FC2ブログ

根岸森林公園のタイサンボク 2020.06,03 -- 1

2020.06.03(20:32)

20200603 根岸森林公園 タイサンボク1ブログ用

 本日の夕刻根岸森林公園の撮影だが、iPhone を使ったのには理由がある。
 昨日の午後から左肩が猛烈に痛くなり、今朝は3時半に目が覚めて眠れなかった。強い消炎鎮痛の貼り薬を僧帽筋付近、左肩の痛いところ、などに貼って、1日ほとんど横になっていたが、夕刻さすがに運動不足が気になり、歩きに出た。
 重い一眼レフなど持って歩いたら、少し楽になってきた痛みが元へ戻ってしまうのではないか、と不安だったのだ。

 思うに、今年は1月の孫3人の誕生から次々と何かしら事件が続き、日々の運動不足が重なってきた。
 「このままではダメだ」という意識が強くて、運動不足から弱っている体力を「なんとか取り戻そう」とついついやり過ぎてしまうのだ。「精神的な焦り」から、かえってどこか傷めて、空回りしているようだ。
 孫たちの誕生はよい事だったが、胃癌の手術、コロナ・ショック、スキップの病気と死去など、悪いことも続きすぎた。最近はどこか常に故障を抱えている。
 まずはリラックスして、「なるようにしかならぬ」と焦りを解消することから始めねばならないようだ。

ジューンベリー と ラズベリー は収穫のときを迎えています 2020.06.02 -- 1

2020.06.02(20:00)

20200528 自宅庭 ジューンベリーの実ブログ用

 上は5月28日の写真です。
 ここまで赤くなると、2、3日で黒ずんできます。黒ずんだら簡単にもげるようになります。
 31日にはかなりの数(小さめの籠一杯)を収穫しました。
 ただ、大半の実が脚立に乗っても届きません。

 下はラズベリーの実
 こちらはせいぜい20個以下だろうと思います。

20200531 自宅庭 ラズベリーの実ブログ用


 大収穫が予想されているのはブルーベリーです。
 そちらの写真はいずれまた…。

《追記》ラズベリーの収穫
 約18粒、濃い赤色になったのをかみさんが本日夕刻に収穫していました。
 いま食べてみました。
 わずかに苦みがありますが、美味いです。
 たくさん収穫できるようになるとよいですが、あまり広がっても困るかも…。


庭のセイヨウアジサイ 2020.06.01 -- 1

2020.06.01(19:30)

20200531 自宅庭 セイヨウアジサイ2ブログ用

 昨日撮影した庭のセイヨウアジサイです。かなり色付いてきています。

 咽頭炎の症状がややひどくなって、昨日は耳に少し痛みがあったりしました。
 本日は耳鼻咽喉科で薬を処方してもらってきました。
 細かな作業に集中力が続きませんので、本日はこの一枚だけで、事実上ブログはお休みです。
 丸1日、のんびりさせていただきます。


バラ「ウォラトン・オールドホール」 2020.05.31 -- 1

2020.05.31(19:30)

20200531 自宅庭 ウォラトンオールドホールブログ用

 撮 影 日:2020.05.31
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ウォラトン・オールドホールはデヴィッド・オースチン社が1911年に作出したイングリッシュ・ローズです。同社はこのバラの香りを「ミルラの香り」と表現し、さらに色を「開くにつれてコクのあるバターイエローから、徐々にやわらかなクリーム色へと変化」と表現しています。

 バラの名前の由来となっている「ウォラトン・オールドホール」とは、イングランド中西部のシュロップシャー州にある美しいプライベートガーデンで、16世紀の建物を囲むように、イングリッシュローズがたくさん植えられているそうです。
 同ガーデンのホームページ(英文)によると庭園は4エーカー(約4800坪)の広さがあり、通常は料金8ポンドで公開していますが、現在は新型コロナウイルスの流行のため、一時的に閉鎖中だそうです。

 昨日から「近日中にヤマアジサイの特集をやろう」と企画を立て、写真の整理をしています。
 昨日と本日のバラだけが一品種ずつの紹介で特別扱いになっていますが、単に写真の整理で忙しいからで、他にとくに意味はありません。


最近の記事

  1. 根岸森林公園のタイサンボク 2020.06,03 -- 1(06/03)
  2. ジューンベリー と ラズベリー は収穫のときを迎えています 2020.06.02 -- 1(06/02)
  3. 庭のセイヨウアジサイ 2020.06.01 -- 1(06/01)
  4. バラ「ウォラトン・オールドホール」 2020.05.31 -- 1(05/31)
次のページ