FC2ブログ

キツネノマゴ(狐の孫) 2018.09.20 -- 1

2018.09.20(20:35)

180917 舞岡公園 キツネノマゴ1

 撮影場所:横浜市戸塚区・舞岡公園
 撮影日:2018.09.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 キツネノマゴは、キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草だ。
 この属の草花は東アジア、東南アジアを中心に広く分布しているが、先島諸島などを除くと日本にはこの種だけだそうだ。
 全体の姿がイヌコウジュやナギナタコウジュと似ている感じがするので記事にすることにしたが、イヌコウジュやナギナタコウジュがシソ科であるのに対して、キツネノマゴはキツネノマゴ科であり、近縁関係はない。


180917 舞岡公園 キツネノマゴ2

 横浜・東京ではよく目にする植物で、そこら中に生えているが、名前は必ずしもよく知られているわけではない。
 なぜ「狐の孫」なのかよくわからないので、憶えにくいのではないか、と思う。名前の由来には諸説あり、よくわかっていないようだ。


180917 舞岡公園 キツネノマゴ3

 いつでも撮影できる植物だが、9月も中旬となったので、よく成長して大きくて、花穂に2つくらいは花を咲かせている株を捜していた。舞岡公園のこの辺りは野草を大切にしているのでむやみな草刈りが入らない。
 よい写真が撮れそうだと草むらにしゃがみ込んだ。


〈小石川植物園のキツネノマゴ〉

180819 小石川植物園 キツネノマゴアップ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.08.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 最後の写真は、8月19日に小石川植物園でアップの姿を撮影したもの。
 なお、キツネノマゴも腰痛、解熱、せき、喉の痛みなどに薬効ありとされてきたが、民間療法という程度でとどまっているようだ。

ナギナタコウジュ(薙刀香薷) 2018.09.19 -- 1

2018.09.19(21:00)

161031 舞岡公園 ナギナタコウジュ1

 撮影場所:横浜市戸塚区・舞岡公園
 撮影日:2016.10.31
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 写真は2016年10月31日に舞岡公園で撮影したナギナタコウジュだ。
 花はピークを過ぎていたし、株全体に汚れが目立ったので、このときは記事にしなかった。
 シソ科ナギナタコウジュ属。

 昨日の記事に書いたが、ナギナタコウジュを中国では「香薷」と呼んで薬用植物として利用した。
 「薬草カラー図鑑1」によると、生薬「香薷」は花が盛りの頃に地上部全体を採取し陰干しにする。香気を放つ精油を含み発汗解熱作用があるので、陰干しにした全草を煎じて服用するそうだ。
 昨日のイヌコウジュとは、薬効が違うということらしい。


161031 舞岡公園 ナギナタコウジュ2

 イヌコウジュの写真と比較してみると、全体に似た雰囲気があるとはいえ、花そのものの形態もかなり違っているようだ。
 ナギナタコウジュは2年前は記事にしなかったが、今年イヌコウジュを見つけたことで2年前の写真が日の目を見ることになった。
なお、今回「香需」の「需」の字を「薷」と訂正する。ネットでは両方が使われているようだが、伝統に従うべきだろう、と判断した。


《参考:咲き出した庭のシソ》

180919 自宅庭 咲き出したシソの花

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2018.09.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 同じシソ科なので、昨日のイヌコウジュ、本日のナギナタコウジュの参考にと思い、撮影した。

イヌコウジュ(犬香需) 2018.09.18 -- 1

2018.09.18(21:15)

180917 舞岡公園 イヌコウジュ1

 撮影場所:横浜市戸塚区・舞岡公園
 撮影日:2018.09.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 シソ科イヌコウジュ属の一年草。
 舞岡公園を散策中、たまたましゃがみ込んだところにあったので気がつきました。
 ナギナタコウジュ、ヒメシソなど似た花も多いですが、そんなこともあろうかと、
 きちんと葉を確認していたので、間違いない思います。


180917 舞岡公園 イヌコウジュ2

 「香需」は生薬名になっているそうです。
 「薬草カラー図鑑3」によると、ナギナタコウジュを中国では香需と呼び、花が多く美しいが、それと比べて見劣りがするから「イヌ」と頭に付けた、とのこと。
 イヌコウジュが写真のように開花しているときに全草を採取し陰干しにして、薬湯料として乾燥したものを袋に入れて風呂に入れておく。それが腰痛に効く、という使い方がされたようです。


