イヌビワの黄葉 2016.12.09 -- 1

2016.12.09(18:00)

161207 近所 イヌビワの木

 撮影場所:自宅近所の崖
 撮影日:2016.12.07
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 近所のイヌビワの木です。
 数年前からこの黄葉が気になり、何の木なのか調べようと思い、ようやく葉の形から「イヌビワ」ではないか、と見当を付けましたが、確信がないし、実が見つからない。
 今年4月、横浜市こども植物園で札のある木を見つけ、実の付き方など憶えました。その後、近所の木の枝にも同様の実を見つけることができ、「やはりイヌビワだったか」と確信しました。


161207 近所 イヌビワの葉アップ

 撮影場所:自宅近所の崖
 撮影日:2016.12.07
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 見分け方、憶え方として、もっも確実なのは「葉の形」だと思います。
 この独特の形状は、いかにもありそうでいて、ほかに同じ形の葉を見たことがありません。


161207 近所 イヌビワの実

 撮影場所:自宅近所の崖
 撮影日:2016.12.07
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


 この実は以前(7月下旬) hirugao さんからのコメントに、「イヌビワというよりイヌイチジクのよう…」との感想をいただいたことがありますが、たしかにそんな感じがします。
 下に、横浜市こども植物園で4月に撮影した写真も掲載します。


《参考写真》横浜市こども植物園のイヌビワ(4月)

160425 こども植物園 イヌビワの実再

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.04.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 調べてみると、hirugao さんのこのコメントはじつに鋭いポイントを突いていたようです。
 イヌビワはクワ科イチジク属。
 イチジクと同様に、イヌビワは外から見ていても花を見ることはできないそうです。つぼみ状のものが少しずつ大きくなっていって、いわゆる開花することがないまま熟してしまう。
 花の場合は花嚢(かのう)といいい、実の場合は果嚢(かのう)という。素人にはどちらだか区別が付きません。
 そして雌雄異株なので、この実には雄果嚢(おかのう)と雌果嚢(めかのう)の区別があるらしい。
 熟した実を割った写真を見ると、内部はまさにイチジクのような様子です。甘くて食べられるそうです。


160425 横浜市こども植物園 イヌビワの枝

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.04.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 実の熟し方はイチジクと似ているようです。今年は横浜こども植物園とわが家の近所と、ときどき観察してきましたが、熟しているらしく色の紅黒い実と、まだ青い実と、いつも何かしら実が付いています。イチジク同様に、時間をかけてじわじわと熟していくのだと思われます。
 近所のイヌビワの実も、手が届くところで熟したらしいのが出てきたら、試しに味見してみようと思います。

初代のモダンローズ 〜 ラ・フランスが咲いています

2016.12.07(15:40)

161207 自宅庭 ラ・フランス

 撮影場所:自宅・ウッドデッキ
 撮影日:2016.12.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 さて、「四季咲きのバラ」と言っても、ヨーロッパで育種されたバラですから、日本でも四季ごとに咲かせるというのはなかなか難しい。
 暖か過ぎるわが家では、品種によっては初冬の今ごろになって勢いを増してきているバラもあります。
 写真は「ラ・フランス」。
 じつはこのバラこそ、「四季咲き大輪」を達成した「モダンローズ」の第1号として有名な品種です。

 1867年にフランスの育種家ジャン=バティスト・ギヨー・フィス が発表したバラで、このバラ誕生以前の品種が「オールド・ローズ」、以降のバラが「モダン・ローズ」と呼ばれるようになりました。
 バラ園にある札の記号「HT」は「ハイブリッド・ティーローズ」の略。何種類かのバラを原種として交配して創られた「四季咲き大輪」のハイブリッド・ティーローズ。「ラ・フランス」はその第1号でした。

 家庭でバラを育てることに一生懸命になり始めたガーデナーとしては、この有名なバラを一度は育ててみたい、と思うわけですが、実際にはなかなか大きな花を咲かせられない。やっと咲いたと思ったら写真のようにうなだれる。
 どうしてこれが初代のハイブリッド・ティーローズなの? と愚痴のひとつも言いたくなります。
 でも仕方がないのです。
 現代のハイブリッド・ティーローズはその後に経験を積んだ数多くの育種家が、丈夫で大きく美しい花を咲かせるように工夫・改良を重ねてきたもの。
 初代のラ・フランスはかぐわしい芳香を放ち、四季咲きで、比較的大輪ではありましたが、しかし、雨や病気にはやや弱く、茎は細過ぎて、花はどうしてもうなだれがちなのでした。
 植物園などで咲かせているのを見ても、現代の元気なバラたちと比較すれば、やはりちょっと弱々しく小さめ。
 写真の花はよく頑張って咲いてくれた、と思います。

