アジサイ 〜 ヤマアジサイ系の園芸種 2017.07.22 -- 1

2017.06.22(18:00)

【普賢の華(フゲンノハナ)】(5月30日)

170530 こども植物園 普賢の華

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.05.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 撮影日は6月17日のものあり

植物学の考え方にあまり片寄らず、園芸種としての見方からアジサイを分類すると、
一般に、お寺や各家庭で楽しむために植えられているアジサイは、大まかに下のように分けられます。

1. ガクアジサイ系の園芸種
2. セイヨウアジサイ系の園芸種
3. ヤマアジサイ系の園芸種
4. タマアジサイ系の園芸種
5. コアジサイ系の園芸種
6. カシワバアジサイ系の園芸種

ここでは各系統の原種について深入りするとたいへんですので、とりあえず上のように分けておくことにして、
さて、きょうのテーマは「ヤマアジサイ系の園芸種」です。
横浜市こども植物園ではヤマアジサイ系の園芸種を多数揃えて栽培しています。


【紅(クレナイ)】

(5月30日)

170530 こども植物園 クレナイ


(6月17日)

170617 こども植物園 クレナイ

写真を見ていただければ一目瞭然ですが、いずれも小型の品種でかわいい。葉も花も小さめで、ガクアジサイとはそこが大きく異なります。葉に光沢はあまりなく、楚々とした雰囲気です。
「どうだ、おれはきれいだろう?!」という押しつけがましさがありません。鉢植えにも向くように思います。

早めの5月30日に撮影した写真と、6月17日に撮影した写真があります。
早咲き、遅咲きのという区別のほか、品種によっては、咲き進むと装飾花の色が変化していることがわかります。


【乙姫(オトヒメ)】

(5月30日)

170530 こども植物園 乙姫


(6月17日)

170617 こども植物園 乙姫


【伊予の薄墨(イヨノウスズミ)】(5月30日)

170530 こども植物園 伊予の薄墨


【伊予の盃(イヨノサカズキ)】(5月30日)

170530 こども植物園 伊予の盃


【伊予の十字星(イヨノジュウジセイ)】(5月30日)

170530 こども植物園 伊予の十字星


【深山黒姫(ミヤマクロヒメ)】

(5月30日)

170530 こども植物園 深山黒姫


(6月17日)

170617 こども植物園 深山黒姫


【大山小紫(ダイセンコムラサキ)】(5月30日)

170530 こども植物園 大山小紫


【胡蝶の舞(コチョウノマイ)】(6月17日)

170617 こども植物園 胡蝶の舞


【筒井童子(ツツイドウジ)】(6月17日)

170617 こども植物園 筒井童子

以上、近付いた写真なので大きく見えるかも知れませんが、ふつうのガクアジサイと比較すると、ひとまわり小さく、かわいい花ばかりです。

フェイジョア 2017.06.21 -- 1

2017.06.21(22:05)

170617 こども植物園 フェイジョア1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM 下の写真も同じ

 フトモモ科の熱帯果樹フェイジョアだ。
 昨年の6月頃、ブログ「飛び出せ、キッチン」の jugon さんに教えていただかなかったら、食材としてのフェイジョアに興味を持つことはなかっただろう。
 横浜市こども植物園の、通路から遠く離れたこの樹木の花に望遠レンズを向けてみることもしなかっただろう。


170617 こども植物園 フェイジョア2

 Wikipediaによれば、「花から果実まで楽しめる丈夫な常緑低木であるため、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、イスラエルなどで庭木や公園樹として人気が高い。ニュージーランドは最大の生産量を誇り、一般家庭でも多く消費され、ヨーグルトやアイスクリームなどに加工される他、乾燥させた果肉を使ったフェイジョアティーが広く飲用されている」そうだ。
 日本では80年代に注目されたことがあったが、ブームにはならなかった、らしい。


170617 こども植物園 フェイジョア3

 最近では、ブログ「風に吹かれて ころんの日記」のころん さんの6月15日の記事に登場しており、NHKの「みんなの趣味の園芸」にも記載があるようだ。
 難点は、オリーブなどと同様、遺伝的に異なる個体間で受粉しないと結実しない自家不和合性があることだ、という。生食にもあまり向かないらしい。


170617 こども植物園 フェイジョア4

 花はここに掲げた写真のように、かなり人目を惹く。写りがよくて、ブログに載せるにも適している。
 花弁が、内側が赤褐色、外側が真っ白なのがおもしろい。その花弁は「糖分を含んで甘みがあり、ハチドリのような小鳥類がこの花弁を摂食するときに花粉が運ばれる」(Wikipedia)のだそうだ。「日本ではヒヨドリなどが花弁を摂食する」という。


170617 こども植物園 フェイジョア5

本土寺から大谷口歴史公園、東漸寺へ

2017.06.20(21:10)

【本土寺】

170618 本土寺 アジサイと五重塔

 撮影場所:松戸市北小金駅付近
 撮影日:2017.06.18
 撮影機器:OLYMPUS E-M5 MarkII
 レンズ:OLYMPUS M.30mm F3.5 Macro 以下同じ

「本土寺から大谷口歴史公園、東漸寺へ」というのは、6月18日の San Poの会ウォーキングのキャッチ・フレーズだ。
 常磐線北小金駅に13時半に集合し、本土寺(松戸市)に向かった。
 たまたま17日の朝日新聞に「本土寺のアジサイ約3万本が見ごろを迎えた」との記事が掲載され、期待された。


