エゴノキの実 と 虫こぶ

2017.07.20(22:15)

170720 こども植物園 エゴノキの実

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.07.20
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM 下の写真も同じ

 横浜市こども植物園の本部事務所前の休憩スペースで、休憩していてふと目を上げると…、
 「ああ、こんなところにエゴノキがあったんだ」と、望遠レンズに付け替えて撮影した。

 なかなかよい写真になったと喜びつつ、目を左隣りの枝に向けると、あらまあ!
 同じ木なのです。


170720 こども植物園 エゴノネコアシフシ

 知っているからあまり面食らわずに済みますが、視覚的にはかなりどっきりではありませんか?

 「エゴノネコアシフシ」については、昨年6月20日にも記事にしているし、今年は舞岡公園でも見ているが、こんなにたくさんぶら下がっているのを見るのは初めてだ。
 ネコアシはおそらく形(猫足)から名付けられたのだろうと思われる。エゴノネコアシアブラムシの雌がエゴノキの芽を変形させ、いわゆる虫こぶが形成される、ということらしい。
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所のサイトに発表された研究結果によると、「昆虫が植物の性質を改変し、究極の「巣ごもり」生活を実現」したものだそうだ。

 このエゴノネコアシフシを採取して、内部にいるたくさんのアブラムシの雌を確認した写真が、ネットには多数ある。
 私はやらないので、ご覧になりたい方はネット検索してください。

 なお、写真ではバナナ型の袋の先端に穴があいている。7月になったので、「翅の生えた雌のアブラムシ」が袋から飛び出したのだそうだ。中のアブラムシを見たいなら、穴のあく前に採取しなければならないらしい。

セルフヒール と ウツボグサ 2017.07.13 -- 1

2017.07.13(16:50)

 ウツボグサは、今年は小石川植物園と 横浜市こども植物園の2個所で変化を追いかけてきた。
 写真を並べて見ていくと、変化がわかっておもしろい。

【小石川植物園】

 〈5月28日〉

20170528 小石川植物園 ウツボグサ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.05.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下日付以外は同じ


20170528 小石川植物園 ウツボグサ2

 
 〈6月9日〉

20170609 小石川植物園 ウツボグサ3


20170609 小石川植物園 ウツボグサ4


【横浜市こども植物園】

 ここからは横浜市こども植物園のウツボグサだが、夏の訪れは小石川植物園のほうがずっと早い、ということがわかる。


 〈6月17日〉

170617 こども植物園 ウツボグサ1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM 以下日付以外は同じ


170617 こども植物園 ウツボグサ2


 〈7月6日〉

170706 こども植物園 ウツボグサ3


170706 こども植物園 ウツボグサ4


【横浜市環境支援センターのセルフヒール】(7月6日)

 ところで、今回の記事の最大のトピックは「セルフヒール」だ。
 ウツボグサの仲間が、ハーブの世界では「セルフヒール」というものになる、ということに気が付いたのは、7月6日の 横浜市環境支援センターのハーブ園である。


170706 こども植物園 セルフヒール1

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:2017.07.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 「セルフヒール」という英語を直訳すれば「自然治癒」であろうか。
 どうやら「ウツボグサ」には「セイヨウウツボグサ」という類似種があって、乾燥させた花を薬として使うハーブの一種らしい。

 ここで整理しておきたいのだが、「ウツボグサ」が枯れ残ったものを漢方で処方する 生薬「夏枯草」(かごそう)は、強心利尿作用があるとして使われており、「セルフヒール」は「セイヨウウツボグサ」が枯れ残ったものをハーブとして使うのである。
 「セルフヒール」は本来傷薬だから、皮膚に付けるクリームなどに配合して使うようだが、たとえば「心を癒すフラワーエッセンス」とか、私にはよくわからない使われ方が、ネット検索してみるとたくさん出てくる。


170706 こども植物園 セルフヒール2

 ハーブとしての「セルフヒール」の和名が「セイヨウウツボグサ」であり、園芸種では「宿根プルネラ」と一般的には呼ばれ、「オオバナウツボグサ」ほか、多品種があるようだ。
 観賞用としても美しく、人気があるらしい。
 この記事では、ハーブの「セルフヒール」(セイヨウウツボグサ)の写真は、夏枯れしたものしかないので、花の様子をウツボグサと比較してみることはできない。