180917 舞岡公園 イヌコウジュ3


180917 舞岡公園 イヌコウジュ4

舞岡公園のハス 2017.08.17 --1

2017.08.17(18:35)

170729 舞岡公園 ハス

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 本日はブログはお休みといたします。
 なお、この記事の前に「キアゲハの幼虫 と ウイキョウ(フェンネル)の花」の記事があります。


170729 舞岡公園 ハス2


170729 舞岡公園 ハス3

 今年は三渓園のハスを撮りにいきませんでしたので、ハスの写真はこれだけです。
 

ジャコウアゲハの幼虫 と ウマノスズクサ

2017.08.15(17:25)

170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ウマノスズクサの花の記事を、当ブログでは7月10日に掲載しました。
 舞岡公園のウマノスズクサの写真は、7月7日に撮影したものでした。
 そのウマノスズクサの様子を、7月29日に舞岡公園へ行ったとき、様子を見てきました。
 なんと、ジャコウアゲハの幼虫がたくさん、大きく育っていました。


170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫2

 ウマノスズクサはジャコウアゲハの幼虫の食草としてよく知られていますが、ジャコウアゲハはこのようにちゃんとウマノスズクサを見つけて、産卵に来ていることがわかります。
 ジャコウアゲハとはどんなチョウなのか?
 当ブログがお世話になっている「自然大好き《道端観察記》」の8月13日付の写真記事「念願の黒いチョウ…」へのリンクを設けましたので、太字アンダーラインをクリックしてご覧下さい。


170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫3

 大切なことをひとつ。ウマノスズクサは有毒です。
 毒性のあるアリストロキア酸を含んでいます。アリストロキア酸は、腎障害を引き起こすほか、人には発がん性もあるそうです。
 Wikipedia によりますと、「ジャコウアゲハは幼虫時代にウマノスズクサの葉を食べることによって、体内に毒を蓄積」します。「この毒は一生を通して体内に残るため、ジャコウアゲハを食べた捕食者は中毒をおこし、遂には捕食したものを殆ど吐き出してしまう。一度ジャコウアゲハを捕食して中毒を経験した捕食者は、ジャコウアゲハを捕食しなくなる」そうです。


170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫4

 ついでにもうひとつおもしろい情報を!
 「ベーツ型擬態」という言葉があります。
 上のジャコウアゲハの例で、ジャコウアゲハを食べた捕食者はジャコウアゲハを食べようとはしなくなるわけですが、それでは、ほかのチョウがジャコウアゲハを真似れば、食べられる可能性が減少しそうです。
 「ジャコウアゲハ類に擬態して身を守る」戦略です。こういう擬態の方法を「ベーツ型擬態」というそうです。
 日本では、クロアゲハ、オナガアゲハ、アゲハモドキの姿が、ジャコウアゲハに似せたベーツ型擬態であるとされているそうです。


170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫5

 (注)色が濃くて、太いほうが幼虫の頭です。⇒ジャコウアゲハの幼虫 と ウマノスズクサの続きを読む

エゾイヌゴマ 2017.08.14 -- 1

2017.08.14(17:10)

170729 舞岡ふるさとの森 イヌゴマ

 撮影場所:横浜市・舞岡ふるさとの森
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 エゾイヌゴマ(蝦夷犬胡麻)だろうか。
 イヌゴマかと思ったが、このように茎や葉、萼に毛が多いものはエゾイヌゴマだ、とする比較写真をネットで見つけたので、一応「エゾイヌゴマ」ということにしようと思う。
 シソ科イヌゴマ属の多年草だ。

 ここは舞岡公園に至る里山の小道で「舞岡ふるさとの森」といわれる辺り。山裾の畑道から登ろうとするところで、エゾイヌゴマの下にはアマガエルがいた。


170729 舞岡ふるさとの森 アマガエル

 目を上げると、2m ほど先は休耕地で、下のような花々が植えられている。


170729 舞岡ふるさとの森 小道脇の花1


170729 舞岡ふるさとの森 小道脇の花2


170729 舞岡公園 アマチャヅル

 草むらを前にしゃがみ込んで周りを見回し、いい加減に撮った写真は、どうやらアマチャヅルの雄花らしい。
 後からわかったことで、最初からそうわかっていたら、もう少し慎重に写真を撮っていただろう。