170618 本土寺 セイヨウアジサイ2

 正直な感想を言えば、やや期待外れだった。アジサイには最近目が肥えてしまい、立派なアジサイを数多く見ている。3万本とか、アジサイの味わいはそもそも本数の多さから深くなるという性質のものではないだろう。ひょろひょろとした小さな花房のものが多い。どうも剪定の仕方があまりよくないのでは…、との印象を抱いた。


170618 本土寺 セイヨウアジサイ

 松戸市ではこれだけの数のアジサイを見られるところがほかにない、のかも知れないが、横浜に住んでいる私は、ほかに素晴らしいアジサイの見られるところを鎌倉も含めて数多く知っている。


170618 本土寺 ウズアジサイ

 上はウズアジサイ。これはなかなかよかった。


170618 本土寺 池とお堂

 感心させられたのは境内の広さで、歴史的な位置付けも高いことだ。本土寺は日蓮宗で、日朗を招いて開堂したのが始まりだという。仁王門、五重塔などお堂も立派だ。

 この後、廣徳寺、東漸寺にも立ち寄ったが、いずれも広大な境内に巨木が茂り、住民が支えてきた歴史を感じさせられる。また散策途中、古い住宅街を歩くと、広い敷地に庭木などよく手入れされた屋敷が多く、この地方の歴史文化の豊かさを感じた。


170618 本土寺 ハナショウブ

 San Poの会のウォーキングなので、写真はその場その場で歩きながらいい加減に撮影したもので、必ずしもここぞという見どころは撮影していない。本土寺ではほかのお客さんの写り込みも多く、ブログに載せるわけにはいかない写真ばかりとなってしまった。


【廣徳寺】

170818 廣徳寺 池とお堂

 廣徳寺というのは、この地方を治めていた高城氏(たかぎし)の菩提寺。曹洞宗の小金領内普及の中心となった寺だ。
 当寺は高城胤吉により開山され、小金城主歴代の墓がある。


170618 廣徳寺 高城氏歴代城主の墓

 写真は歴代城主の墓。

 高城氏は、下総国葛飾郡小金(現在の千葉県松戸市)を本拠とした国衆で、千葉氏に連なるということらしい。先に菩提寺の廣徳寺にきてしまったが、この後小金城趾の一部「大谷口歴史公園」で解説札などを読み、小金城の広大さに驚かされた。


【大谷口歴史公園】

170618 大谷口歴史公園

 小金城は東西800m、南北700m におよび、12もの郭を備えて、当時の下総国北西部においては最大規模を誇った城だそうだ。
 Wikipedia によると、秀吉の「小田原征伐において高城胤則は北条方の一員として小田原城の籠城に参加、その間に小金城は浅野長政によって包囲されて開城した。このため、胤則は所領を没収されて蒲生氏郷に預けられた。胤則の没後、未亡人の縁戚であった佐久間安政らの計らいで胤則の遺児胤重が江戸幕府の旗本に召しだされた」という。
 大谷口歴史公園は小金城趾ということだが、じつはこの公園部分は広大な小金城の北の端のほんの小さな一画の跡に過ぎない。
 崩れかけた堀の写真など掲載してもおもしろくないと思われるので省略させていただく。


【東漸寺】

170618 東漸寺 参道と山門

 東漸寺は、江戸初期に関東十八檀林(浄土宗の学問所)の1つとされた名刹だそうである。
 18日に訪れた中では最大の寺で、美しく整備され、樹木の多い広大な境内に圧倒された。 
 とくにカエデの樹林は見事なもので、秋にはすばらしい紅葉が楽しめそうだ。


170618 東漸寺 本堂

 東漸寺はこの日最後の訪問地。すでに雨も降り始めていて、時間をとれなかったが、心洗われる寺というのは、このような佇まいをいうのであろう。紅葉の頃などに訪れ、ゆっくりと過ごしたいお寺である。

ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙) 2017.06.19 -- 1

2017.06.19(21:15)

190617 こども植物園 ヒメヒオウギスイセン1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)はアヤメ科ヒオウギズイセン属の雑種。「ヒオウギズイセンとヒメトウショウブとの交配種」と Wikipediaには記載があります。園芸ではモントブレチアの名前がもっとも一般的なように思います。

わが家では数年前に西側の花壇に侵入。耐寒性に優れ、また繁殖力も旺盛。西側は高い擁壁があるので、西日が当たらず適度な日陰になるのが気に入ったようです。
地下茎で増えるらしくどんどん広がるので、かみさんが根を掘り出すなどかなり徹底的に排除したらしく、今年は出てきません。
写真は横浜市こども遊園地の入り口付近の崖で撮影しました。


190617 こども植物園 ヒメヒオウギスイセン2

ヒメヒオウギという別種があり、同じアヤメ科ですがフリージア属。本種と関係がなく見た目もまったく異なるので注意しましょう。
ヒメヒオウギは十数年前花壇に植えたのが逃げだし、いまだにコンクリートの裂け目などから顔を出しています。
今年も撮影したのですが、どこに保存したか、ハードディスクを捜しましたが見つかりません。


昨日は San Po の会で、千葉県松戸市北小金駅近くの本土寺ほかを歩きました。帰宅が遅くなったので、ブログの更新はお休みいたしました。

最近の記事

  1. アジサイ 〜 ヤマアジサイ系の園芸種 2017.07.22 -- 1(06/22)
  2. フェイジョア 2017.06.21 -- 1(06/21)
  3. 本土寺から大谷口歴史公園、東漸寺へ(06/20)
  4. ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙) 2017.06.19 -- 1(06/19)
次のページ