国立科学博物館附属・自然教育園の花々

2010.07.06(19:00)

【イヌヌマトラノオ】

イヌヌマトラノオ100619

 6月19日、国立科学博物館附属「自然教育園」(白金台駅下車徒歩4分)で撮影した花々を紹介いたします。
 こちらはブログ「心のふぉと」のモカさんから教えていただきました。ここでもう一度お礼を申し上げます。ありがとうございました。

 上の写真の花はイヌヌマトラノオというのだそうです。トラノオと名前の付く仲間は多いですね。この花の描く弧が、何とも言えぬよいかたちです。


トモエソウ

トモエソウ100619

 花はピークを過ぎていましたが、このかたちはまさしく巴草ですね。


【ホタルブクロ】


ホタルブクロ100619

 最近は栽培されていることも多いホタルブクロですが、こちらはいかにも野生の雰囲気を漂わせていました。


クサフジ

クサフジ100619

 クサフジを初めて見たのは昨年の仙石原でした。ここは都内でありながら、まるで森の中の湿地です。


タカトウダイ

タカトウダイ100619

 さすが名前がタカトウダイ、背が高いのです。この背の高い葉に、トウダイグサの仲間に特有の、例の工場部品のようなものがくっついております。


ノカンゾウ


ノカンゾウ100619

 ヤブカンゾウは日頃からよく見かけますが、こちらはノカンゾウ。八重ではありませんから、とてもすっきりとした印象があります。


 ------------------------

【いただいたコメントへの返信について】


 いまのところ、みなさんのブログを巡り歩くだけで精一杯です。
 いただいたコメントにひとつひとつ応えられませんが、うれしく拝見しています。いましばらく、ご容赦くださいませ。

白金台・自然教育園

  1. 国立科学博物館附属・自然教育園の花々(07/06)