 (注)この記事の前は、「エビヅルの雄花」の写真記事です。

コオニユリ 2017. 07.07 -- 1

2017.07.07(21:00)

170706 こども植物園 コオニユリ1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.07.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 オニユリとコオニユリの区別はムカゴの有無で確認できる、などと図鑑やネットには書かれているが、そもそも庭のオニユリを何年かずっと見続けてきた私の目から見ると、写真のコオニユリはずいぶんと印象が違う。

 コオニユリは小さくてかわいい。オニユリは下手をすると毒々しく感じるが、その印象は「背丈の高さ」「花の大きさ」「茎の太さ」「茎の色」など、微妙な違いの集積から感じられるように思う。
 なぜなら、この写真のコオニユリは見た瞬間に「あ、コオニユリだ」と納得し、「オニユリだ」とはまったく思わなかったのである。


《参考》庭のオニユリ(2016年7月12日)

160712 自宅庭 オニユリ一部

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2017.07.12
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 今年は自宅庭のオニユリはまだ開花していないので、昨年の写真を掲載する。

 なお、オニユリのムカゴの件だが、花が咲くずっと前からムカゴはできていて、株が成長するにつれてどんどん大きくなっていく。花が咲く前からオニユリだとわかる。
 花が咲きはじめて、少し日々が経過すると、ムカゴは落ちてしまっていることがあるので、ムカゴでの区別を100%信用すると、オニユリをコオニユリと判別しかねないこともあり、注意が必要だ。

 何年もずっと庭で観察し続けてきたから「オニユリはこんなもの」という感覚ができていて、似ているけれど違うものが咲いていると、「違う」と直感的にわかってしまう。
 写真ではなかなかわかりにくいが、オニユリはコオニユリよりずっと大きくなる、ということは確かだ。

クリの雌花 2017.06.25 -- 1

2017.06.25(12:10)

170617 こども植物園 クリの雌花

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 「楽のデジカメ散歩」の 楽 さんから、クリの雌花の見つけ方を教えていただいたが、それでもなかなか見つけることはできなかった。
 雄花のおしべと、雌花の先端はどちらも白く散開しているので、視力の落ちてきている眼では20cm 以上近付かないとなかなか区別が付かない。
 マクロレンズで撮影した写真では明らかでも、肉眼で捜すのはけっして容易ではないのだ。
 近視、乱視、老眼の複合で、対象が遠くても近くても、視力は著しく落ちているからだ。


170617 こども植物園 クリの雌花2

 一方、一眼レフカメラは便利で、ファインダーの横に視度調整ダイアルというのがあり、これを調整すると小さな対象でもくっきりと見える。これでしっかりフォーカスを合わせて撮影すれば、PCの画面で見る小さな花は、肉眼で見るよりずっとくっきりと見え、細部までじっくりと観察できる。
 楽 さんの写真ほどよく撮れてはいないが、クリの花には雄花と雌花の区別があり、これがあのクリの果実になるのだと思うと、見つけられてよかった、と思う。

フェイジョア 2017.06.21 -- 1

2017.06.21(22:05)

170617 こども植物園 フェイジョア1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM 下の写真も同じ

 フトモモ科の熱帯果樹フェイジョアだ。
 昨年の6月頃、ブログ「飛び出せ、キッチン」の jugon さんに教えていただかなかったら、食材としてのフェイジョアに興味を持つことはなかっただろう。
 横浜市こども植物園の、通路から遠く離れたこの樹木の花に望遠レンズを向けてみることもしなかっただろう。


170617 こども植物園 フェイジョア2

 Wikipediaによれば、「花から果実まで楽しめる丈夫な常緑低木であるため、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、イスラエルなどで庭木や公園樹として人気が高い。ニュージーランドは最大の生産量を誇り、一般家庭でも多く消費され、ヨーグルトやアイスクリームなどに加工される他、乾燥させた果肉を使ったフェイジョアティーが広く飲用されている」そうだ。
 日本では80年代に注目されたことがあったが、ブームにはならなかった、らしい。


