FC2ブログ

ガンピセンノウ(岩菲仙翁)、マツモトセンノウ(松本仙翁)、フシグロセンノウ(節黒仙翁) 2018.07.11 -- 1

2018.07.11(21:25)

 ナデシコ科の中にセンノウ属というのがある。見た目はおおよそこの記事の写真のような花なので、特徴的で憶えやすい、と思う。
 かつて京都嵯峨にあった仙翁寺(せんのうじ)で栽培されていたから「センノウ」(仙翁)というのだそうだ。ただし、いまは小さい社が残るのみらしい。
 あるサイトに依れば、現在でも仙翁町では嵯峨仙翁花と呼ばれる花の栽培が続けられているが、それらはマツモトセンノウやフシグロセンノウだという。

 私がよく聞く名前は、ガンピセンノウ、マツモトセンノウ、フシグロセンノウだ。
 下に3種のセンノウを並べるが、札があるから名前がわかるのであって、私にはそもそも3種の区別の仕方はわからない。また。それぞれを詳しく書くと切りがないのでやめておく。


【ガンピセンノウ】(三渓園)

180613 三渓園 ガンピセンノウ群生1

 撮影場所:横浜市・三渓園
 撮影日:2018.06.13
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ガンピセンノウは横浜市三渓園で見られる。日本固有種ではなく、帰化、栽培種だそうだ。


180613 三渓園 ガンピセンノウ2


180613 三渓園 ガンピセンノウ3


【マツモトセンノウ】(小石川植物園)

180622 小石川植物園 マツモトセンノウ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.06.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 マツモトセンノウは日本固有種で絶滅危惧種(Ⅱ類)だそうだ。小石川植物園で栽培されていた。
 ヤサシイエンゲイによると、江戸時代にはたくさんの品種が作られたが明治に入るまでにそれらはすべて失われた、とのこと。


【フシグロセンノウ】(こども植物園)

180702 こども植物園 フシグロセンノウ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2018.07.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 フシグロセンノウは横浜市こども植物園で栽培されていたが、咲いていたのはたった一輪、しかも遠くてきちんと観察はできなかった。

 追記:この記事を書いたあと調べていたら、昨年8月に自然教育園で撮影したフシグロセンノウの写真をたくさん見つけた。サンプルが多くなれば、今回の3種のセンノウの見分け方が一歩前進するかも知れない。放置していた写真を見つけることが多過ぎるが、昨年から初めて見る花が多すぎて、消化できないでいる。

ハナショウブ(花菖蒲) 2018.06.18 -- 1

2018.06.18(20:25)

180603 三渓園 ハナショウブ1

 撮影場所:横浜市・三渓園
 撮影日:2018.06.13
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 及び EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 横浜市・三渓園の花菖蒲、6月13日の撮影です。
 今晩の記事は写真のみです。


180603 三渓園 ハナショウブ3


180603 三渓園 ハナショウブ4


180603 三渓園 ハナショウブ6


180603 三渓園 ハナショウブ2


180603 三渓園 ハナショウブ8


180603 三渓園 ハナショウブ7


180603 三渓園 ハナショウブ9

ハンゲショウ(半夏生) 2018.06.17 -- 1

2018.06.17(17:05)

180613 三渓園 ハンゲショウ1

 撮影場所:横浜市・三渓園
 撮影日:2018.06.13
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ふつうは、半化粧 ではなくて 半夏生 と書くのが一般的なようだ。
 咲く時期(夏至から数えて11日目)を重視するか、葉の見た目を重視するかによって、どちらの漢字を使うかが変わってくる。
 異常気象と温暖化の事情を考えて「6月13日ではまだ夏至になってもいない」などとは言わないでいただきたい。


180613 三渓園 ハンゲショウ2

 ドクダミ科ハンゲショウ属の多年生草本で、日本、中国、フィリピンに自生する野草だ。水辺や湿地を好み、三渓園ではハナショウブの栽培畑と木道を挟んだ半日陰に生育している。
 よく陽に当てたほうが葉の白い斑がきれいになるそうだ。


180613 三渓園 ハンゲショウ3

 私は白と緑のコントラストが織り成す絵画のような様子が好きで、毎年三渓園のハンゲショウを楽しみにしている。


180613 三渓園 ハンゲショウ4


180613 三渓園 ハンゲショウ5


180613 三渓園 ハンゲショウ6

5月24日の横浜・三渓園より 2018.05.25 -- 1

2018.05.25(16:35)

180524 三渓園の三重塔と花菖蒲

 撮影場所:横浜・三渓園
 撮影日:2018.05.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 本日はブログは休憩中です。

やったぜ ! 2018.02.09 -- 1

2018.02.09(18:55)

171212 本牧市民公園 キンクロハジロ雌か1

 撮影場所:本牧市民公園
 撮影日:2017.12.12
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM 以下同じ

