FC2ブログ

ミョウガ(茗荷) 2020.08.03 -- 1

2020.08.03(19:55)

20200729 自宅庭 ミヨウガの葉と茎ブログ用

 撮 影 日:2020.07.29
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 庭のアヤメの繁みの中から、突然もっと背丈の高い大きな葉が伸びてきている。
 「これはいったい何?」とかみさんに尋ねたら、ミョウガだという。
 「抜いていいから…」とどんどん抜き始めるのを見ていると、なんだかもったいない気もするが、アヤメの繁みの中でミョウガが生長するのは確かに困るので、仕方がない。もともと植えたわけではなく、勝手に生えてきているらしい。庭のいくつかの場所で、大きな目立つ葉が認められる。
 (上の写真は北東向き花壇のミョウガで、アヤメの繁みとはまた別の場所)

20200729 自宅庭 ミヨウガの花ブログ用

 ショウガ科ショウガ属の多年草。地下茎で増えるのだという。植えた憶えもないのに不思議なことだ。
 離れた場所にある北東向き花壇のミョウガは植えたものらしい。
 北向き花壇のミョウガはヤマユリ、シチダンカ、クリスマスローズなどとバッティングしているのだが、かみさんが抜いて見せてくれた。

20200729 自宅庭 ミヨウガの花2ブログ用

 「こんなふうに花を咲かせてはだめ!」なのだそうだ。開花前のつぼみを薬味などとして食するのだという。
 「もったいない」というと、「今年は手がまわらない」という。

20200729 自宅庭 ミヨウガの花3ブログ用

 まあ、無理もない。1月から次女の双子の出産、私の胃癌切除の入院、スキップの突然の病気と死が続き、そのあいだ双子は次第に世話が大変になってきている。庭は荒れ放題になっていて、手が空くときがあっても長雨で庭仕事ができない。

20200729 自宅庭 ミヨウガの花4ブログ用

 サッシの修繕、昨年の台風で傷んだ屋根の修繕、ヒノキの伐採と災害対応に依頼した職人さんたちの出入りも続いた。フランス人の若者がわが家に滞在した時期も2回あった。
 これらが新型コロナウイルス騒ぎの最中に起きているので、外来者を受け入れたり、自分の治療や孫たちの健診で病院へ通うのにも、とても神経を使うのである。

20200729 自宅庭 収穫したミョウガブログ用


自宅庭のハマユウ(浜木綿) 2020.07.26 -- 1

2020.07.26(20:00)

20200724 自宅庭 ハマユウ1ブログ用

 撮 影 日:2020.07.24
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 咲き始めて数日経過、「もう少し開いて全体のかたちが整ったら撮影しよう」と待つと、なぜか長雨や暴風の日が挟まって、花はズタズタ。なかなか撮影できなかったのが今年のハマユウでした。
 何本かはダメにしても、あとから新しい花茎が立ち上がってくるのがハマユウのよいところですが、今回花茎が立ち上がった場所は上にヤマボウシの木があって、全体の形が整うのはむずかしそうです。
 もう待つのはよそう、と決めて、中途半端ながら撮影したのがこの写真です。

20200724 自宅庭 ハマユウ 2ブログ用

 ハマユウはヒガンバナ科ハマオモト属の多年草。
 神奈川県三浦市出身の祖父が、現住居地に自宅を建てる際に持ち込んだもの、と思われます。


オニユリとキアゲハ 2020,07.25 -- 1

2020.07.25(20:30)

20200724 オニユリとキアゲハ1ブログ用

 撮 影 日:2020.07.24
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 庭がかなりひどい状態なので、できるだけ草むしりに励もうとしています。
 とはいえ、一生懸命やり過ぎると腰が痛くなるので、軽いストレッチで復活できるという、その手前でやめておかないといけません。せいぜい1時間が限度でしょうか。
 その草むしりの際中にいろいろと目につくので、いったん家へ入ってからカメラを持って出直してきて、こちらのような写真を撮っています。

20200724 オニユリとキアゲハ2ブログ用


20200724 オニユリとキアゲハ 3ブログ用

 オニユリはアゲハなどの蝶類には人気があるようでも繰り返し繰り返しやってきます。
 ふだん動く対象はあまり撮らないので、カメラの設定をとっさに連写に変えようとか、その辺がうまくいかず、止めて家へ入ってから操作法に気付いたりします。

20200724 オニユリとキアゲハ 4ブログ用

 あたふたしていても、これだけ撮影できたのは、キアゲハが何度も何度も繰り返し私の目の前にやってきてくれるからです。

20200724 オニユリとキアゲハ5ブログ用


自宅庭で咲いた風変わりなドクダミの花 2020.07.24 -- 1

2020.07.24(21:00)

20200724 自宅庭 ドクダミの花2ブログ用

 撮 影 日:2020.07.24
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 抜いても抜いても出てくるしつこいドクダミ。
 かみさんとふたりで草むしりの真っ最中、かみさんが「ちょっと見て!」と呼ぶので見たら、このドクダミの花がありました。
 「あとで撮影してから抜いてほしい」と頼んでそのままにしておいたのがこの写真のドクダミです。
 この花の葉は、すぐ近く(花の下)に見えている小さめの葉で、ほとんど生長しないまま(背丈が低い)花を付けたようでした。

20200724 自宅庭 ドクダミの花1ブログ用

 というわけで、本日の写真はこのドクダミの花。
 何が起きていると考えられるのか、その可能性でもよいので、どなたか、私の代わりに解説していただけるとありがたいです。
 小さな石が見えているのは近くにあるバラを囲ってある置き石です。

20200724 自宅庭 ドクダミの花3ブログ用


最近の記事

  1. ミョウガ(茗荷) 2020.08.03 -- 1(08/03)
  2. 自宅庭のハマユウ(浜木綿) 2020.07.26 -- 1(07/26)
  3. オニユリとキアゲハ 2020,07.25 -- 1(07/25)
  4. 自宅庭で咲いた風変わりなドクダミの花 2020.07.24 -- 1(07/24)
次のページ