170617 こども植物園 フェイジョア3

 最近では、ブログ「風に吹かれて ころんの日記」のころん さんの6月15日の記事に登場しており、NHKの「みんなの趣味の園芸」にも記載があるようだ。
 難点は、オリーブなどと同様、遺伝的に異なる個体間で受粉しないと結実しない自家不和合性があることだ、という。生食にもあまり向かないらしい。


170617 こども植物園 フェイジョア4

 花はここに掲げた写真のように、かなり人目を惹く。写りがよくて、ブログに載せるにも適している。
 花弁が、内側が赤褐色、外側が真っ白なのがおもしろい。その花弁は「糖分を含んで甘みがあり、ハチドリのような小鳥類がこの花弁を摂食するときに花粉が運ばれる」(Wikipedia)のだそうだ。「日本ではヒヨドリなどが花弁を摂食する」という。


170617 こども植物園 フェイジョア5

ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙) 2017.06.19 -- 1

2017.06.19(21:15)

190617 こども植物園 ヒメヒオウギスイセン1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)はアヤメ科ヒオウギズイセン属の雑種。「ヒオウギズイセンとヒメトウショウブとの交配種」と Wikipediaには記載があります。園芸ではモントブレチアの名前がもっとも一般的なように思います。

わが家では数年前に西側の花壇に侵入。耐寒性に優れ、また繁殖力も旺盛。西側は高い擁壁があるので、西日が当たらず適度な日陰になるのが気に入ったようです。
地下茎で増えるらしくどんどん広がるので、かみさんが根を掘り出すなどかなり徹底的に排除したらしく、今年は出てきません。
写真は横浜市こども遊園地の入り口付近の崖で撮影しました。


190617 こども植物園 ヒメヒオウギスイセン2

ヒメヒオウギという別種があり、同じアヤメ科ですがフリージア属。本種と関係がなく見た目もまったく異なるので注意しましょう。
ヒメヒオウギは十数年前花壇に植えたのが逃げだし、いまだにコンクリートの裂け目などから顔を出しています。
今年も撮影したのですが、どこに保存したか、ハードディスクを捜しましたが見つかりません。


昨日は San Po の会で、千葉県松戸市北小金駅近くの本土寺ほかを歩きました。帰宅が遅くなったので、ブログの更新はお休みいたしました。

アカメガシワの雌花と雄花 2017.06.17 -- 1

2017.06.17(20:10)

170617 こども植物園 アカメガシワ雌花

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 久しぶりの横浜市こども植物園です。
 いつも自動車を運転していくので、最初に花を捜すのは駐車場の周辺です。
 崖の上のほうに駐車場があるので、崖下から生えている木々の上のほうが見えます。

 あ、アカメガシワの雌花ですね。これは見慣れているのですぐわかります。
 山手駅前の崖のアカメガシワの雌株は、崖の整備のために根本付近で着られました。しぶとく再生しようとしていますが、また目の位置で雌花が見られるようになるのには3年後くらいでしょうか。再度伐られなければ…ですが。


170617 こども植物園 アカメガシワ雄花

 上はアカメガシワの雄花です。
 いま根岸森林公園でもいい感じになっていますが、「スキップの散歩」にはカメラは持っていかないので撮影していません。スキップと駆けっこしたりするので、持って行けません。
 出直して撮影に行く、というのも面倒。アカメガシワとはもう十分親しんできました。

 トウダイグサ科アカメガシワ属アカメガシワ(赤芽柏)で、雌雄異株です。
 雄花は散ってしまえばおしまいですが、雌花は継続観察していると、呆れるほど姿が変わっていき、たいへんおもしろいです。

 下のリンクをクリックすると、過去に撮影した山手駅前の雌株の変化の様子がわかります。
 「アカメガシワの雌花の変化」



アリウム・ギガンテウム 2017.06.10 -- 1

2017.06.10(23:04)

170530 環境支援センター アリウム

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:2017.05.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ごめんなさい。
 本日もブログはお休みです。