 12月の写真だが、三渓園南門の手前、本牧市民公園の池でカモたちを見ていた。
 急に動きが激しくなり、先頭のカモを追いかけるやつもいるので「何事か」とカメラを向けた。
 先を行くカモが、何かを捕まえたらしい。
 こうしてよくよく見ると、ザリガニか何かだろうか。


171212 本牧市民公園 キンクロハジロ雌か2

 なんだか得意そうに見えるのは気のせいだろうか。
 キンクロハジロの雌かと思ったが、経験不足の私には自信がない。
 カモは水に潜ったばかりで頭が濡れているし、日光の照り返しが強く、撮影条件もよくない。
 カモの種類はみなさんの教えを請いたく、お願いいたします。

三渓園のミソハギ 2017.08.05 -- 1

2017.08.05(19:00)

170629 三渓園 ミソハギと池

 撮影場所:三渓園
 撮影日:2017.06.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 今晩もブログはお休みです。

本牧市民公園の シロツメクサ 2017.07.19 -- 1

2017.07.19(22:10)

170629 本牧市民公園 シロツメクサ

 撮影場所:本牧市民公園
 撮影日:2017.06.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F01

 本日は都合によりブログはお休みです。

ミズカンナ 2017.07.15 -- 1 

2017.07.15(21:10)

170629 三渓園 ミズカンナ

 撮影場所:三渓園
 撮影日:2017.06.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012

 三渓園の南門から入園する前、本牧市民公園と三渓園を隔てている池に生い茂っているミズカンナだ。


170629 三渓園 ミズカンナ2

 撮影場所:三渓園
 撮影日:2017.06.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 葉がカンナに似ているから「ミズカンナ」と名付けられたのだろう。北アメリカ原産だそうだ。
 ただし、カンナ科ではなくミズウコン科の植物だ。


170629 三渓園 ミズカンナ3

 花はカンナに似ていない。
 いつになったら花がきちんと開くのか、と待っていても、まあせいぜいこの程度しか開かない。3枚目の写真に見えるように、日が経つとそのまま実ができてきたりして、花と実の混在する様子が見られる。
 私は三渓園と小石川植物園でしか見たことがないが、三渓園のほうが植物の全体が整っていてきれいであり、しかも身近で観察できる。

エビヅル 2017.07.12 -- 1

2017.07.12(16:55)

170629 三渓園 エビヅル1

 撮影場所:三渓園
 撮影日:2017.06.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 6月29日の三渓園。
 6月下旬頃から、注意深く蔓草を見るようにしてきただが、その初めての成果が「エビヅル」だった。
 ブドウ科ブドウ属でつる性の落葉木本、雌雄異株だという。


170629 三渓園 エビヅル2

 花期は6〜8月で、その雄花の咲き始めを見つけたようだ。
 以前からYAKUMAさんのブログ「自然大好き《道端観察記》」によく登場するので、私はなんとかして自分で花が咲いているところを見つけたい、と思っていた。
 実がなっているところを一度、つぼみを一度だけ見つけたことがあるが、雄花が咲いている様子は初めてである。


170629 三渓園 エビヅル3

 雌株を見つけて雌花を観察してみたいが、真夏に外を歩くのはつらい。

三渓園・旧矢箆原家住宅の七夕飾り 2017.07.06 -- 1

2017.07.06(18:20)

170629 三渓園 旧矢箆原家住宅の七夕飾り

 撮影場所:三渓園
 撮影日:2017.06.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012

 三渓園・旧矢箆原家住宅の七夕飾りです。
 茅葺屋根の合掌造の民家。白川郷より寄贈されることになり、、1960年(昭和35年)に移築されたもの。


170629 三渓園 旧矢箆原家住宅の七夕飾り2

 撮影場所:三渓園
 撮影日:2017.06.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ


170629 三渓園 旧矢箆原家住宅の七夕飾り3

 大半のみなさんは明日7月7日にこのブログにいらっしゃるので、こういうのもたまにはよいかな、と思いました。

三渓園

  1. ガンピセンノウ(岩菲仙翁)、マツモトセンノウ(松本仙翁)、フシグロセンノウ(節黒仙翁) 2018.07.11 -- 1(07/11)
  2. ハナショウブ(花菖蒲) 2018.06.18 -- 1(06/18)
  3. ハンゲショウ(半夏生) 2018.06.17 -- 1(06/17)
  4. 5月24日の横浜・三渓園より 2018.05.25 -- 1(05/25)
  5. やったぜ ! 2018.02.09 -- 1(02/09)
  6. 三渓園のミソハギ 2017.08.05 -- 1(08/05)
  7. 本牧市民公園の シロツメクサ 2017.07.19 -- 1(07/19)
  8. ミズカンナ 2017.07.15 -- 1 (07/15)
  9. エビヅル 2017.07.12 -- 1(07/12)
  10. 三渓園・旧矢箆原家住宅の七夕飾り 2017.07.06 -- 1(07/06)
次のページ