FC2ブログ

アカシデ(赤四手)の虫こぶ 2020.04.02 -- 1

2020.04.02(20:00)

200321 環境支援センター アカシデの虫こぶブログ用

 撮 影 日:2020.03.21
 撮影場所:横浜市環境支援センター・駐車場
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 新型コロナウイルス騒ぎのため、花散策は専ら市内の近隣のみとしているので、撮影している写真もさほど多くない。
 そうなると、写真が多ければさらっと見逃していたはずのショットもじっくり見直すことになる。
 この写真も、ほかに花々の写真が多ければ、取り立てて注目することはなかっただろう。

200321 環境支援センター 出始めていた花序ブログ用

 横浜市環境支援センター と こども植物園の共同駐車場は、崖の上にあり、崖下から大きな木々が枝を伸ばしてきている。
 まず枝を見ると、花序ができはじめている。

200321 環境支援センター 崖下の幹の樹皮の確認ブログ用

 この木は何だろう? コナラだろうか、と崖下を覗き込んだ。
 この幹の様子、樹肌の様子はなんだかアカシデのような気がする。
 そういえば、ちょうどこの位置くらいのところで、アカシデの雌花を撮影したことがあった、と思い出した。
 まあ、十中八九アカシデだろう、と見当を付けたところで、トップの写真に写っているこれは、いったい何なのか。

190403 環境支援センター アカシデの虫こぶブログ用

 撮 影 日:2019.04.03
 撮影場所:横浜市環境支援センター・駐車場
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 調べてみると、昨年もこの駐車場で、上の写真のように ほとんど同じようなものを撮影していたことが判明した。

 虫こぶか? と見当を付けてネットを検索。
 アカシデの虫こぶというと、小さな突起がいくつも集まったような形状のものがよく知られているらしい。
 それは「アカシデメムレマツカサフシ」というそうだ。
 このような塊(かたまり)状のものは「アカシデメフクレフシ」というらしい。
 「アカシデメムレマツカサフシ」を形成するフシダニと同属の種が作るのだそうだ。

 虫こぶを採取して肉眼では困難と言われるほど小さなフシダニを確認するほどには、私は熱心ではない。
 とりあえずはこの塊がが何者か確認できたので、それでよしとしよう。

《追記》
 「アカシデ_虫こぶ」で検索していたら、いつもお世話になっている山ぼうしさんのブログがヒットした。
 2016年2月20日の「きれぎれの風采…」の記事に、「アカシデメムレマツカサフシ」の写真が出ていた。また、山ぼうしさんが調べたところでは、このややこしい名前の命名には規則があるそうだ。
 宿主名+形成部位+形状+フシ(エイであることを示す言葉)となっている、という。当てはめると、アカシデ+芽+群れ松かさ(群れた松かさのよう)+フシ となる、という。

 ということは、私のこの記事の虫こぶ 「アカシデメフクレフシ」の名称は、アカシデ+芽+膨れ+フシ だろうか…。

〈追記の追記〉
 追記の前の記事本文は「アカシデメフクレフシ」と書いていたのに、追記ではつい、「アカシデメムレフクレフシ」と書いていたので、「ムレ」を取って訂正しました。



スモモ(李)の花 2020.04.01 -- 1

2020.04.01(20:00)

20200321 こども植物園 スモモ1ブログ用

 撮 影 日:2020.03.21
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 幼児から大学生くらいまで、横浜の住宅地に住んでいたとはいえ、祖父の代から広い借地をして暮らしていたことから、庭は広く、果実の木なども豊富だった。
 柿が数種類、柚子、みかん、イチジク、枇杷、石榴、なにやら「ざぼん」と呼ばれていた実のなる木もあった。
 茶の木、梅の木も何本かあった。フキが多数出てきて、食べさせられたが、子どもの私は嫌いだった。
 父が裏で畑をやっていて、キャベツ、枝豆、インゲン、大根、ほうれんそうなどは畑で育てたものを食べていた。ジャガイモを栽培していた時期もあった。
 だから、家で栽培していたいろいろな植物についてはよく知っているが、たとえば果実でも、家で栽培していなかったものは何も知らない。
 横浜の中区はどんどん都会化していたから、家で栽培していたことのない野菜、果実などはまったくわからないのだ。
 たとえば、スモモ(李)。スモモって何 ?
 ネットで検索して、写真を見て、何やら見覚えがあるし、味も覚えているような気がするので、スモモはたぶん食べたことがあるのだろう、と思う。
 プルーンと何が違うの?
 「プルーンはスモモの近縁種セイヨウスモモなどの総称である」と Wikipediaに書いてあった。

