FC2ブログ

オニシバリ(鬼縛り) 2020.07.05 -- 1

2020.07.05(17:30)

20200617 舞岡公園 オニシバリの実1ブログ用

 撮 影 日:2020.06.17
 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 オニシバリ(鬼縛り)はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑小低木だ。
 わが家には昔ジンチョウゲの大きな株があり、毎年春になると楽しめたのだが、ある年、急に枯れてしまった。
 ジンチョウゲが庭にあったから、その仲間と聞けば当然興味がある。
 しかし、花も実も見たことがないまま10年以上が経過してきた。

 オニシバリは雌雄異株。花期は2-4月、花は淡黄緑色で形はジンチョウゲに似ていることは知っているが、ずっと見たことがない。
 上の写真の実を6月17日に撮影したときも、まさかこれがオニシバリの実だとは思ってもみなかった。
 またまたYAKUMAさんのブログ「自然大好き《道端観察日記》」に写真が載り、「これだ!」と喜んだ。

20200617 舞岡公園 オニシバリの実2ブログ用

 実と一緒に写っている葉の形状と葉の付き方に特徴があるので、オニシバリに間違いはないだろう。
 この果実はかなり辛いそうである。東邦大学の薬用植物園のサイトには「誤食すると嘔吐、下痢、胃の灼熱感の症状が現れ、大量で昏迷、呼吸困難の症状が出ます」と書かれている。
 オニシバリとはすごい名前だが、強靭な樹皮で作る縄は鬼さえも縛ることができるとして「鬼縛り」と名付けられた。夏に落葉するので別名「夏坊主」というそうだ。

20200617 舞岡公園 オニシバリ3 葉の様子ブログ用

 初春に同じところを捜して、雌花を撮ることができればよい、と願っている。
 今年は年の初めからいろいろな事件(良いことも悪いことも)が続き、世の中何が起きるかわからない、という心境になっている。何かある都度「また来年の宿題」と書いているが、希望であって決意表明ではないことにしておこう。


オトギリソウ(弟切草) 2020.07.04 -- 1

2020.07.04(18:00)

20200617 舞岡公園 オトギリソウ1

 撮 影 日:2020.06.17
 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 植物のひとつひとつについて、私はきちんとよく調べるほうではあるが、悪い癖が2つある。
 1. 庭や近所にあって、あまりにも見慣れていると、知っているような気持ちになってしまい、詳しく調べない。
 2. 「写真がきれいに撮れて、ではブログに載せよう」という気になるときちんと調べるが、記事にするつもりがないと、しっかりと調べない。

 さて、今回のオトギリソウだが、名前の由来とかいろいろな本に書いてあるから一通りは読んでいる。
 しかし、これまでいつもすれ違いで、この花の写真をしっかりと撮れたことがない。
 今回、6月17日の舞岡公園で撮影して、こんどこそブログに載せようと思った。
 だが、どうも自分の写真がきれいに見えないのだ。

20200617 舞岡公園 オトギリソウ2

 一通り勉強したのがずいぶん前のことで、肝心のことをすっかり忘れていた。
 花弁や萼、葉の表面などにヒペリシンという光作用物質が黒っぽい斑点を作る、という特徴があり、しっかり撮れていればその斑点が写るから、きれいな花には見えないのだった。
 たとえば花弁には汚い手でこすったような点や線が見えたり、つぼみを保護する萼の表面にも黒い点や線が出てくる。
 きれいに撮れていなければ、それは正確に撮れている、ということなのだった。

 新型コロナウイルスの感染を恐れて、身近で簡単に行けるところでしか花を楽しんでいない。
 だから、「めずらしい、きれいな花が撮れたよ」だけでなくて、「いままで一度もブログに載せたことがない。そういう植物の写真を載せよう」ということで頑張っている。
 きょうはようやく「オトギリソウ」(弟切草)を初めて記事にできることになった。

20200617 舞岡公園 オトギリソウアップ1

 オトギリソウ科オトギリソウ属。属名はラテン語でヒペリカムであり、よく知られているキンシバイ、ビヨウヤナギ、ヒペリカム・ヒドコート、トモエソウなどはどれもオトギリソウ属で、園芸種の世界では総称ヒペリカムである。ヒペリカムの名前でいろいろな園芸種が販売されている。
 なお、「オトギリソウ」という名前の由来となった伝説などはよく知られているので、この記事では省略する。


