウジザクラ群、シナミザクラ群、ミヤマザクラ群、及び雑種と分類している
 シナミザクラは大分類の群のひとつに数えられている。
 ただ、残念ながら大元の「シナミザクラ」はまだ見たことがない。


170403 イングリッシュガーデン 子福桜 小枝

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.04.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM すぐ下の写真も同じ

〈特徴〉

● 「ジュウガツザクラ」と並べて紹介されることが多い。理由は秋と春に2回咲くからである。
● 雌しべが2本あり、ひとつの花から通常2個がペアになった変わった形の果実をつける。このことが「子福桜」という名前の由来になっている。
● 大きくならない木だが、細い枝がバラのシュートのようにどんどん伸びる。伸びてたれ下がる。私が写真を撮ろうとしたとき、イングリッシュガーデンではこの細枝を曲げてまとめたり、隣の木に結びつけたり、通行の邪魔にならないよう、あるいは観賞しやすいようにするため、作業中だった。


170403 イングリッシュガーデン 子福桜2本の雌しべ2

 さて、ネットには花の写真はあっても実の写真がほとんどない。実が2つペアになるのはこのサクラの特徴のひとつだから、実を撮らないでどうする? と思う。
 年に2回咲くのだから、私としてはこれから秋まで、このイングリッシュガーデンに来るたびに子福桜をチェックしよう、決意しているのだが、「八重は結実しない場合が多い」という意気阻喪する情報もある。
 
 それなら、せめて雌しべが2本ペアで写っている写真がほしいが、八重咲きであり、花の中心に旗のような花弁が立っていることが多い。それが邪魔したり、雌しべが雄しべの中に隠れて曲がっていたりして、2本ペアの雌しべを撮影するのはかなり面倒だ。
 たくさん撮影した中に、雌しべ2本がはっきり見分けられる写真が2枚だけ見つかった。
 上の写真と下の写真だが、やや暗い色の黄色っぽい柱頭が少し離れて2つ見えている。


170328 イングリッシュガーデン 子福桜2本の雌しべ1

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.03.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

寒白(ハナモモ) 2017.02.27 -- 1

2017.03.27(17:40)

170318 イングリッシュガーデン ハナモモ寒白1

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.03.18
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 「寒白」は最も早咲きのハナモモだそうです。
 八重咲きで色は純白、萼は緑色、ほぼ同時に新緑の葉が出てきます。


170318 イングリッシュガーデン ハナモモ寒白2

 朝日新聞社の『花おりおり』によりますと、「寒白」は「関白」とも表記され、戦前から知られていたそうですが、明治をさかのぼらないとのことでした。


《参考》根岸森林公園のハナモモ「寒白」(2016.03.17)

160317 ハナモモ寒白 根岸森林公園

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2016.03.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 例年根岸森林公園でもハナモモを撮影していますが、品種はやはり「寒白」だと思われます。
 根岸森林公園の「寒白」は東に高い崖と林があり、午前中は陽の当たり方が刻々と変化します。撮影がとても面倒なので今年はパスしたのですが、ここイングリッシュガーデンで出会うと、やはりこの美しさに惹かれ、レンズを向けてしまいました。

横浜イングリッシュガーデン

  1. 横浜イングリッシュガーデンの秋バラ その1 2017.12..02 -- 1(12/02)
  2. 斑入りの白いミズヒキ 2017.09.23 -- 1(09/23)
  3. 横浜イングリッシュガーデンのギホウシ 2017.09.10 -- 1(09/10)
  4. キツネノカミソリ 2017.09.09 -- 1(09/09)
  5. ニワザクラ(庭桜) 2017.04.26 -- 1(04/26)
  6. フジザクラ 170420 -- 1(04/20)
  7. ウミネコ(海猫) 2017.04.18 -- 1(04/18)
  8. 春月花 2017.04.13 -- 1(04/13)
  9. コブクザクラ(子福桜) 2017.04.07 -- 1(04/07)
  10. 寒白(ハナモモ) 2017.02.27 -- 1(03/27)
次のページ