 前置きが長くなったが、上の写真は横浜市こども植物園で撮影したスモモの花だ。
 枝ごと撮って写真を載せたいが、どうもよく撮れた写真がない。

20200321 こども植物園 スモモ2ブログ用

 この花から、あのネットで写真を見た果実が採れる、というのだが、この木にスモモがなったところを自分の目で見ないと、どうも納得できない。

《ベニバスモモ》(紅葉李)

20170318 イングリッシュガーデン ベニバスモモ1再録プログ用

 撮 影 日:2017.03.18
 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

横浜イングリッシュガーデンには「ベニバスモモ」(紅葉李)というのがある。

20170318 イングリッシュガーデン ベニバスモモ2再録ブログ用

 横浜イングリッシュガーデンのような「お洒落な感じ」を大切にするガーデン作りをしているところでは、春の庭園の中に紅色の葉の木があると引き締まった感じがして、全体のイメージづくりにとても便利なのである。

 
20200313 横浜環境支援センター ベニバスモモの枝ブログ用

 撮 影 日:2020.03.13
 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 先日横浜市環境支援センターにも「ベニバスモモ」のかなり大きな木を見つけた。
 その説明によると Purple Leaf Cherry Plum という英名らしい。
 バラ科の落葉高木で、赤紫色の葉を展開し、白い花が開花する。果実もたべられるとのことだ。


クロフネツツジ(黒船躑躅)「羽衣」 2020.03.25 -- 1

2020.03.25(19:30)

200321 こども植物園 クロフネツツジブログ用

 撮 影 日:2020.03.21
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark II
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ツツジ科のクロフネツツジで品種名は「羽衣」だそうだ。
 横浜市ゆかりの育種家である平野重一氏により作出された、という。

200321 こども植物園 クロフネツツジ4ブログ用

 クロフネツツジ(黒船躑躅)はツツジ科ツツジ属の落葉低木で、大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれることもあるそうだ(Wikipedia より)
 日本には江戸時代初期の1668年に朝鮮から到来したとされているらしい。

200321 こども植物園 クロフネツツジ2ブログ用

 この「羽衣」は、過去何回かこども植物園で見ていたが、いずれもやや時季外れのときだった。今回はベストの頃合いに遭遇したようだ。あまりの美しさにびっくりして、陽射しを考えて2回に分けて撮影した中の4枚である。

200321 こども植物園 クロフネツツジ3ブログ用


ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)の魅力 2020.03.23 -- 1

2020.03.23(20:00)

200321  こども植物園 ヒメオドリコソウ1ブログ用

 撮 影 日:2020.03.21
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 陽当たりのよい草地があれば出てくるシソ科オドリコソウ属の草本だ。

 この植物の魅力は、けっして花だけにあるのではない。
 ごらんのように、下のほうの葉の草色が、上のほうにいくにしたがってやわらかいあずき色に染まっている。
 そしてその周囲に小さな花が散らばっている。
 この立ち姿全体の魅力が好ましいのだ。

200318 本牧山頂公園 ヒメオドリコソウのアッププログ用

 撮 影 日:2020.03.18
 撮影場所:横浜市・本牧山頂公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


シキミ(樒)の花 2020.03.19 -- 1

2020.03.19(19:30)

200313 環境支援センター シキミ1ブログ用

 撮 影 日:2020.03.13
 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 シキミは(樒)はマツブサ科シキミ属に分類される常緑小高木。
 この花は3月中旬が最盛期だと思っているが、目立たず、ひっそりと咲く。
 じっくりとよく見れば、なかなか美しい花なのに、ちょっともったいない。


200313 環境支援センター シキミ2ブログ用

 シキミの実は昭和25年制定「毒物及び劇物取締法」、昭和40年政令第2号、第2条第1項第39号で劇物に指定されている。
 植物の実としては、唯一の指定だ。


《参考:シキミの実》

シキミの実撮影日不明


キブシ(木五倍子) 2020.03.18 -- 1

2020.03.18(21:35)

200313 環境支援センター キブシ2遠景

 撮 影 日:2020.03.13
 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

  キブシ(木五倍子)はキブシ科キブシ属の落葉低木。
 木に花序がぶら下がっている様子がなんともよい雰囲気だ。
 雌雄異株であり、近寄ってよく観察しないと、ひとつひとつの花が小さいので雌雄の区別がよくわからない。