オオチドメ(大血止) 2020.07.02 -- 1

2020.07.02(18:00)

20200617 舞岡公園 オオチドメのある草むら2ブログ用

 撮 影 日:2020.06.17
 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 6月17日の舞岡公園の谷戸の畦道、水路横で撮影した写真だ。
 もしかして、これがチドメグサ属のチドメグサの仲間、「オオチドメ」ではないか、と思っているのだがどうだろうか。
 オオチドメではないか、というのは、葉よりも花が上のほうへ突き出ていたからに過ぎないのだが。
 そもそもチドメグサでさえ、私はよく知らない。楽 さんのブログで興味を持って探していて、舞岡公園でたまたま座り込んで草むらを見ていたら、薄くらい草陰に見つけたのだ。

20200617 舞岡公園 オオチドメグサブログ用

 葉がちょぼちょぼとしかなくて、こんなに小さいこの植物はいったい何だろう? と思った。
 チドメグサの葉というのはもう少し大きくてたくさん繁っているものだ、と思っていたから、いまだに違和感を抱いているが、トリミングなどしてなんとか見えるようにした花は、オオチドメの花に見える。

20200617 舞岡公園 オオチドメグサ2ブログ用

 果実ができているように見える、のもある。
 あとはただ、葉が下のほうにあって、花は上方へ突き出ているから、という理由だ。

20200617 舞岡公園 オオチドメの葉ブログ用

 先日からいろいろと「初めて体験」をしているので、草むらでは一度座り込んで、周囲を見まわしてみる習慣が付いてきた。コロナウイルスが怖くて、めずらしい花を捜しに電車やバスに乗って遠くへ行けない反動もあるのだが…。
 参考にしたのは山渓ハンディ図鑑1「野に咲く花」だ。
 今回も、もし間違っていたらご指導くださいませ。


ヒメコウゾ(姫楮)の果実 2020.07.01 -- 1

2020.07.01(18:00)

20200617 舞岡公園 ヒメコウゾ1ブログ用

 撮 影 日:2020.06.17
 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 6月17日の舞岡公園で、頭の上に枝があり、実がなっていた。
 何だろう? モミジイチゴかな、と思いつつ、とりあえず写真は撮っておいた。
 以来、ずっと迷っていた。
 頭の上にあって、炎天下。逆光になっていて、写真を工夫してもなかなか細部が出てこないのだ。
 すると、お世話になっているYAKUMAさんの「自然大好き《道端観察記》」の6月30日の記事に、ヒメコウゾの実の写真が出てきた。もしかしてこれではないか? と思った。

20200617 舞岡公園 ヒメコウゾ2ブログ用

 自分の撮った写真を、葉も含めて注意深く見た。
 ヒメコウゾはクワ科コウゾ属、葉柄が1cm弱、鋸歯が短い、といろいろな解説サイトにある。逆光で見えにくいにせよ、奥に見える幼果の短毛、熟した果実の様子、そして葉の様子(葉脈と葉柄)、どうやら間違いないように思われる。
 (もしも間違えていたら、ご指導くださいませ)

20200617 舞岡公園 ヒメコウゾの枝ブログ用

 ヒメコウゾには雄花、雌花があるそうだが雌雄同株だという。
 なお、和紙の原料として使われているコウゾは、本種ヒメコウゾとカジノキの雑種だそうだ。
 ヒメコウゾは当ブログの初登場である。


イグサ(藺草) と ベニシジミ 2020.06.19 -- 1

2020.06.19(19:00)

【イグサ】(藺草)

20200617 舞岡公園 イグサ1ブログ用

 撮 影 日:2020.06.17
 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ひと目見て「おかしい」と思った。これがつぼみにしろ果実にしろ、草の先端に付くのがふつうで、途中に付くというのはおかしい、と。
 とりあえず撮影しておいて、帰宅してから調べた。
 どうせ「イグサ」の仲間だろう、と調べ始めたら、すのものずばりの「イグサ」だった。 

20200617 舞岡公園 イグサ2ブログ用

 稲垣栄洋氏著「雑草手帳」によると、「花は針状の葉の途中に付いているように見えるが、花から下の部分が茎で、花から植え李部分が葉である」とある。
 これはおそらく実のでき始めで、花もしくはつぼみではない、と思われるが、花であれば内花被3枚、外花被3枚からできていて、ユリと同じである、という。
 そうか、これが畳やござの材料として栽培されていたイグサ(藺草)なんだ、と名前しか知らなかった植物を初めて知った感動があった。