オニグルミ と テウチグルミ 2017.06.07 --1

2017.06.07(22:00)

【オニグルミの実】(5月30日)

170530 こども植物園 オニグルミの実

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.05.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 写真は5月30日に横浜市こども植物園で撮影したオニグルミの実です。


【オニグルミの雄花】(4月18日)

170418 こども植物園 オニグルミの雄花1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.04.18
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 そこでこの機会に、一気に4月18日まで遡ることにさせてください。
 昨年はオニグルミの雄花を見損ねました。6月に雌花を見て初めてオニグルミの木の存在に気が付いたのですが、そのときはもう雄花を見ることはできませんでした。
 だから「今年こそは…」と狙っていたオニグルミの雄花の写真です。


170418 こども植物園 オニグルミの雄花2


【オニグルミの雌花】

170503 こども植物園 オニグルミの雌花1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.05.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 今年雌花を見たのは5月3日でした。


170503 こども植物園 オニグルミの雌花2

 上の写真では、成長した葉の様子もよくわかります。


170503 こども植物園 オニグルミの雌花3

 これで、雄花、雌花、実と揃ったので、クルミってそもそもどういう木なのか Wikipedia で調べてみると…、「クルミ科クルミ属の落葉高木の総称」だそうです。日本に自生しているクルミの大半はオニグルミだそうです。


【近所のクルミ】(6月7日)

170607 近所 クルミの実

 撮影場所:自宅の近所
 撮影日:2017.06.07
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM 下の写真も同じ

 じつは昨冬、わが家の近所で上から落ちてきたものを拾ったらクルミの実だったので、「こんなところにクルミの木があったのか」と気が付きました。
 それを本日撮影したのがこの写真です。


170607 近所 クルミの枝と実

 写真を眺めて悩んでおります。
 クルミ属には「オニグルミ」「サワグルミ」「ヒメグルミ」「ノグルミ」などがあるそうですが、近所のこのクルミは妙に葉の幅が広く見えて、違和感を感じているのです。
 写真は見にくいですが、奇数羽状複葉のようですし、昨冬落ちてきた実は紛れもなくクルミでした。これはいったい「何グルミ」なのでしょうか。

《追記》2017.06.08

 YAKUMAさんのご指導により、「近所のクルミ」は「テウチグルミ」(カシグルミ)と判明しました。
 記事の表題も訂正いたしました。

キリンソウ 2017.06.06 -- 1

2017.06.06(22:15)

170530 こども植物園 キリンソウ1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.05.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 私が自宅の「ツルマンネングサ」の写真と記事を初めてブログに掲載したのは2007年5月26日でした。
 それ以来、「コモチマンネングサ」「メキシコマンネングサ」「タイトゴメ」など数多くの仲間たちの写真と記事を書いてきました。
 これらは当時ベンケイソウ科キリンソウ属に分類(現在はマンネングサ属に分類)されており、また、かみさんが自宅のツルマンネングサを当初私に「キリンソウだ」と間違って教えたことがあったため、「キリンソウ」という名はずっと頭の中にちらついて離れませんでした。

 「キリンソウってどんな植物なのだろう?」 という疑問が、今回ようやく解消されました。
 今回の記事は、5月30日に横浜市こども植物園で撮影したキリンソウです。


170530 こども植物園 キリンソウ2


170530 こども植物園 キリンソウ3


170530 こども植物園 キリンソウ4

横浜市こども植物園

  1. エゴノキの実 と 虫こぶ(07/20)
  2. セルフヒール と ウツボグサ 2017.07.13 -- 1(07/13)
  3. コオニユリ 2017. 07.07 -- 1(07/07)
  4. クリの雌花 2017.06.25 -- 1(06/25)
  5. フェイジョア 2017.06.21 -- 1(06/21)
  6. ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙) 2017.06.19 -- 1(06/19)
  7. アカメガシワの雌花と雄花 2017.06.17 -- 1(06/17)
  8. アリウム・ギガンテウム 2017.06.10 -- 1(06/10)
  9. オニグルミ と テウチグルミ 2017.06.07 --1(06/07)
  10. キリンソウ 2017.06.06 -- 1(06/06)
次のページ