200313 環境支援センター キブシ2


200313 環境支援センター キブシ2マクロ

 ずぼらな私は、写真をしっかり撮っておけば、撮った写真をあとで拡大すれば区別が付くだろうという、かなりいい加減な態度だった。
 結局、この記事では以上前半のキブシの木が雌株、以下、後半紹介する木が雄株と判明した。


200313 こども植物園 キブシ1

 撮 影 日:2020.03.13
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

200313 こども植物園 キブシ1マクロ




オオイヌノフグリ と ホトケノザ 2010.03.17 -- 1

2020.03.17(17:45)

20200313 こども植物園 オオイヌノフグリ2ブログ用

 撮 影 日:2020.03.13
 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 私にとって、オオイヌノフグリとホトケノザは、横浜の住宅街の路傍で春の訪れを告げてくれる花だ。
 オオイヌノフグリは庭に出てきてたくさん咲いているが、なぜかホトケノザは庭に侵入してこない。
 横浜市こども植物園でようやくホトケノザに出会った。
 オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)はオオバコ科クワガタソウ属。ホトケノザ(仏の座)はシソ科オドリコソウ属。

20200313 こども植物園 オオイヌノフグリブログ用


200313 こども植物園 ホトケノザブログ用


スノーフレーク 2020.03.26 -- 1

2020.03.16(21:35)

200313 こども植物園 スノーフレークブログ用

 撮 影 日:2020.03.13
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 スノーフレークとして知られているが、別名:スズランスイセン(鈴蘭水仙)というらしい。
 以前は根岸森林公園前で赤いチューリップとのコラボレーションが美しかったが、あのような偶然はめったにないだろう。オーストリア、ハンガリーなどが原産地だそうだ。
 スノードロップとは別種なので名称の混乱に注意。スノードロップは和名がマツユキソウで、スノーフレークの和名はオオマツユキソウ(大待雪草)だそうだ。
 ヒガンバナ科とされていたが、APGⅢでは ヒガンパナ亜科とするのだろうか。新体系がどんどん変わるので追いつけないでいる。


ヤマブキ(山吹) 2020.03.15 -- 1

2020.03.15(20:00)

200313 こども植物園 ヤマブキ1

 撮 影 日:2020.03.13
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 13日はよく晴れたが、10時30分頃から風が強くなり始めた。
 ちょうどよく垂れたヤマブキの花を見つけて喜んだが、揺れる、揺れる!!
 何やら背景がおかしいのは、風のせいかも知れない。

200313 こども植物園 ヤマブキ2

 どうもこのヤマブキの花の撮影は、毎年のことながら、苦手意識を抱いている。
 黄色系の花は好きなのに、写真としては扱いにくい。


ボケ 2020.03.14 -- 1

2020.03.14(20:05)

200220 根岸森林公園 ボケiPhoneブログ用

 撮 影 日:2020.02.20
 撮影場所:根岸森林公園
 撮影機器:iPhone11Pro

 本日の写真のボケ、同じ色でも上の写真のボケは八重咲き、2、3枚目の写真のボケは一重咲きだ。
 シベの様子も異なっている。

200313 環境支援センター ボケ1ブログ用

 撮 影 日:2020.03.13
 撮影場所:横浜市環境支援センター(横浜市こども植物園に隣接)
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM
 
 昨日は退院して初めて横浜市こども植物園まで自家用車で出かけた。
 撮影はいつもの一眼レフ。やはり iPhone11Pro とは画質が違う。

200313 環境支援センター ボケ2ブログ用

 花散策の楽しさ、写真に記録できるおもしろさ、を満喫した。


横浜市こども植物園

  1. アカシデ(赤四手)の虫こぶ 2020.04.02 -- 1(04/02)
  2. スモモ(李)の花 2020.04.01 -- 1(04/01)
  3. クロフネツツジ(黒船躑躅)「羽衣」 2020.03.25 -- 1(03/25)
  4. ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)の魅力 2020.03.23 -- 1(03/23)
  5. シキミ(樒)の花 2020.03.19 -- 1(03/19)
  6. キブシ(木五倍子) 2020.03.18 -- 1(03/18)
  7. オオイヌノフグリ と ホトケノザ 2010.03.17 -- 1(03/17)
  8. スノーフレーク 2020.03.26 -- 1(03/16)
  9. ヤマブキ(山吹) 2020.03.15 -- 1(03/15)
  10. ボケ 2020.03.14 -- 1(03/14)
次のページ