20200617 舞岡公園 イグサ3ブログ用

 湿地に生えるため、茎の内部はやわらかいスポンジ状だという。昔は芯の部分を取り出して、行灯の灯心に用いたという。だから別名は「灯明草」というのだそうだ。(参照元:「雑草手帳」稲垣栄洋氏・著)

 道端・荒れ地などで初めて目を留めて、ていねいに写真を撮り、帰宅してから図鑑などを調べる、という「初心に立ち返った野草の観察」を、ここのところ少しずつ続けている。
 新型コロナウイルスの騒ぎで遠方へ出掛けて行けなくなり、目を惹く美しい花々、写真映りのよい花々を求めて散策する、ということがしにくくなった。
 そのため仕方なく始めたことだが、おかげでブログ記事が同じ事の繰り返しにならなくなった。
 初めて憶えた植物の写真を記事にできるということは、私にとって植物の世界が広がるということに通じている。


《付録:ベニシジミ》

20200617 舞岡公園 ベニシジミ1ブログ用

 座り込んでイグサなど観察していたら、ヒメジョオンの花で吸蜜しているベニシジミが目に入った。
 よい機会だから、シャッターを切った。

20200617 舞岡公園 ベニシジミ2ブログ用

20200617 舞岡公園 ベニシジミ3ブログ用

20200617 舞岡公園 ベニシジミ4ブログ用


ガビチョウ と メシアンの「鳥のカタログ」 2019.09.22 -- 1

2019.09.22(10:30)

20170729 舞岡公園 ガビチョウ再録1

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 フランスのクラシック界の現代音楽作曲家にメシアン(1908-1992)という人がいた。
 「鳥のカタログ」といって、鳥たちの鳴き声を採譜し、ピアノで演奏できるように作曲した曲集を作った。
 ロシアのウゴルスキーが演奏したこの曲集をCDで入手し、それを聴いてみている。

 聴いていて、2018年8月に舞岡公園で出会ったガビチョウを思い出した。
 ガビチョウはさまざまな鳥の鳴き真似をする鳥だ。
 以前ブログに書いたこともあるが、ガビチョウが真似るウグイスは3倍速でけたたましい。
 写真のように、口を大きく開けて気持ちよさそうに歌っている得意絶頂のオペラ歌手のよう。それも男性テノール歌手のようだ。
 
 ウゴルスキーの演奏するメシアンの鳥のカタログはとてもすばらしくて、作曲家メシアンと演奏者ウゴルスキーが「どうだ、おれたち、上手だろう!?」と誇っているかのよう。
 ハイスピードの小鳥たちの鳴き声を、ピアノでよくここまで再現したものだ、と感心する。

 梅雨が長く、あまりに蒸し暑く、天候の悪い日が続いた後にアシナガバチに刺されるなどの不運が続き、引き続く真夏のあいだも、私は花散策にすっかり意欲がなくなってしまった。
 そんな引き籠もりのような生活を続けてきた中で、じつは数多くのクラシックを聴いてきた。
 ドビュッシー以降の近現代音楽を開拓し始めたら楽しくて、これまで聴いてこなかった作曲家の曲を数多く聴いた。私の関心はすっかりそちらのほうへ行ってしまい、9月になっても花散策はせいぜい横浜市こども植物園とご近所、自宅の庭だけである。

 このあとブログはどうなるのか。私にもわからない。


20170729 舞岡公園 ガビチョウ再録2

古民家の雛飾り 2019.03.03 -- 1

2019.03.03(20:00)

190214 舞岡公園 雛飾り2

 撮影場所:舞岡公園
 撮影日:2019.02.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 昨晩ブログに掲載するつもりで忘れていました。
 横浜市・舞岡公園古民家の雛飾りです。


190214 舞岡公園 雛飾り1

フクジュソウ(福寿草) 2019.02.26 -- 1

2019.02.26(14:25)