九品仏浄真寺の紅葉(2) 2016.12.05

2016.12.05(21:50)

161130 浄真寺 お地蔵様1t

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012

 九品仏 浄真寺の紅葉 の2回目です。
 横浜は金曜日からからりと晴れて、私は三渓園などへ出掛けていくつもりでしたが、木曜日の夜から風邪をこじらせ熱が出て、4日間どこへも出掛けられず、なんとかこの記事の更新をするのがやっと、という有り様です。
 熱はほぼ下がりましたが、重いカメラとレンズを携えての外出は、明日も控えねばならないでしょう。


161130 浄真寺 黄色いカエデの枝2C100

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 そんな状況なので、今年の秋に美しい紅葉を楽しむのはこちら浄真寺が最後となると思われますが、もはや仕方がないと諦めはつきました。
 せっかくですから、写真の仕上げには念を入れて取り組みました。
 お楽しみください。


161130 浄真寺 阿弥陀堂3T

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012


161130 浄真寺 カエデ紅4C100

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


161130 浄真寺 カエデ紅52C100

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


161130 浄真寺 カエデ黄色6T

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012

 お気づきかと思いますが、その場の状況に合わせて、使用レンズを換えて撮影しています。
 それが一眼レフを遣って撮影する楽しみなのです。


161130 浄真寺 イチョウと本堂7T

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012


161130 浄真寺 カエデ紅影8C100

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


161130 浄真寺 カエデ黄9C100

 撮影場所:九品仏 浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 風邪を治しての完全復帰には、もう2、3日かかるかも知れません。

九品仏浄真寺の紅葉(1) 2016.12.01 -- 1

2016.12.01(20:00)

161130 浄真寺 山門と内庭1T

 撮影場所:東京都世田谷区・九品仏浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012

 東急大井町線で自由ヶ丘から溝の口方面へひとつ目の九品仏駅下車徒歩ゼロ分、浄真寺は浄土宗のお寺だ。
 三つの阿弥陀堂にそれぞれ三体、計九体の阿弥陀如来像がある。
 最初は阿弥陀様にランクがあるのか、と悩んだが、そうではなくて、人が亡くなったときに浄土からお迎えが来るのに、生前の功徳により浄土に迎え入れられるその仕方がランク付けされている、ということらしい。


 161130 浄真寺 赤いカエデと背景のイチョウ2C100

 撮影場所:東京都世田谷区・九品仏浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 浄真寺は都心や横浜に近いにもかかわらず、カエデの紅葉の質がよいので、私は毎年一度は紅葉を楽しみに行くことにしている。
 境内の紅葉を楽しむには、陽当たりがよいことが大切。陽の向きにより、午前中がベストの区画と午後のほうが楽しめる区画とがあり、できれば二度訪れたいお寺だ。


161130 浄真寺 カエデ順光とイチョウ色多種3C300

 撮影場所:東京都世田谷区・九品仏浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 昨日は陽が射したり翳ったりするので、カメラマンの私もその状況下であれこれ工夫せざるを得ず、逆にそれが楽しかったりもした。


161130 浄真寺 仏塔と散策路4C100

 撮影場所:東京都世田谷区・九品仏浄真寺
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ


161130 浄真寺 カエデ紅5C100


161130 浄真寺 カエデ薄黄6C100


161130 浄真寺 カエデ紅逆光7C100


161130 浄真寺 カエデ黄順光ボケ8C100

 浄真寺の紅葉は、またもう一度、別の写真でお楽しみいただきたい、と考えている。

最近の記事

  1. イヌビワの黄葉 2016.12.09 -- 1(12/09)
  2. 初代のモダンローズ 〜 ラ・フランスが咲いています(12/07)
  3. 九品仏浄真寺の紅葉(2) 2016.12.05(12/05)
  4. 九品仏浄真寺の紅葉(1) 2016.12.01 -- 1(12/01)
次のページ