 下の写真も、根岸森林公園で一度は見たことがある「エノキグサ」じゃないかなあ、と思いつつ、後で調べてみようと、その場では乱暴な撮り方をした写真。やはりエノキグサだった。


170729 舞岡公園 エノキグサ全体

 フォーカスが甘い。しかしこれ以上しっかり撮れている写真はない。
 少しでも気になった植物は、やはりていねいにきちんと撮っておくべきだ、と反省している。

舞岡公園のガビチョウ 2017.08.13 -- 1

2017.08.13(17:35)

170729 舞岡公園 ガビチョウ正面100mm

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 たまにみなさんのブログに登場するので名前は知っていた。
 You Tube で鳴き声を聞いたこともあった。
 だから、いきなり数メートル先で鳴き始めたときは、「ガビチョウに違いない」と思って撮影を始めた。


170729 舞岡公園 ガビチョウ斜め横100mm

 舞岡公園にはウグイスがいていつも美しく鳴いているが、ガビチョウが真似るウグイスは3倍速で、下手くそで、けたたましい。
 姿を見つければ、口を大きく開けて気持ちよさそうに歌っている。得意絶頂のオペラ歌手、それも男性テノール歌手のようだ。


170729 舞岡公園 ガビチョウ斜め横望遠

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 調べてみても「ガビチョウはこれこれのような鳴き声だ」と書いてあるものはない。
 「ほかの鳥の鳴き声を真似つつ、複雑に鳴く」と書かれている程度。舞岡公園のガビチョウはウグイスの真似が目立つが、ウグイスはこんなにけたたましく、押しつけがましくは鳴かない。そして、ウグイスに加えてなんだかいろいろと混じる。


170729 舞岡公園 ガビチョウ斜め2横望遠


170729 舞岡公園 ガビチョウ正面2望遠

 カメラを向ければ、こちらを向いて口を大きく開けて胸を張る。
 得意になって歌うので、私はレンズを 100mm Macroから望遠ズームに取り替える余裕があった。
 すごい鳥がいるもんだ、とただただ呆れて聞きながら、シャッターを押した。

 こういう場面に遭遇するなら、私もすぐに動画に切り換えられるよう、操作を覚え練習しておかねばならないな、と思う。今回に関して言えば、さまざまな木の枝や葉が邪魔をするから、動画は難しかったかも知れない。

 伊勢・熊野方面の自動車旅行から帰宅し、その後停滞していたミニ台風も千葉方面へ去った。スキップも調子に乗って吠えたりしなくなり、わが家はいま灯が消えたように静かである。
 今晩は久しぶりにブログ写真の枚数も増やした。

オニドコロの雄花 2017.08.12 -- 1

2017.08.12(21:30)

170729 舞岡公園 オニドコロの雄花

 撮影場所:舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 本日はブログはお休みです。

アマガエル 2017.07.29 -- 1

2017.07.29(21:10)

170729 舞岡ふるさとの森 アマガエル

 撮影場所:舞岡ふるさとの森
 撮影日:2017.07.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 本日も都合によりブログはお休みです。
 写真1枚くらいはなんとか掲載いたします。

ジャコウアゲハの幼虫 と ウマノスズクサ 2017.07.10 -- 1

2017.07.10(17:50)

【ジャコウアゲハの幼虫とウマノスズクサ】(7月8日)

170708 小石川植物園 ジャコウアゲハの幼虫

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.07.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 7月8日の小石川植物園、アゲハの幼虫らしき姿を認め、パチリと1枚シャッターを切っておいた。
 自宅でネット検索してみると、これはジャコウアゲハの幼虫ではないか。しかも同時に撮影した札を見ると、ウマノスズクサとなっている。なるほど、きちんと食草を選んで卵を産み付けているのだな、と感心した。
 ただ、このときは花らしきものは見えなかった。


【小石川植物園のウマノスズクサの仲間】(4月23日)