【小石川植物園】

190214 小石川植物園 フクジュソウ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.02.14
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 フクジュソウ(福寿草)は毎年各所で撮影をトライするのだが、その写真記事を書くのはいつもなんとなく憂鬱である。
 黄色ばかりの色彩で微妙なトーンを再現しないときれいに見えないのだが、満足のいくような写真はめったに撮れない。また、細部の再現にこだわると、花は輝くような美しさを失ってしまうから困る。
 真上から撮影した写真はおもしろくないし、かといってあまり低く構えると全体がきれいに見えない。
 モデルと光線がよいかどうかもあるけれど、技術的にもとても難しいと感じてしまう。

 さて、まず2月12日のこども植物園のフクジュソウは光線不足でよく撮れなかったから載せないことにした。
 2月14日と21日の小石川植物園、17日の舞岡公園のフクジュソウを掲載することにした。


190221 小石川植物園 フクジュソウ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.02.21
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


 ==========================================================

《陸奥福寿草》

190221 小石川植物園 ミチノクフクジュソウ

 この1枚のみ、ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草)だ。
 日本には、通常のフクジュソウのほかに キタミフクジュソウ、シコクフクジュソウ、そしてこの 「ミチノクフクジュソウ」の4種が分布している。
 ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草)は本州と九州に分布。環境省のレッドリストの準絶滅危惧種だ。ミチノク(陸奥)と名前が付いているが、実際は本州、九州に広く分布しているとのこと。

 ==========================================================


【舞岡公園】

190227 舞岡公園 フクジュソウ1

 撮影場所:舞岡公園
 撮影日:2019.02.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ


190227 舞岡公園 フクジュソウ2


190227 舞岡公園 フクジュソウ3


190227 舞岡公園 フクジュソウ4

梅遠景 2019.02.18 -- 1

2019.02.18(21:00)

190217 舞岡公園 梅遠景

 撮影場所:舞岡公園
 撮影日:2019.02.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 梅園の梅とかではなく、里山の外れ、田に面した崖に生えている満開の白梅を撮ってみた。

キツネノマゴ(狐の孫) 2018.09.20 -- 1

2018.09.20(20:35)

180917 舞岡公園 キツネノマゴ1

 撮影場所:横浜市戸塚区・舞岡公園
 撮影日:2018.09.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 キツネノマゴは、キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草だ。
 この属の草花は東アジア、東南アジアを中心に広く分布しているが、先島諸島などを除くと日本にはこの種だけだそうだ。
 全体の姿がイヌコウジュやナギナタコウジュと似ている感じがするので記事にすることにしたが、イヌコウジュやナギナタコウジュがシソ科であるのに対して、キツネノマゴはキツネノマゴ科であり、近縁関係はない。


180917 舞岡公園 キツネノマゴ2

 横浜・東京ではよく目にする植物で、そこら中に生えているが、名前は必ずしもよく知られているわけではない。
 なぜ「狐の孫」なのかよくわからないので、憶えにくいのではないか、と思う。名前の由来には諸説あり、よくわかっていないようだ。


180917 舞岡公園 キツネノマゴ3

 いつでも撮影できる植物だが、9月も中旬となったので、よく成長して大きくて、花穂に2つくらいは花を咲かせている株を捜していた。舞岡公園のこの辺りは野草を大切にしているのでむやみな草刈りが入らない。
 よい写真が撮れそうだと草むらにしゃがみ込んだ。


〈小石川植物園のキツネノマゴ〉

180819 小石川植物園 キツネノマゴアップ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.08.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 最後の写真は、8月19日に小石川植物園でアップの姿を撮影したもの。
 なお、キツネノマゴも腰痛、解熱、せき、喉の痛みなどに薬効ありとされてきたが、民間療法という程度でとどまっているようだ。

舞岡公園

  1. オニシバリ(鬼縛り) 2020.07.05 -- 1(07/05)
  2. オトギリソウ(弟切草) 2020.07.04 -- 1(07/04)
  3. オオチドメ(大血止) 2020.07.02 -- 1(07/02)
  4. ヒメコウゾ(姫楮)の果実 2020.07.01 -- 1(07/01)
  5. イグサ(藺草) と ベニシジミ 2020.06.19 -- 1(06/19)
  6. ガビチョウ と メシアンの「鳥のカタログ」 2019.09.22 -- 1(09/22)
  7. 古民家の雛飾り 2019.03.03 -- 1(03/03)
  8. フクジュソウ(福寿草) 2019.02.26 -- 1(02/26)
  9. 梅遠景 2019.02.18 -- 1(02/18)
  10. キツネノマゴ(狐の孫) 2018.09.20 -- 1(09/20)
次のページ