170423 小石川植物園 ウマノスズクサの仲間

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.04.23
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 じつは、ウマノスズクサ(の仲間)は4月23日にすでに撮影してあった。
 上の写真のジャコウアゲハの幼虫がいた薬園保存園ではなく、分類標本園のほうに、蔓を巻き付けやすくした円柱形の柵が6個も立てられていて、大きな葉と、大きな花が目立っていた。
 しかし、みなさんのブログからは、まったくウマノスズクサが咲いたという声が聞こえてこない。
 なんだか変だ、と思って記事にするのを控えていたのである。

 そもそも立て札が混乱していて、「アリマウマノスズクサ」と「オオバウマノスズクサ」は日本原産らしいが、東アジア原産で和名がなく学名だけのものもあり、どの札がどれを示しているのか、札の位置も不明瞭なのである。
 とりあえず、順不同で4月23日に撮影した写真を並べておく。


170423 小石川植物園 ウマノスズクサの仲間2


170423 小石川植物園 ウマノスズクサの仲間3


170423 小石川植物園 ウマノスズクサの仲間6


【舞岡公園のウマノスズクサ】(7月7日撮影)

170707 舞岡公園 ウマノスズクサ1

 撮影場所:舞岡公園
 撮影日:2017.07.07
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 一方、この頃(4月下旬)にトップの写真の幼虫を撮った薬園保存園のウマノスズクサは生育が悪く、もう花なんか咲かないのではないか、と思っていた。
 7月7日、舞岡公園で撮影したウマノスズクサは、花のピークを少し過ぎていたが、これが一般に知られているウマノスズクサではないか、と思われた。 
 Wikipedia には「花は7〜9月に咲く」とあったし、ウマノスズクサとして図鑑に出ている写真はこちらのウマノスズクサだ。


170707 舞岡公園 ウマノスズクサ2

 「里山のつる性植物」(谷川栄子・著) によると、和名は、「ぶら下がる果実を馬の首に付ける鈴にたとえた名」だそうだ。最近出たヤマケイ文庫の「野草の名前(夏)」という本では、「馬の首に付ける鈴」の図と「果実」の絵とが並べてあって、理解しやすいようになっている。


170707 舞岡公園 ウマノスズクサ3

 また、この奇妙な花の形だが、これはトラップになっているらしい。
 匂いで小型のハエを誘い、花筒の奥の部屋へと誘導するのだそうだが、花筒の内側には逆毛があって、ハエは簡単には後戻りができなくなっているらしい。しかし、食虫植物というわけではなく、確実に受精するための仕組み、ということのようだ。ここではその仕組みには深入りしないでおく。


170707 舞岡公園 ウマノスズクサ4

 なお、ウマノスズクサの果実は昔は生薬「馬兜鈴(ばとうれい)」(去痰薬)として重宝された、という。
 小石川植物園で撮影したウマノスズクサのどれかはおそらくオオバウマノスズクサで、そちらは根が生薬「朱砂蓮」として、中国で腫れ物治療などに用いられたという。

 結果的に後からわかったことだが、4月に撮影した小石川植物園の花は、どれも舞岡公園の3倍近いサイズがあった。
 葉も大きく、すべてビッグ・サイズだから、ふつうのウマノスズクサを一度体験してしまえば、間違えることはないだろう。

 (注)この記事の前には「ハエドクソウ」の写真記事があります。

舞岡公園

  1. キツネノマゴ(狐の孫) 2018.09.20 -- 1(09/20)
  2. ナギナタコウジュ(薙刀香薷) 2018.09.19 -- 1(09/19)
  3. イヌコウジュ(犬香需) 2018.09.18 -- 1(09/18)
  4. 舞岡公園のハス 2017.08.17 --1(08/17)
  5. ジャコウアゲハの幼虫 と ウマノスズクサ(08/15)
  6. エゾイヌゴマ 2017.08.14 -- 1(08/14)
  7. 舞岡公園のガビチョウ 2017.08.13 -- 1(08/13)
  8. オニドコロの雄花 2017.08.12 -- 1(08/12)
  9. アマガエル 2017.07.29 -- 1(07/29)
  10. ジャコウアゲハの幼虫 と ウマノスズクサ 2017.07.10 -- 1(07/10)
次のページ